食べない

離乳食をしっかり食べてもらうにはどうすればいいの?

離乳食をきちんと食べてくれずに困っているママは多いのではないでしょうか。今回は11ヶ月の赤ちゃんをもつママからの相談です。「離乳食を食べずに途中で遊びだしてしまい困っているので、大人しく食べてくれる方法を教えて欲しい」とのことです。専門家たちはどのように答えているでしょうか?

ママからの相談:「離乳食をしっかり食べてもらうにはどうすればいいの?」

離乳食の進みが遅く心配しているのですが、最近になって食べないのと、食べている途中に食べ物で遊び出してしまって困っています。子ども用の椅子とテーブルを買ったのですが、ちゃんと大人しく座るというのも苦手で、このままの状態で離乳食を続けても、大きくなってからも落ち着かないのではないかと心配です。テレビは消して、おもちゃは置かない、最近では家族3人一緒に食事を摂るるなど気を付けてはいますが、他に何か大人しくしてくれる良い方法はないでしょうか?(30代・女性)

食べることが目的ではなく、食事を楽しむことを目標にして。

小さい子どもがじっと座って食事をするのは難しいので、食べることを目的にするよりも、食事を楽しむことを目標にしてみるようアドバイスをいただきました。

小さい子どもがじっと座って食事することの方が珍しいと思います。食べ物の好みも出てきますから、好き嫌いがあっても長い目で見てください。小さい頃は好きな物しか食べない傾向にありますから、好きなものとそうでないものを準備してください。食べなければ料理法を変えたり、他の食材でチャレンジしてください。食べることが目的ではなく、食事を楽しむことを目標にしてください。(看護師)
もし、好きなキャラクターがあれば、そのキャラクターの食器やエプロンを使ってもいいですね。『おもちゃも一緒に食べようね』と言って一度おもちゃを置いてみてはいかがでしょうか。(看護師)
少しでも食べられたり、上手にできたことがあれば、ママやパパは『バンザイ嬉しい!』というようにオーバーなゼスチャーをすると喜んで繰り返すことがあります。(看護師)

あまり食べなくても、機嫌がよく元気なら心配ありません。

離乳食はだいたい時間を決めてあげるため、食事の時間に必ずお腹が空いているとは限らないので、遊び始めたら終わりか確認してごちそうさまをさせていいとのことです。

食事の時間に必ずお腹が空いているとは限らないので、お子さんの様子を見て途中で遊び始めたら、お子さんに終わりなのか確認して「ごちそうさま」をさせてください。ごちそうさまをしたら食事を片づけてもいいでしょう。あまり食べなくても、機嫌がよく元気なら心配ないでしょう。(看護師)

遊び食べのように見えても実は発達にとって大切な行動です。

一見遊び食べのように見える行為は、実は赤ちゃんの発達にとって大切な行動なので、少し様子を見てみるのも良いとのことです。

この時期の赤ちゃんは色々と「自分でやりたい」という欲求がでてくるので「自分で食べる」という行動の発達を促す観点からも「手づかみ食べ」が重要になってきます。手づかみ食べが上達して、目と手と口を同時に使うことができるようになり食器や食具が上手に使えるようになっていきます。一見遊び食べのように見える行為は、実は赤ちゃんの発達にとっては大切な行動なので少し様子を見てみるのも良いかもしれません。(看護師)
赤ちゃんが自分で触ってお口に入らなくても良い分を赤ちゃんの前に置き、食べてほしい分はママがお口に運んであげるようにすると食べることもありますよ。(看護師)

食事時間に空腹を感じさせたり、食べやすく調理する工夫を。

自分からちゃんと食べさせるためには、食事時間にお腹が空くように食前にたっぷり遊んであげたり、自分で掴んで食べられるように一口大のおにぎりを作るなどの工夫をしてみるようアドバイスをいただきました。

自発的にきちんと食事を食べさせるためには食事時間に空腹を感じていることがポイントとなります。そのためには、食前はたっぷり遊んであげて規則的な食事リズムをつけることが大切です。食事内容の工夫としては、ご飯をおにぎり等一口で食べられるようにしたり、掴みやすいようにして食べやすくしてあげるのも良いです。(看護師)

離乳食をちゃんと食べてくれないとママは心配になりますが、食事前にたっぷり遊んであげてお腹を空かせてあげたり、上手に手づかみ食べができるように調理の工夫をしたりして、赤ちゃんが自発的に食べられるようにしてあげるといいようです。しっかり食べられなくても成長とともに食べられるようになるので、焦らずに進めていくことも大切です。

参考文献:
横尾京子(編)「産褥期のケア/新生児期・乳幼児期のケア」 日本看護協会出版 2013.02


2019/04/05

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

助産師/看護師/保育士河井 恵美