子供の心

兄弟げんかにどう対応したら良い?

兄弟がいれば、よく起こるけんかですが、見守っているだけで良いのでしょうか。手を上げてしまう場合は、特に親が介入した方が良いか悩みますよね。そこで、専門家に相談してみました。

40代女性からの相談:「兄弟げんかは放っておいて良い?」

高校1年生、小学5年生、4歳の男の子を育てています。年齢差はあるのですが、長男は、次男と口げんかをして、大抵は次男が負けて終わります。そして次男は三男と、口げんかから手や足が出て、これも大抵、一番下の三男が泣いて終わります。「手加減してあげてね。」と、つい上の子に言ってしまうのですが、あまり親が兄弟げんかに入らない方がよいのでしょうか。言わないと酷くなってしまうので困っています。放っておいた方がいいのか毎回悩んでいます。(40代・女性)

怪我の恐れがある時は介入しよう

けんかがヒートアップして怪我をする恐れがある時には、仲裁に入りましょう。

けんかが起こった際には見守り、兄弟の中で解決させることも重要ですが、年の差により力の差が大きかったり、暴力が過ぎる場合には仲裁に入る必要があります。特に怪我の恐れがある場合には直ちに仲裁に入り、暴力は絶対にダメであることは伝えましょう。(看護師)
それぞれの主張がありますから、善悪の判断は難しいと思いますし、どこまで親が介入していいかは原因にもよると思います。些細なことでしたら、放っておいてもいいでしょう。手足がでて怪我をしそうでしたら止めてください。(看護師)

お互いの話を聞き、フォローすることが大切

兄弟のそれぞれの話を聞くことが大切です。上の子のフォローもしてあげられると良いですね。

いつも下の子がやられて泣いてしまうとのことですので、下の子をなだめたり、上の子に注意する状況になることが多いでしょう。泣いている方をなだめるのはもちろん必要ですが、上の子の言い分もしっかり聞いてあげることも大切です。(看護師)
お互いの言い分を聞き親が理解を示し、それを代弁してあげることが大切です。特に下の子はまだ言葉で気持ちを表現することができませんので、それを親が代弁してあげることが必要です。(看護師)
けんかの後は負けた方のフォローだけでなく、勝った方のフォローもしてあげてください。けんかの始まりは何だったのか、意味もなくイライラする時期だと思いますが、そのイライラを発散する方法を他に見つけることもできるかと思います。(看護師)
普段から「お兄ちゃんなのだから」と上下の役割を強要したり、「お兄ちゃんはちゃんとできるのに」など兄弟を比べることも、兄弟関係を悪化させる原因になりますので注意が必要です。(看護師)
もう少し大きくなられたら、「負けてあげる優しさ」をわかってくれると思います。お兄ちゃんのそんな様子を見て、下のお子さまも優しさを真似していってくれるのではないかと思います。(看護師)

兄弟げんかは、怪我の危険性がある場合は、介入しましょう。それ以外であれば、お互いの話をよく聞いてあげることが大切です。けんかの後も、兄弟が仲良くいられるよう工夫すると良いでしょう。


2019/01/20

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)