食べさせ方

離乳食完了期の子ども、上手に野菜を食べさせるにはどうすればいいの?

ほとんどのお子さんは2才頃までに離乳食も終了し、幼児食に移行していきます。1才8カ月の子どもを持つ相談者の方は、野菜を少し固めに調理すると食べてくれず困っていますが、看護師さんたちはどのようにアドバイスしているのでしょうか。

子どもの食事についての相談:「1才8カ月。少しでも固い野菜は食べてくれません」

1才8カ月の息子は、未だに離乳食を完了できない状態です。野菜などを少し固めにゆでるとペッと吐き出すのですが、ハンバーグに混ぜたりすると固めの野菜でも普通に食べます。トーストしたパンの耳などは固くてもパクパク食べるので、固さというより単に野菜嫌いなだけでしょうか。毎食ハンバーグというわけにもいかず、どうにか煮物やスープの状態でも野菜を食べさせたいのですがよい方法はないでしょうか。(20代・女性)

この時期、偏食や好き嫌いが出やすい

離乳食も進み様々なものを食べるようになると、好き嫌いが出たり同じものばかり好んで口にする傾向にあります。食べなくてもあまり神経質にならず、色々と工夫をしながら毎日の食卓に並べてみてください。

卒乳は完全に終わりましたか。今の段階で、完全な食事を優先させる必要はありません。好き嫌いの始まった子どもは、同じものを好んで繰り返し食べる傾向にあり、好みの食感もあるので、あまり神経質にならないでください。吐きだしても無理に食べさせる必要はないので、次の食事でチャレンジしてみましょう。(産科看護師)
この時期になるとお子さんも好き嫌いが出てきて、自分が食べづらかったり美味しくないと感じる物は食べなくなったりします。しかし、嫌いで食べないからと言って食事に出さないでいると好き嫌いが多い子どもになってしまうので、ママは大変でしょうができるたけ食べやすく工夫して一口でも食べさせるようにすると、徐々に色々な物が食べられるようになります。(内科看護師)

手づかみで食べられる工夫を

この時期の子どもは、手づかみで食べられるような料理がよいでしょう。また、パパやママの真似をしたがるので、同じようなメニューにしてあげるのもよいのではないでしょうか。

栄養をとるため野菜を食べさせたいのなら、煮物やスープにこだわらずカレーやシチュー、グラタン、お好み焼きなどアレンジしてみてください。子どもは大人の真似をしたがるので、お子さんだけ特別なメニューではなく、家族そろっての鍋などにしてみんなで「おいしいね!」といって食べていると、自然に食べるようになるかもしれません。(産科看護師)
離乳食完了期なので、手でつかめる程度の大きさに切った野菜を柔らかくなるまで煮て、コンソメ固形スープの素1個とマカロニを加え、指定時間より1分程度長めに煮たマカロニスープなどはいかがでしょうか。野菜は細長く、手づかみしやすく切るのがコツです。(外科看護師)

この時期になると食べムラが出てくる子どもも多いようなので、それ程神経質にならなくてもよいでしょう。手でつかんで食べられる様にアレンジし、家族みんなで同じメニューの食事を囲むようにするというのも、効果があるかもしれません。


2015/06/08

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)