7歳の永久歯に白い部分が…ホワイトニングした方がいいの?

子どもの生え替わったばかりの永久歯が部分的に白くなっていたらどうすれば良いのでしょうか。今回は7歳の男の子のママからの相談です。前歯に白いところがあり、歯医者では大きくなってからのホワイトニングを勧められたといいます。身体への影響が気になる相談者さんですが、白い部分は自然に消えることはあるのでしょうか。専門家に聞いてみました。

7歳児のママからの相談:「永久歯の白い部分について」

7歳の息子の永久歯に白いところがあるのが気になります。上の前歯2本の下の方に白くなっている箇所があり、かかりつけの歯医者では「気になるようならもう少し大きくなってからホワイトニングをしましょう」と言われました。白い箇所は今後自然に消えることはないのでしょうか。消えないまでも目立たなくする方法はありますか。ホワイトニングをするにしても歯や身体に悪影響はないのか心配です。ホワイトニングをする場合は年齢的に適した時期はあるのでしょうか。(40代・女性)

エナメル質形成不全や虫歯でホワイトスポットに

歯の一部が白くなるホワイトスポットは先天的なものの他に虫歯が原因となることがあるようです。

歯の一部が白くなることを「ホワイトスポット」といいます。原因は、虫歯の初期症状やエナメル質形成不全が考えられます。初期虫歯の場合、虫歯治療により再石灰化を促すことで治療可能です。エナメル質形成不全は、先天的にエナメル形成が上手くいかなかったために起こることが多く、永久歯にも起こる可能性があります。エナメル質形成不全の場合は治ることがなく、更にその部分は虫歯になりやすくなります。(看護師)
歯にある白い部分はおそらくホワイトスポットと呼ばれているものだと思います。ホワイトスポットの原因には、遺伝・歯の形成時期の栄養不足・幼少期に受けた外傷・フッ素濃度の高い飲食物の過剰摂取・虫歯の初期症状などがあり、エナメル質の石灰化不全が引き起こされて出来るものです。(看護師)
ホワイトスポットの原因が虫歯の初期症状である場合、歯磨きの徹底やフッ素塗布などの方法で歯の自然治癒力を促し、治すことが出来るといわれています。エナメル質形成不全の治療はフッ素塗布などの虫歯の治療と同様に行われます。色を目立たなくするためにホワイトニングをすることも可能ですが、完全に色を消せるという保証はありませんし、治療の過程で知覚過敏を起こす可能性もいわれています。(看護師)

ホワイトニングの影響は不明。医師とよく相談を

ホワイトニングの身体への影響についてはまだよくわかっていないようです。歯の状態を見ながら医師と相談するのが良いとのアドバイスがありました。

子どものホワイトニングは原則、治療を見送ることが多いようです。一般的には18歳以上になってから治療をします。子どもの乳歯、永久歯に対する影響がはっきりしていないためです。(看護師)
ホワイトニングは永久歯への影響についてはっきりしていない部分があり、小さい子どもには実施しないところが多いです。子どもの年齢・ホワイトスポットの見え方などを考慮し、歯科医と相談しながら治療を進めていきましょう。(看護師)
ホワイトニングが出来るようになるまで、白く見えるように歯のマニキュアの治療をする場合もあります。しかし、部分的に剥がれやすくなるため、定期的に歯医者へ通う必要があります。現在は部分的に歯が白くなっているとのことなので、まずは様子を見て定期的に歯医者へ通い、クリーニングしてもらうのがベストだと思います。(看護師)
白くなっている歯が乳歯なのか永久歯なのかという点も踏まえ、治療をするかどうか選択出来れば良いのではないでしょうか。いずれにしても、現在の年齢ではホワイトニングよりも虫歯や歯並びの方が治療を優先するため、かかりつけの歯科医師とよく相談しましょう。(看護師)
ホワイトスポットの原因が何であるのか、自然に消える可能性があるのか、特別な治療が必要なのかという点については歯科医を受診の上、確認する必要があります。ホワイトニングを勧められているとのことですが、歯の状態を診察した上でなければどのような治療法が適切であるか判断が出来ません。他の方法を検討されたい場合は別の歯科医師に相談してみるというのも1つかと思います。(看護師)
ホワイトニングに関しては病院によって対象としている年齢が異なるようです。大人と同様の薬剤を使用するホワイトニングに関しては、安全性を考慮して14~18歳以上とされているようです。質問者さんが勧められているのは子どもでも安全に使用出来る薬剤を使ったホワイトニングであると考えられますので、大人のホワイトニングと同じ効果を期待出来るかはわかりかねます。(看護師)
歯や身体に悪影響がないよう安全の基準は歯科医師がきちんと管理しているはずですが、ホワイトニングのメリットやデメリットがあるのか、どれほどの効果が期待出来るのかを相談し、質問者さんが納得した上で治療法を選択していただくのが良いかと思います。(看護師)

ホワイトニングの対象年齢は医療機関によって異なるようです。今は歯の状態を見ながら虫歯や歯並びの治療を優先するのが良いとの声が寄せられました。

参考資料:
・かきぬま歯科クリニック「歯の白い点々って何?
・歯ッピースマイル「もしかして虫歯?歯にできた白い斑点の正体と治し方
・スマイル歯科「ホワイトニングは何歳でも大丈夫?


2019/01/07

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)