化粧品

冬こそ取り入れるべき?角質ケアが冬に必要な理由と乾燥に負けないおすすめコスメを紹介!

冬の低温&低湿度は、肌にとって悪条件

寒くなるにつれて、お肌の乾燥が気になる季節。実は、冬は夏に比べて気温が低いだけでなく、平均湿度も約10%下がることが分かっています(2018年気象庁調べ)。
お肌にとって乾燥は大敵。そんな季節にオススメな肌ケアが「角質ケア」です。この冬おすすめの肌ケア商品を紹介します。

なぜ「冬」こそ角質ケアが必要なの?

肌は、ターンオーバーという新陳代謝により、約28日周期で古い角質がはがれ落ちて新しい角質に生まれ変わるのを繰り返しています。
しかし、気温が低く乾燥している冬は、肌にストレスやダメージがかかるため、本来ならばはがれ落ちるはずの角質をため込んでしまうことがあります。
そのため肌の角質層が分厚くなり、結果として乾燥やゴワつき、たるみ、ニキビ、くすみ、毛穴の黒ずみ等、多くの肌トラブルにつながってしまいます。

角質ケアで肌のターンオーバー回復へ

そんな肌トラブルを回避するためにおすすめなのが「角質ケア」です。古い角質を優しく取り除くことで肌を柔らかくし、化粧水などの浸透率を高めて保湿力を高めさせます。また、正常なターンオーバーを促す働きもあるため、肌自体が持つうるおいを取り戻すことにもつながります。

全身に使えて肌にやさしいCureの角質ケア「ナチュラルアクアジェル」

角質ケアアイテムとしてこの冬にオススメなのが、Cureの「ナチュラルアクアジェル」です。成分の約90%が水でできており、無香料・無着色・無防腐剤でつくられた肌にやさしいアイテム。肌荒れ防止効果のある「イチョウ葉エキス」「アロエベラ葉エキス」「ローズマリー葉エキス」の3つの天然植物エキスが配合されているので、お肌の調子も整えてくれます。顔はもちろん、背中や腕、脚など乾燥が気になる箇所すべてに使えるのもうれしいですね。
商品名:ナチュラルアクアジェル /価格:2,500 円(税抜)
※全国のドラッグストア、バラエティーショップ、スーパーマーケットなどにて販売。

角質ケアと合わせて使いたい!世界中で大ヒットの保湿パック

角質ケアと共にこの冬おすすめのアイテムが、韓国ブランド「MEDIHEAL(メディヒール)」の保湿パック「[Mediheal] Aquaring Ampoule Mask」です。
「MEDIHEAL」は、ソウル大学の一流医療美容専門学校から誕生し、今や全世界26か国に進出する大人気のシートマスク・パック専門ブランドです。
「[Mediheal] Aquaring Ampoule Mask」は、全世界で累計4億枚も売れており、美容マニアが箱買いするほどのヒット商品。人気の理由は、アンプル1本分の美容液がパック1枚に含まれているという贅沢さ。天然保湿因子「N.M.F」と潤い効果のあるヒアルロン酸Na、ハマメリス水がしっとり感を与え、さらに植物成分であるアラントイン、トレハロースが弾力あるお肌に導きます。
商品名:[Mediheal] Aquaring Ampoule Mask
※CREE`MARE by DHOLIC全店にて販売

ひきしめと保湿のW効果!Cureの「モイストセラムローション」

乾燥でくすみがちな肌におすすめのアイテムがCureの「モイストセラムローション」 です。少しとろみのある使い心地で肌にじんわりと馴染み、潤いをしっかりと閉じ込めてモチモチの肌へ。7種類の植物性ひきしめ成分をはじめ、天然セラミドや海洋性コラーゲン、馬プラセンタが高配合されているので、ハリと潤いのある肌へと導きます。無香料・無着色・パラベン不使用なので、敏感肌の方にも安心してお使い頂けます。
商品名:モイストセラムローション 保湿美容液化粧水 /価格 :2,500円(税抜)
※全国のドラッグストア、バラエティーショップ、スーパーマーケットなどにて販売。

ひと塗りで美白も手に入る保湿クリーム「トーンアップシュークリーム」

最後におすすめしたいのは、やはり韓国発ブランド「MILCOTT」の保湿クリーム「トーンアップシュークリーム」です。日本でも発売以来、徐々に人気となり、1ヶ月で累計1,000個を売り上げるヒット商品です。塗るだけで肌をトーンアップ!保湿成分80%配合のクリームが保湿膜を作りうるおいを長時間キープしてくれます。ハス、アスパラガス、エーデルワイス、マドンナリリーエキスなどの植物性エキスが、乾燥や刺激で疲れた肌をすこやかにケアしてくれます。
商品名:ミルコットトーンアップシュークリーム/価格:917円(税抜)
※CREE`MARE by DHOLIC全店、DHOLIC公式通販サイトにて販売。

参考サイト
株式会社Cure ニュースリリース


2019/01/10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

ニュース編集部