薬(処方薬・市販薬)

妊娠中の便秘で痛みが出るのはなぜ?便秘薬は飲み続けていいの?

妊娠中の便秘は多くの妊婦さんが経験するトラブルの一つです。今回は、30代のママからの相談です。「妊娠初期に便秘になり腹痛を伴うけど痛みを伴うのはどうしてなのか、また妊娠中便秘薬を飲み続けてもいいのか教えて欲しい」とのことです。看護師さんたちからはどのようなアドバイスが寄せられたでしょうか。

ママからの相談:「妊娠中の便秘で痛みが出るのはなぜ?便秘薬は飲み続けてもいいの?」

妊娠初期に便秘になり、それが腹痛を伴います。あまりの痛さに動けないほどです。ある一定の場所を通過すると痛みがなくなり排便があります。病院でもただの便秘といわれてマグミットが出されました。今までこうした痛みを伴う便秘はありませんでした。なぜ妊娠していると便秘時に痛みが出るのかがわかりません。あの痛みを感じるのが嫌で、ずっと便秘薬は飲んでいます。このまま妊娠中便秘薬を飲み続けてもいいのでしょうか?また出産後は飲まなくても出るようになるのでしょうか?(30代・女性)

腹痛の原因は大きくなった子宮による腸の圧迫です。

妊娠中の便秘による腹痛の原因は、大きくなった子宮によって腸が圧迫されるから。食物繊維の多い食品を摂るなどして排便を促すようアドバイスをいただきました。

妊娠して大きくなった子宮で腸が圧迫されるため、痛みを伴うのかもしれません。子宮がさらに大きくなると、ますます便秘になる可能性もあります。排便を促すために、食物繊維の多い、イモ類・海藻類・根菜などや乳酸菌を含む乳製品・発酵食品などを摂ってください。また、砂糖の変わりに、オリゴ糖を使用するといいと思います。オリゴ糖は腸まで届き、善玉菌・ビフィズス菌のエサとなり、腸内環境を整えてくれます。(看護師)

酸化マグネシウムは妊娠中でも服薬を続けて大丈夫です。

酸化マグネシウムを主成分とするお薬は安全性が高く、便秘で悩む妊婦さんにもよく使われるので妊娠中服薬を続けても問題ありません。ただし、効果が現れなくなった時は自己判断での増量などはしないで必ず主治医に相談することが大切とのことです。

便秘を改善するには水分を多めにとり、散歩などの軽い運動も行ってください。朝起きたらコップ1杯の冷たい水や炭酸水を飲むのもよいと言われています。マグミットは酸化マグネシウムを主成分とし安全性が高く、便秘で悩む妊婦さんにもよく使われています。通常の服用でしたら問題ありませんが、効果が現れなくなったら必ず医師に相談してください。出産してホルモンバランスが整ってくれば解消されると思います。(看護師)

食物繊維の摂取によって腹痛を引き起こす可能性もあります。

便秘の解消に効果的な食物繊維ですが、食物繊維を摂取することで腹痛を引き起こす可能性もあるので、症状が強く出る場合は摂取を控えた方が良いとのことです。

便秘は多くの妊婦さんが抱えるマイナートラブルの1つです。原因としては妊娠に伴いプロゲステロンというホルモンが増加することで腸の動きが悪くなることや、大きくなった子宮が腸を圧迫することなどが考えられます。妊娠中の便秘の改善に効果的な方法としては食物繊維の摂取がお勧めですが、腹部膨満感や腹痛を引き起こす可能性もあるのでこのような症状が強く出た場合は食物繊維の摂取は控えた方が良いです。(看護師)

産後も便秘は起こりやすいので下剤などで改善する必要があります。

産後にも便秘は起こりやすく、子宮の回復を妨げるので、緩下剤の継続などで便秘を改善させる必要があるとアドバイスをいただきました。

食事の工夫をしても効果がみられなければ下剤を服用するのは良い対策です。下剤内服に関しては妊娠中のどの時期に服用されても大丈夫です。さらに坐薬など便を出す方法は他にもあるので、担当の医師と相談しましょう。産後にも便秘は起こりやすく、便秘は子宮の回復を妨げることになります。産後も便秘の場合は今回のように緩下剤の内服等を行い、便秘を改善させる必要があります。(看護師)

つらい妊娠中の便秘。食事の工夫で改善されない場合は下剤も継続して使えるとのことなので、がまんせずに主治医の先生とよく相談をして効果的な方法を選択できるといいですね。

参考資料:
・宮里和子 監 「母性看護学」 医学芸術社 発行 2011.03
産婦人科 長尾クリニック


2019/02/19

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

助産師/看護師/保育士河井 恵美