運動

妊婦さんにおすすめ!簡単な運動で安産を目指そう!

妊娠中は動きにくく、運動不足になりがちですよね。今回、妊婦さんから運動不足だけど動く気になれないという質問がありました。また、規則正しい睡眠がとれていないことも気になるようです。看護師さんにアドバイスを頂きました。

妊婦さんからの質問:「妊婦ですが、ほとんど動かない生活をしています。」

現在妊娠中22週目で、妊娠に関して産婦人科からは何も言われていませんが、甲状腺の病気バセドウ病でドクターストップがかかり仕事は先月で辞めています。なので平日は家でのんびり過ごす事が多く、昼寝もしています。それに慣れてしまっているので普段動く気になりません。マタニティビクス等参加したい気持ちはあるのですが…少しの運動やストレッチなら大丈夫だと言われていますが、階段を登ったりしただけでも息切れや動悸があります。 以前、2回流産してる事もありお腹が張ったりキュンッと痛くなったりすると敏感になっています。このままのんびり過ごしたい気持ちがあります。のんびりしすぎて昼寝もしてしまうので夜あまり眠れません。トイレが近いのもありますが…5歳の子どもが一緒に寝ているので、寝相が悪くお腹あたりに足がある時が多々あります。それも気になり目覚めてしまいます。また、足のむくみでマッサージしているのですが朝方こむら返りする事多くなってきています。それで一気に目が覚めてしまうのであまり眠れない状態です。夜ぐっすり眠るには昼寝はあまりしない方がいいのでしょうか?(33歳・女性)

身体を動かせることだったら、教室などに通う運動でなくてもOKです。

妊娠中に新しい運動を始めることは、今までのんびり過ごしてきた人にとってはハードルが高いことです。運動に限らず、生活の中で身体を動かしてみてはどうでしょうか。

運動の代わりに家事を行ってください。疲れたり・お腹が張るときは無理しなくていいので、できる範囲で行ってください。(看護師)
教室に参加するよりはまず家でストレッチすることを習慣づけてもいいかもしれません。階段上り下りしたり、ウォーキングするよりは負荷が少ないので1日1回から始めてみてはどうでしょうか。(看護師)
お腹が張るようなら無理に運動する必要はありません。もし運動面に関して気になるのであれば、昼寝前や夕飯前など、ストレッチするタイミングを決めておくと1日の流れもメリハリがつきやすいです。(看護師)

昼寝を控えるのがベストですが、無理しない程度に!

昼寝をすることで、夜眠りが浅くなり不規則な生活になりやすいです。しかし、持病もあるので、無理しないでください。逆の発想として、夜にぐっすり眠れる方法を試してみるのも良いかもしれません。

昼寝をしすぎると夜眠れなくなりますが、夜の睡眠が足りてない時は昼寝をしてもいいでしょう。ただし、昼寝をしすぎると昼夜逆転になってしまいますから、長く昼寝しないようにしてください。(看護師)
昼寝をして睡眠不足を補うのは悪くないと思います。夜間睡眠を深くするためにも、寝る前に足湯をしてみるのはどうでしょうか。血液の循環がよくなり、足のむくみにも効果があります。(看護師)
必ず夜にぐっすり寝なければいけないと思わず、寝れるときに寝るという考え方で良いと思いますよ。(看護師)

運動不足を解消するには、生活の中で続けられることを探しましょう。ちゃんとした運動でなくても身体を動かせるものなら何でも良いです。持病もあるということなので、医師に相談しながら行うということも大事ですね。不規則な睡眠に困っているようですが、寝不足よりは良いので、今は無理せずに身体を大切にしましょう。


2019/01/27

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

助産師/看護師/保育士河井 恵美