発達

人見知りをしない4歳の娘、ママのしつけに問題があるの?

子どもが人見知りをしないのはよい事でもありますが、親御さんにとっては心配の種にもなるようです。お子さんの積極的過ぎる行動に悩む相談者さんに、看護師さん達が答えています。

ママからの質問:「4歳の娘が人見知りを全くしません」

4歳の娘は遊ぶのが大好きで、積極的に友達の輪に入っていきます。人見知りせずにぐいぐい入っていくので最初は人見知りしない子と楽観していましたが、知らない子達が遊んでいるグループに勝手に入っていき、相手の子達を驚かせてしまいます。「一緒に遊んでもよいか聞いてから遊びなさい」といっていますが、公園に子どもがいると迷わずにそこへ向かっていって一緒に遊ぼうとします。積極的すぎるのは私の躾のせいでしょうか。 (34歳・女性)

積極的な行動を起こす理由

子どもの積極性は好意的に受け取られる場合の方が多いと考えられているので成長を見守ってあげてください。

一般的に生後6カ月~1歳から人見知りが始まります。身近な人とそうでない人の区別ができるようになり、両親は自分を守ってくれ安心できる存在と自覚することで、他人との関わりに不安を抱くためといわれています。人見知りは成長過程の一つで問題はありませんが、人見知りが激しいと他人との関わりに悩むお母さんもいます。人見知りをしない子は、愛嬌のある子と微笑ましく感じられると思います。(産科・婦人科看護師)
大らかで素晴らしいお嬢さんで、その積極性は成長する過程でも失ってもらいたくないと思います。躾がなっていないことはなく、素晴らしい家庭でのびのびと育っている証拠です。まだ4歳ですので、自分と他人との境界が曖昧なのでしょう。「自分はこの子と遊びたいからこの子も私と遊びたいはず」というような、自分の気持ちと相手の気持ちの違いをまだ理解できていないのではないでしょうか。(一般内科看護師)
いきなり積極的に行動するのは、まだ、コミュニケーションの仕方がわからないからかもしれません。幼稚園や小学校に通うようになれば、友達も増え、環境も変わってコミュニケーションの方法も学び、社会的な適応能力もでてきます。お母さんの躾が悪い訳ではありません。気長に見守ってあげてください。(産科・婦人科看護師)

改善していく方法

一方で、過度な積極性が何か問題を抱えている場合もあると指摘されています。

人見知りをしない子は家庭での愛情が不足して他人との関わりを求めているとか、誰でもよいから構ってほしいという感情があるため、積極的に行動するともいわれています。小さい頃から外出が多く他人に対して恐怖心がなく人との関わりが好きな子は、誰構わず話しかける傾向にあります。(産科・婦人科看護師)
家庭の中と外でのお子さんの行動を比べてください。家庭ではおとなしいのに外では活発に行動される場合、情緒や家族の関わりに問題があるかもしれません。(産科・婦人科看護師)
絵本やビデオなどで他人について理解し、思いやることをテーマとしたものを見せましょう。そしてお母さんが「一緒に遊んでもよいか聞いてから遊びなさい」という理由を本人が納得できるように説明できれば、お子さんも次第に理解するようになります。子どもは成長する過程で様々なことを学びますが、これも大人になるための一つのステップです。(一般内科看護師)

子どもが積極的なのは躾とは関係なく、良い事でもありますが、もし原因となる問題点があるなら共に解決していく姿勢が大事なようです。


2015/06/10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)