ピル

ピルの服用で髪が痛んだ…これって副作用?

ピルを服用するときに、不安になるのが副作用の症状ではないでしょうか。髪の毛など見た目に現れれば、さらに心配になりますよね。そこで、専門家に相談してみました。

30代女性からの相談:「ピルの副作用で髪の毛が傷む?」

ピルを使用していた期間があります。私は小さい頃から天然パーマがひどく、11歳の頃から縮毛矯正をしていました。そのため髪の傷みは承知の上でしたが、ピルを飲んでいた期間だけ、髪の毛の切れ毛が酷かったように思うのです。私の気にしすぎかもしれませんが…。その後、妊娠・出産があり、また少しずつ伸びてきて、落ち着いてきたように思います。ピルを飲むことでホルモンに変化があり、髪の毛の傷みが出てきたのでしょうか?(30代・女性)

ピルは女性ホルモンのバランスを整える

ピルを服用するとエストロゲンとプロゲステロンの2つの女性ホルモンのバランスが整います。エストロゲンは肌や髪の毛を潤す作用があるようです。

女性にはエストロゲンとプロゲステロンというホルモンがあります。エストロゲンは肌や髪の毛を潤わせたり、女性の身体全体を支えたりする働きがあります。一方、プロゲステロンは主に基礎体温をあげたり、子宮内膜を整えたりと妊娠するために必要な身体を作り上げる働きがあります。ピルを内服することにより、エストロゲンとプロゲステロンのホルモンバランスが整います。(看護師)

髪の毛へのダメージは副作用とは考えにくい

ピルを服用しているときは、髪の毛へのダメージは少ないようです。

ホルモンバランスを整えてくれるので、ピルを内服しているときには、髪の毛へのダメージはむしろ少ないと思われます。(看護師)
ピルを飲んだから切れ毛が増えたと言い切れるかどうかはわかりません。ピルには女性ホルモンが含まれていますので、どちらかと言うと髪の量が増えたり、抜けにくくなったりすると考えられます。(看護師)
質問者様が気にされているホルモンバランスの変化はありますが、ピルを内服している期間は髪の毛のトラブルは起こりにくく逆に潤わせてくれるので、ピルの作用によって髪の毛が傷んだりすることはないと思います。(看護師)
内服をやめることによって、ピルで整えられていたホルモンバランスが一時的に崩れると、抜け毛につながる場合もあります。(看護師)

生活に変化があると髪の毛へのダメージがある

食生活や生活リズム、出産後のホルモンバランスが崩れると髪の毛へのダメージがあるようです。

質問者様の場合、ピルを服用していた時期に切れ毛が増えたとのことですが、食生活や生活リズムの変化によって現れた症状だと考えることも可能です。(看護師)
出産後もホルモンバランスが崩れますので、抜け毛や切れ毛が増えることがありますが、これも一時的なものなので安心してくださいね。(看護師)

ピルには、女性ホルモンを整える働きがあって、髪の毛へのダメージは少ないと考えられています。ピルの服用を中止して一時的にホルモンバランスが崩れることがあったり、出産後であったり、生活に変化があると髪の毛がダメージを受ける場合もあるようです。気になる副作用があれば、医師に相談してみても良いですね。

監修者:青井 梨花(あおい・りか)
助産師・看護師・タッチケアトレーナー。病院や地域の保健センターでの勤務を経て、株式会社 とらうべ 社員。妊娠・出産・育児相談や女性の身体の悩みに関する相談に親身に応じ、赤ちゃんタッチ講師も務める。一児の母。

2019/01/27

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)