人見知り

パパが抱っこすると赤ちゃんが泣くのはなぜ?

パパが赤ちゃんを抱っこすると泣いてしまうというお話はよく耳にします。今回は生後9ヶ月の赤ちゃんをもつパパからの相談です。「ママやおばあちゃんが抱っこすると泣き止むのに、自分やおじいちゃんが抱っこしようとしても、赤ちゃんが嫌がって抱っこをさせてくれない」とのことです。専門家からはどのようなアドバイスが寄せられたでしょうか。

パパからの相談:「赤ちゃんがパパやおじいちゃんの抱っこを嫌がるのはなぜ?」

私は運よく子どもの出産に立ち会う事ができ、第一子誕生直後に抱っこすることができました。仕事柄出張が多く家にいない事がほとんどだったので、帰るたびに子どもが知らない人がきたと思って泣いてしまいます。すぐに慣れはしますが、抱っこに関しては嫌がってばかりで全く抱っこさせてくれません。義理の父でも試したのですがやはりダメ、逆に嫁や義理の母、妹が抱っこするとピタッと泣き止みます。これは抱っこの仕方によるものなのでしょうか?又は女性特有の何かあるのでしょうか?(30代・男性)

赤ちゃんは抱き方や匂いでママと違う人を見分けます。

赤ちゃんは抱き方や匂いでママと違う人を見分けているとのこと。抱き慣れていないせいもあるので、赤ちゃんが気に入る抱き方を見つけてみるようアドバイスをいただきました。

赤ちゃんは抱っこの仕方や匂いで母親と違う人を見分けることができると言われています。義理のお母様や妹さんは奥様と抱き方や匂いが似ているのかもしれません。男性と女性では手や腕の大きさが違いますし、抱き慣れていないせいもあると思います。抱き方も色々ありますから、お子さんが気に入る抱き方を見つけてください。もし、哺乳瓶を使って授乳している場合は、積極的に行ってください。(看護師)

抱っこして泣かれてもパパが嫌ではないとのこと。

抱っこして泣かれてしまうと悲しくなりますが、パパのことが嫌なわけではなく、何でもママじゃないと嫌なだけとのことです。

抱っこして泣かれると寂しい気持ちになるかと思いますが、生後半年くらいになると、父親の存在が分かるようになります。ただ、父親と理解してもママでなければダメな時期があります。父親が嫌ではなく、何でもママじゃないと嫌ということです。(看護師)

人見知りという赤ちゃんの順調な発達の証です。

月齢的に人見知りというもので、順調な発達の証とのこと。成長とともに人見知りは無くなるので、めげずに赤ちゃんと接するようアドバイスをいただきました。

赤ちゃんがパパや義理のお父さんに対して泣くのは、俗に言う人見知りというもので月齢的にママやパパを含めいろんな人を見分けることができるようになってきているからです。また、ママやお義母さんなど女性に抱っこされるのは平気というのはパパや義理のお父さんのことが嫌いというわけではなく、母性的な人物に対して強い愛情や安心感を示し、見知らぬ人へは警戒心が強くなっているという赤ちゃんの順調な発達過程です。
寂しく感じると思いますが、赤ちゃんは順調に発達しているので喜ばしいことです。人見知りは成長とともに無くなります。しばらくの間パパが抱っこすると大泣きされてしまうかもしれませんが、赤ちゃんと抱っこや遊びを通して関わりを持ち続けることで、パパを安心できる相手だと認識するようになり抱っこしても泣かなくなります。そのため、めげずに赤ちゃんと接していただけたらと思います。(看護師)
ママのそばでパパが抱っこしたり、パパとママが楽しく接する姿を見せたりしていくといいですね。パパは安心できる人だとわかってくるでしょう。(看護師)

赤ちゃんを抱っこして泣かれてしまうとショックですが、順調な発達の証拠とのことなので、パパもめげずに赤ちゃんが気に入る抱き方を見つけたりして、スキンシップを心がけていくことが大切です。

参考文献:
二宮啓子/今野美紀 (編)「看護学テキスト NiCE小児看護学概論 子どもと家族に寄り添う援助」 南江堂出版 2012.12


2019/01/22

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

助産師/看護師/保育士河井 恵美