調査・アンケート

400人アンケートで判明!イマドキ30代のリアルな貯金事情

将来設計を立て始める30代の貯金事情を調査

30代といえば将来設計について考え始める時期でもあり、貯金についてシビアに考えてしまう時期でもあります。気にはなるけどなかなか聞けない30代の貯金事情。
そこで、カードローン情報サイト「カードローンの巨匠」(株式会社LeoSophia運営)が、30代の男女400人を対象とした、貯金に関するアンケート調査を実施しました。

30代の貯金総額の相場には大きな開きが

貯金総額で1番多かったのは「50万円未満(24.3%)」ですが、2位は「1,000万円以上」(14.1%)と、大きな差が出る結果に。相場は150~200万で、30代の過半数が150万円以上貯金していることがわかりました。
本調査では年齢・世帯構成・月収・ひと月当たりの貯金額・貯金を続けている年数の条件ごとに調査結果を比較しています。
年齢では30代後半のほうが、やや貯金しているという結果に。意外だったのは、独身でも結婚して家庭があっても、貯金額の相場は200~300万円未満と同じだったことです。
月収ごとの比較では、月収が高い人ほど貯金に回せる額も大きく、多く貯めている傾向でした。

誰でも確実に貯められる条件が明らかに

また、貯金を続けた年数が1年未満の人は相場が50万円未満ですが、10年以上の人は半数以上が400万円以上貯めていました。このことから、貯金総額を誰でも確実に大きくする方法は、長く続けることであるということが分かりました。 調査では、その他にも「毎月いくらずつ貯めているのか」「貯金している1番の理由は何か」といった結果も紹介しています。興味のある方は下記のURLからご覧ください。
https://iroha-cardloan.com/lp/30-saving/

<30代の貯金アンケート概要>
【調査名】
30代の貯金に関するアンケート
【調査目的】
2018年現在30代の人はどのように貯金をしているのか、その実態を知る
【調査対象】
30代の男女
【調査方法】
・選択式のWEBアンケート(楽天インサイト)
・選択式・記述式のWEBアンケート(ランサーズ)
【有効回答数】
・楽天インサイト400名(男性:157名,女性:243名)
・ランサーズ50名(男性:22名,女性:28名)
【回答率】
100%
【調査期間】
・2018年11月20日~21日(楽天インサイト)
・2018年11月10日~12日(ランサーズ)

参考サイト
㈱LeoSophia PRTIMES


2019/03/11

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

ニュース編集部