妊娠後期の寝方

妊婦さんの寝る姿勢に注意!お勧めの寝方とは?

寝る姿勢は様々ですが、妊娠中だと普段の寝る姿勢が気になったりしますよね。今回は、妊婦さんから仰向けは赤ちゃんに影響があるのか質問がありました。看護師さんの回答はどのようなものでしょうか。

妊婦さんからの質問:「仰向けで寝ることを続けても大丈夫?」

現在妊娠7ヶ月なのですが、睡眠時に仰向けで寝ています。お腹は大きくなっているのですが、仰向けで寝ててもまだ全然つらくないので毎日仰向けで寝ているのですが、友人の話を聞くと、妊娠中期以降は横向きで寝てたという話を何人かから聞きました。ネットで調べると、仰向けで寝続けるのは血の巡りが悪くなって良くない、という記事があったのですが、このまま仰向けで寝続けるのはやめた方がいいのでしょうか。現段階では、仰向けで寝る方が楽なので、問題なければつらくならない限り仰向けで寝たいのですが。仰向けで起きる問題や、横向きに変えた方がいい時期などアドバイスが欲しいです。(41歳・女性)

妊娠後期には仰向けはあまりお勧めできません!

お腹がさらに大きくなると、仰向けで寝ることで血流などが悪くなるかもしれません。また、お腹が張りやすくなる場合もあります。

妊娠後期になってくると、大きくなった子宮の重みで、下大静脈が圧迫されて急激に血圧が下がり、ママの脳や赤ちゃんの血液の循環が滞るという現象が起こることがあります。(看護師)
仰向けで寝ると、お腹が張りやすくなる・むくみや静脈瘤ができやすくなる・腰痛が悪化するなどのデメリットもあります。(看護師)
お腹が大きく重くなってくると、仰向けの体勢をとることで子宮の重さで血管を圧迫し、結果として血流の流れが悪くなります。仰臥位低血圧症候群とも呼ばれています。(看護師)
大きくなった子宮がお腹のあたりを走っている大きな血管を圧迫して、血流が悪くなることがあります。(看護師)

妊婦さんは、横向きで寝ることも考えてみて!

一般的に妊婦さんは横向きの方が楽に眠れるようです。また、クッションなどを利用して、妊婦さんに良いといわれるシムスの体位を試してみてはどうでしょうか。

血流が悪くなることで、動悸や低血圧、吐き気、生あくびなどの症状が現れます。ひどいときにはショック状態を起こすこともあるので、なるべく横向きで寝るように説明しています。(看護師)
いつでも変えられるように少しずつ横向きで休む練習をしてもいいかもしれません。息苦しくなる、吐き気がある、冷や汗がでてくるなど、仰向けで休むことで体調が悪くなるようであればその時点で横向きに変えてください。(看護師)
妊婦さんが楽な姿勢にシムスの体位というのがありますから、一度、試してみてください。左右どちらかを下にして横になります。上になった膝を軽く曲げます。抱き枕やクッションを膝の下に置くと楽になります。(看護師)

妊娠中は自分が楽な体勢で眠ることが一番ですが、仰向けばかりだと仰臥位低血圧症候群が心配です。また、少しずつ横向きで寝る練習もしてみましょう。


2019/03/18

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

助産師/看護師/保育士河井 恵美