不妊治療のタイミング

過去に人工中絶を経験…次の妊娠に影響するの?

妊活中の女性から相談がありました。過去に人工中絶を受けた経験があることから、それが原因で妊娠できないのではと不安に感じています。人工中絶は次の妊娠に影響するものなのでしょうか?専門家の回答を見てみましょう。

妊活中の女性からの相談:「中絶手術と不妊の関係」

30歳になった今年から改めて妊活を始めました。改めてというのも、2年ほど前に授かったのですが訳あって出産する事ができませんでした。心身ともに落ち着き妊活を改めてスタートさせた所です。生活改善として禁煙は勿論、葉酸サプリを毎日摂取し適度な運動も定期的に行っています。正直妊活を始めたらすぐに授かれるものだと考えておりましたが現状結果はでておりません。中絶手術は不妊に直接関係してしまうものなのでしょうか。30歳という年齢の関係で妊娠しづらくなっているのかなど不安が絶えません。もし仮に過去の手術によって不妊になっているのであれば世間一般でいう不妊治療でなんとかなるものなのでしょうか。(30代・女性)

人工中絶による不妊のリスクはゼロではない

人工中絶が不妊に直接関係することは考えにくいものの、不妊のリスクはゼロではないようです。人工中絶のリスクには、アッシャーマン症候群(子宮内膜が癒着している状態で受精卵が着床しにくい状態)や、子宮内膜菲薄化(しきゅうないまくひはくか・子宮内膜が薄く受精卵が着床しにくい状態)が挙げられ、適切な治療が必要なようです。

中絶はしっかりした病院で行ったものであれば、基本的には子宮が傷つくこともありません。そのため、不妊に直接関係することはありません。(看護師)
中絶手術のリスクには、アッシャーマン症候群や子宮内膜菲薄化があります。(看護師)
治療としてはアッシャーマン症候群では癒着部位を切除する治療を行います。子宮内膜菲薄化はホルモンを補充することで内膜が厚くなることがあるので、不妊治療でなんとかなるとは言い切れませんが、治療することで不妊の原因が改善される可能性は大いにありえます。(看護師)

不妊の原因は様々ある

不妊には、人工中絶によるリスク以外にも様々な原因があるようです。まずは夫婦ともに検査を受けてみて、原因を明確にしましょう。

不妊の原因は様々あります。妊娠はしようと思ってすぐできるものではないので現実のギャップに苦しんだり、1回目授かった場合でも2回目はなかなか授からなくて悩んだりする方も多いです。(看護師)
身体の整え方はしっかりと行っている様子なので、婦人科やクリニックで不妊の原因について相談してもよいと思います。ホルモンや子宮が原因の場合もあれば、ダンナさん側に原因がある場合もあります。また、どちらとも明確な原因がでないこともあります。自分だけで行うには限界がありますので、いろんな検査や方法を活用してください。(看護師)

妊活を始めてなかなか授からないと、誰しも不安に感じるものです。適切な治療を受けるためにも、まずは不妊の原因について病院で検査してみることをお勧めします。

参考サイト:
武蔵境いわもと婦人科クリニック


2019/01/24

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

助産師/看護師/保育士河井 恵美