骨盤ベルト

2015/06/13

出産前後に使用する骨盤ベルト、メリットとデメリットは?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

出産前後に使用する骨盤ベルト、メリットとデメリットは?

腹帯や骨盤ベルト、産後のリフォームガードルなど、産前産後のケアグッズは種類も豊富です。妊婦さんからの腰痛の相談に産婦人科の看護師さんからの答えは。

妊婦さんからの相談:「産前の腰痛対策や産後の体型戻しに骨盤ベルトは必要ですか?」

妊娠前と比べて胸もお腹も大きくなり、立つ時のバランスが変わったせいか腰痛が出てきてしまいました。また、産後はすぐに骨盤を締めた方が良いと聞き、腰痛対策だけでなく産後の体型戻しにも骨盤ベルトが必要なのかなと悩んでいます。本当に骨盤ベルトは妊娠中や産後に必要でしょうか。数多く販売されているので、どれが良いのかわかりません。骨盤ベルトのお勧めの商品やメリット、デメリットがあれば教えて下さい。(20代、女性)

骨盤の歪みを軽減することで腰痛対策や安産にも

骨盤ベルトは腰痛の予防だけでなく、産後の骨盤の歪みや緩みを整えるといったメリットがあるようです。

お腹が大きくなると骨盤や背骨が前傾して姿勢が悪くなることや、妊娠中に分泌されるリラキシンというホルモンの影響などで腰痛がおこります。妊婦さん用の骨盤ベルトはお腹を固定し、骨盤の歪みを防ぐことで腰痛が改善されると言われています。 (産婦人科看護師)
骨盤ベルトはお腹の皮膚のつっぱりも予防するので妊娠線の予防対策としても利用され、保温効果もあります。デメリットは皮膚の締めつけによるかゆみや下腹部の圧迫感などがありますが、メリットの方が大きいため、妊娠中、産後もしばらくは着用した方がよいでしょう。(産婦人科看護師)
産後の骨盤が緩んだり歪んだままの場合、腰痛や身体の不調に繋がることも。骨盤を締めて正しい位置にすることで体型を早期に戻し、余分な脂肪がつきにくくなる効果もあるようです。腹帯にもバランスを整える、腰痛の緩和効果がありますが、骨盤を締める作用はありません。ただ骨盤ベルトは腹帯に比べ装着方法が難しく、ズレやすいのが難点です。 (産婦人科看護師)

試着をして身体に合うものを選ぶことが大事

身体に合わないものは逆効果になることもあるようです。

妊娠初期から使えるものもありますし、着脱が簡単で、洗濯ができ、通気性のよいものを選ぶとよいでしょう。売り場の店員さんにアドバイスしてもらった方が、合ったものを見つけられると思います。(産婦人科看護師)
病院によってはベルトの装着法やお勧めのものを紹介してくれるようです。毎日使用しますから、使用方法の確認や自身に合っているかを装着して確認することが一番です。店で何点か試着してみてください。通販での購入はお勧めはできません。身体に合わないものは逆効果となってしまう場合もあり得ます。(産婦人科看護師)

骨盤ベルトは腰痛や妊娠線の予防、産後の骨盤の歪みや緩みを整えるといったメリットが大きいようです。身体に合わないものは逆効果になることもあるので、試着して身体に合ったものを選ぶとよいようです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加