好き嫌い

好き嫌いが多く給食がストレスになった子ども、良い改善策は?

子どもの好き嫌いに悩むママは多いようですが、今の時代何でも食べる子どもの方が珍しいかもしれません。小学3年生の子どもが、大嫌いなトマトが給食に出ることがストレスとなり学校に行きたがらないようですが、看護師さんたちのアドバイスとは。

子どもの好き嫌いについての相談:「給食が嫌で学校に行きたがらない日も。どうすれば?」

小学3年の娘はトマトが大嫌いですが学校の給食で頻繁に出るため、食べられないと先生に怒られるかもというプレッシャーからか、学校に行くのを嫌がるようになりました。私は少しずつ食べられる様になればよいと思い、本人にもプレッシャーに感じることはないよと言っていますが改善しません。ストレスで眠れないこともあるようですが、どうすればよいでしょうか。(40代・女性)

無理に食べさせず、給食については先生に相談を!

嫌いなものでも成長すれば食べられることはよくあるので、今は無理に食べさせる必要はないでしょう。給食が精神的に負担になっていることを、一度担任の先生と話し合ってみてはいかがでしょうか。

好き嫌いは子どもの自我の目覚めでもあり成長過程の一つですし、成長すれば身体が必要な栄養素は本能的に食べるようになります。子どもの時に嫌いだった物でも大人になれば食べられるようになったりしますし、長い目でみて無理に食べさせる必要はないと思います。(産科看護師)
好き嫌いのために学校を嫌がるようなら、先生とよく話し合ってください。何でも食べられるようにとの考えかもしれませんが、子どもの嫌いな物を無理やり食べさせる権利は先生にはありません。嫌がるものを無理強いすると、トラウマになったり余計に抵抗するようになります。(産科看護師)
昔と違い、最近の先生は怒ってまで食べさせるようなことはないと思うのですが、直接担任の先生に確認してみてはいかがでしょうか。先生は怒ったりしないということがわかると、安心して学校に行けると思います。なぜお子さんはトマトを残すと先生に怒られると感じるのか、何か先生との関わりで心配なことがあるのかもしれませんので、一度担任の先生に相談されてはいかがでしょうか。(内科看護師)

家庭で少しずつ苦手を克服!

給食については担任によって方針が様々なようですが、好き嫌いが多かったり極端に苦手なものがあると、どうしても給食が辛くなってしまいます。ご家庭でも少しずつ、嫌いなものが食べられるように工夫してあげるとよいでしょう。

残してもOK、配膳で加減する、一口食べれば努力を認めるなど、給食に対する考え方は担任の先生によって違うようです。学校は集団指導の場なので、個人への特別配慮はアレルギーなどの場合を除き担任の裁量に任されているのが現状で、どうしても給食問題は起こってしまうようです。(外科看護師)
トマトが食べられないということに対し、ご家庭で付き合って改善してあげてはいかがでしょうか。「ママは怒らないよ。食べたらいっぱい褒めてあげるから少しずつ練習していこう」とか、プチトマトの栽培を苗のうちから始めて、収穫し、自分で料理を考えてみるなどもよいのではないでしょうか。(外科看護師)

眠れない程ストレスに感じているのなら、早めに解決してあげたいですね。家庭でも少しずつ食べる練習をしているという旨を担任の先生に話し、給食では少し様子を見るようお願いしてみてもよいかもしれません。


2015/06/07

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)