妊娠中の病気・身体の悩み

2015/06/13

胎嚢が確認できなければ自然流産?専門家へ相談してみた

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

胎嚢が確認できなければ自然流産?専門家へ相談してみた

妊娠しても、様々な原因で流産してしまうことがあります。対処法がわからず不安なママに産婦人科の看護師さん達がくれたアドバイスは。

ママからの相談:「胎嚢が確認できず自然流産しそうですが、対処できるか不安です」

妊娠に喜んでいたのも束の間、胎嚢は確認できずこのまま流産になると言われ、手術の日程を決めてきました。手術までの間に自然に出血が始まり流産することがあると言われたのですが、仕事中に始まってしまったら対処しきれるか不安です。大きめのナプキンを持ち歩くようにしようとは思っています。望みがないとあまり思いたくないのもありますが、子宮の中でどのような状態になると自然流産が始まるのでしょうか。 (30代・女性)

妊娠初期の自然流産の原因は受精卵の染色体異常が多いようです

残念なことですが、受精卵の染色体異常の場合は流産を防ぐことは難しいようです。

妊娠初期の自然流産は、10~15%の頻度で見られ、多くの場合は、妊娠初期の12週未満(3カ月以内)に起こります。この時期の流産の60~70%が、胎児側の原因(染色体異常など)と言われています。受精した時点で発育困難であることが決まっている場合が多いのです。この場合、ほとんど流産を防ぐことができませんが、次の妊娠に影響するとは言われていません。(産婦人科看護師)

月経と同様に対処しましょう。出血後は必ず受診を

出血量が多いこともあるようですが、月経と同様に対処するといいでしょう。

化学流産の場合、腹痛などの自覚症状はなく、普段の生理と同様に子宮の内膜が剥がれて出血します。普段の生理と違い、出血量が多かったり、塊が出るかと思います。その後、エコーで子宮の中に残骸がないか確認され、残っている場合は中絶と同じような処置がされますが、ほとんどの場合は残骸がなくそのまま経過をみます。(産婦人科看護師)
現在、子宮内に胎嚢がはっきりわからず、赤ちゃんを育てるための働きは止まっている状態であると思われます。そのため、生理出血と同様に子宮内膜がはがれ、体外に排出することも起こり得ます。(産婦人科看護師)
普段の生理と考えて対処して下さい。出血量が多いかもしれませんから、大きめのナプキンを準備しておくとよいでしょう。(産婦人科看護師)

化学流産の場合、腹痛などの自覚症状がないことも多く、普段の生理と同様の出血があります。生理2日目程度の出血があるので、夜用などの大き目のナプキンを持ち歩くようにしましょう。出血の後も必ず受診をして子宮内の状態を確認してもらいましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加