乳歯

7歳で歯が抜けたのに1年経っても生えてこない!どうすればいい?

乳歯が抜けたのにいつまでも永久歯が生えてこないことがありますが、一体何が原因なのでしょうか。今回は8歳の男の子のママからの相談です。1年前に歯が抜けたまま未だに生えてこないと悩んでいます。専門家からはどんな回答が寄せられたでしょうか。

8歳児のママからの相談:「1年経っても生えてこない永久歯」

息子は7歳の時に前歯4本が抜けました。真ん中の2本は抜けたてからすぐに生えてきましたが、左右の2本が一向に生えてきません。歯医者に行ってレントゲンを撮ってもらいましたが、レントゲンには生えるであろう歯が写ってはいるのですが、1年近く微動だにしないのです。ずっと前2本のままで隙間が出来ており、寄っていく気配もありません。生えるのが遅い子もいるとはわかっていますが、心配になってしまいます。(30代・女性)

歯茎が硬いと永久歯が生えない原因に

永久歯が生えない原因はいろいろありますが、歯茎が硬い可能性もあるようです。

レントゲン上で歯茎の中に永久歯が見えているのに生えてこない「埋伏歯」の原因には、歯茎が硬くて出てこられない・別の歯が邪魔をしている等が考えられます。別の歯が邪魔しているのでなければ、歯茎の問題かもしれません。歯茎が硬くて永久歯が出て来られない場合は、1~2年かけてゆっくりと自然に生えてくる場合もありますし、あまりに歯茎が硬い場合はレーザー治療などが必要となる場合もあります。(看護師)
永久歯の数が足りない場合もありますが、レントゲンで確認されているようですね。永久歯が歯肉の中にあるのに生えてこない原因としては、歯肉が厚く硬くなって歯が生えてこられない状態になっていることや、乳歯の歯並びが悪いために永久歯の生えてくるスペースがないということが考えられます。(看護師)
歯医者でレントゲンを撮った際に、何か治療法など提案はあったでしょうか。永久歯が生えてこない理由には2つ考えられます。一つ目は永久歯が初めから欠落している場合です。二つ目は何か障害があって永久歯が生えてこない場合です。前回の受診よりも時間が経っているようであれば、再度歯医者を受診しましょう。(看護師)

半年経っても生えてこない時は受診を

生え代わりの時期には個人差があるものの、乳歯が抜けて半年過ぎても生えないなら歯医者を受診するのが良いとのアドバイスがありました。

早めに歯医者を受診して、検査や治療を受けられることをお勧めします。歯肉を切開して永久歯が歯茎の上に出てこられるようにしたり、永久歯の生えるスペースを確保したりするような治療を行ないます。(看護師)
永久歯が出てこない期間が長いと歯茎で噛むことになり、歯茎が更に硬くなって出にくくなります。生えなければならない時期(年齢)プラス2年くらいは様子を見ても良いとされますが、生えてこない時期が長くなると隣の歯の根を溶かしてしまう合併症が起こる可能性もあります。乳歯が抜けてから1年経過し、8歳になるのなら、治療的アプローチが必要かもしれません。一度歯科受診をして相談しましょう。(看護師)
歯の生え変わりの時期は個人差が大きいといわれます。生え変わりには「乳歯が抜ける」「永久歯が生える」という2つの要素がありますが、永久歯が生えるのに対して乳歯が早く抜けた場合や、乳歯が抜けるのに対して永久歯が遅く生えた場合、抜けた後になかなか生えないと感じることがあります。ほとんどは時期的な問題で自然に解決しますが、半年経っても生えてこない場合は歯医者の受診が勧められています。(看護師)
通常であれば1~2年程度で永久歯が生えてきます。万が一、永久歯が出てくるのに障害があるようであれば、歯並びや噛み合わせに影響することもあるので、早めの治療が望ましいです。治療によっては永久歯が出やすくなるよう手術を検討することもあります。まだ7歳という年齢のため様子を見る段階かもしれません。いずれにせよ、まずはかかりつけの歯科医に相談しましょう。(看護師)

永久歯が長期間生えてこないと歯茎で物を噛むようになり、ますます歯茎が硬くなることがあるようです。歯医者で検査を受け、様子を見るのが良いとのアドバイスがありました。

参考資料:
一般社団法人 豊田加茂歯科医師会「乳歯が抜けても永久歯が生えてこない


2019/01/13

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)