産後の身体の悩み・トラブル

産後の肌トラブルが治らない…脂漏性皮膚炎は起こりやすい?

出産後はさまざまな変化があり、肌トラブルもその1つです。今回の相談者さんは、産後に初めて脂漏性皮膚炎になってしまったのですが、なかなか改善しないようです。産後に脂漏性皮膚炎などの肌トラブルが起こるものなのでしょうか。そこで、専門家に相談してみました。

30代女性からの相談:「産後の肌トラブルが治らない」

産後2ヶ月くらいしてから鼻の下が荒れはじめ、赤く皮がむけるようになりました。痛いわけでもなく、皮がむけるのですこし突っ張った感じがしています。皮膚科に通ったら脂漏性皮膚炎と言われ薬を塗っていますが、一向に治りません。これまでは肌は強い方で、肌トラブルとは無縁の生活をしてきました。そのため、本当に脂漏性皮膚炎で肌が荒れているのか疑問です。産後に急に肌が脂漏性皮膚炎になってしまうことはあるのでしょうか。(30代・女性)

産後は脂漏性皮膚炎に限らず肌トラブルが起こりやすい

妊娠・出産でホルモンバランスが変化するため、肌トラブルを起こしやすくなります。脂漏性皮膚炎もその1つと考えられます。

妊娠中や産後は女性ホルモンの変化・自律神経の乱れによってマイナートラブルが起こります。特に起こりやすいのが皮膚のトラブルです。産後の脂漏性皮膚炎は頭皮に起こることが多く、それによるフケや脱毛に悩む方は多いです。鼻の下の皮膚が剥けてしまうのも、産後の女性ホルモンのバランスがこれまでとは変化したことが原因の可能性は高いです。(看護師)
妊娠・出産でホルモンバランスが大きく変化しますから、肌トラブルが起こりやすくなります。脂漏性皮膚炎は常在するカビの一つのマラセチア菌が、皮脂や汗などの分泌物をエサに増殖したものと思われます。女性ホルモンの分泌は大きく変化するため、それに伴い、皮脂の分泌にも変化が起こり、脂漏性皮膚炎を起こしたと考えられます。一般的に抗真菌薬の軟膏が処方されます。(看護師)

生活習慣を見直しても改善しなければ受診しよう

栄養バランスの乱れや睡眠不足によっても、肌トラブルが起こるようです。洗顔や保湿を変えても改善しなければ、再度皮膚科を受診しましょう。

現在の薬で改善が見られないのであれば、一度別の病院で受診することをおすすめします。処方薬が効果的かどうか、悪化してしまう前に判断してもらうとよいでしょう。また、皮膚トラブルは、栄養バランスの乱れ・睡眠不足・ストレスなどにも影響を受けます。育児でこれらの生活習慣が十分に整わない状況だと思います。なるべく赤ちゃんと一緒に休み、休息時間を確保するようにしましょう。(看護師)
顔を洗う時は泡洗顔で優しく洗い、石鹸カスが残らないようしっかり洗い流してください。通常使用しているものでいいので、化粧水やローションで保湿してください。紫外線の刺激を避けるため、外出する時は帽子をかぶるなど対策をしてください。日焼け止めは皮膚への刺激が弱いものを選びましょう。脂っこい食事は控え、ビタミン類を多めに摂るようにするとよいですね。皮膚科で処方された薬で1ヶ月経っても改善されないようでしたら、再度、皮膚科を受診してください。(看護師)

産後はホルモンバランスの変化や睡眠不足などで、脂漏性皮膚炎などの肌トラブルが起こりやすくなっています。生活習慣や洗顔、保湿の方法を変えても改善しなければ、再度皮膚科を受診しましょう。

座波 朝香(ざは・あさか)
助産師・保健師・看護師・タッチケアトレーナー。病院産婦人科での勤務を経て、株式会社 とらうべ 社員。妊娠・育児相談、産後ケアや赤ちゃんタッチをはじめ妊娠・育児講座などに定評があり、精力的に活動中。

2019/04/02

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)