調査・アンケート

おしゃべりしながら親子で作ろう!プッチンプリンで簡単マフィン

イマドキ親子の「会話時間」を江崎グリコが調査

仕事に家事に忙しいママは年々増えています。そのため手がかからなくなってくる幼稚園や小学生のお子さまと、面と向かって会話する時間が減った方も多いのではないでしょうか。
ロングセラー商品「プッチンプリン」でお馴染みの江崎グリコ株式会社では、親子でかんたんに作れる「プッチンプリン マフィン」のレシピの公開に合わせて、幼稚園または小学生のお子さまがいる20~40代ママ500名を対象に「親子の会話」に関する調査を行いました。

「自分が子どもの時より、子どもとの会話が減った」が約6割も

スマホの普及によって手軽に情報収集・友達とのコミュニケーションが増える一方で、親子のコミュニケーションは減っているのではないでしょうか。そこでアンケートでは、「スマホを持つことで自分が子どもだったころよりも、子どもとの会話が減っていると思うか?」と質問。結果は、約6割が「そう思う」と回答しました。また「どの程度まで会話は減っているか?」に対しては、平均で62%という結果に。つまり、自分が子どもの時に比べると、子どもとの会話時間は約4割も減っていることになります。

ママの84%が「子どもといてもスマホ」

1日のうち「子どもと対面で話す時間」と「スマホを利用している時間」を比較しました。スマホ利用時間は「1時間以上2時間未満」(31%)が1番多く、一方で子どもと対面で会話する時間は「30分以上1時間未満」(28%)でした。また、子どもと対面で話す時間以上にスマホを利用している時間が長いと回答した人は65%。さらに「子どもと同じ空間にいても自分がスマホを見てしまうことがある」と回答した人は84%にも上りました。

「子どもとの会話を増やしたい」ママが8割超!

「子どもとの会話をもっと増やしたいと思うか」の質問に対し、84%ものママが「そう思う」と回答し、会話時間増を望んでいることがわかりました。
そこで「どのように会話時間を増やしたいと思うか」の質問には、「スマホの時間を減らせば、会話が増えると思う」(44歳:子ども/小学生)という意見も。
さらに「子どもとの会話を増やすために一緒にしたいこと」に対しては「夕飯の手伝いをしてくれている時に、会話を増やしたい」(43歳:子ども/小学生)や、「おやつ作りなど一緒に出来る時間を増やしたい」(42歳:子ども/幼稚園児)などの意見が。料理やおやつ作りは、ママと子どもの会話時間を増やすいい機会と捉えるママが多いようです。

思わず子どもと会話したくなる「プッチンプリン マフィン」

今回、江崎グリコが公開した「プッチンプリン マフィン」は、プッチンプリンと材料をまぜて焼くだけの、親子で簡単に作れるレシピです。そこで、「プッチンプリン マフィン」のレシピを見てもらい、「子どもとの会話時間を増やせると思うか」と伺ったところ、「子どもと一緒に作ってみたいと思う」と回答した人は約8割、「子どもと食べた感想を言い合いたいと思う」人も85%と多数に。
“プッチン”してお皿に移せる楽しさとおいしさで、世界で一番うれているプリンとしてギネス世界記録 TMにも認定されている「プッチンプリン」。そんな国民的プリンで作る楽しいお菓子なら、きっとお子さまとの会話も弾みそうですね。

親子で作ろう!「プッチンプリン マフィン」

「プッチンプリン マフィン」レシピ

[調査概要]
・調査対象:幼稚園または小学生のお子さま(末子)がいる20~40代ママ500名 ※個人用のスマホを持っていると回答した人
・調査期間:2018年8月24日(金)~2018年8月27日(月)
・調査方法:インターネット調査

参考サイト
江崎グリコ株式会社


2018/01/11

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

ニュース編集部