おりもの

生理前だけじゃない…気になるおりものの臭い、いったい何が原因?

おりものの異常は女性特有の悩みですよね。今回の相談者さんもその1人で、生理前に限らず臭いが気になり、何か問題があるのではと心配しているようです。専門家からはどんな回答が寄せられたでしょうか。

おりものについての相談:「生理以外でも気になるおりものの臭い」

私は今授乳中で生理も来ていない状態ですが、妊娠前からおりものの臭いが気になることがたまにありました。生理が来る前だけでなく、全く関係ない時にも臭うことがあり、生臭いような感じの臭いでした。お風呂に入って綺麗にしても、何度かトイレに行くとまた同じ臭いがしていました。生理前だとホルモンの関係かと思いますが、それ以外はどんな問題があったのでしょうか。(30代・女性)

生理前の臭いは女性ホルモンが原因。年代による変化も

生理前に臭うのは女性ホルモンが原因の可能性があるようです。年代や体調の変化が影響することがあるとの意見もありました。

生理前は女性ホルモンの働きが活発になり、おりものの臭いが強くなる上に量も増えるので、雑菌が繁殖しやすくなり、生臭くなってしまうと考えられます。正常なおりものであっても月経直後は臭いが強いこともあります。それ以外の時期はあまり臭わないのが普通です。おりものシートやタンポンをつけっ放しにすることで雑菌が増え、臭いが強くなることもあります。(看護師)
生理前であればホルモンの影響が大きいと考えます。排卵期や月経直前はおりものが増えます。おりものの量は月経後、排卵期に少しずつ増えていき、生理と生理の中間の排卵期にピークに達します。その後、黄体期になると量が減ります。そして生理後、再び増えるというサイクルを繰り返しています。(看護師)
おりものには年齢の影響もあり、20~30代が最も多くなりますが、体調の変化も関係しており、体調不良の時にはおりものが増えます。個人差があるので下着に少し付くぐらいでしたら気にすることはないでしょう。おりものシートをつけっ放しにすると細菌が繁殖し、おりものが増えるという悪循環を起こします。長時間つけっ放しにするのはやめましょう。(看護師)

膣内の常在菌が原因となることも。洗い過ぎにも要注意

膣内の常在菌が臭いの原因となることがあるようです。抗生物質や洗い過ぎが菌を増殖させることがあるとの声も寄せられました。

生理とは関係のないタイミングで生臭くなる場合、「細菌性腟炎」を起こしている場合が多いです。腟にはデーデルライン桿菌という善玉菌が常在しています。この菌が悪玉菌の侵入や増殖を防いでいるのですが、ストレスや疲労などによって菌の働きが弱まると、悪玉菌が増殖し、細菌性腟炎を発症してしまいます。(看護師)
風邪を引くなどして抗生物質を服用した時や、トイレのビデ機能などで膣を洗い過ぎた場合も善玉菌を減らしてしまいます。そのため「細菌性腟炎」の発症に繋がることがあります。(看護師)

おりものの臭いにはさまざまな原因がありますが、おりものシートやタンポンのつけっ放しが原因となることもあるようです。洗い過ぎに注意し、シートやタンポンはこまめに取り換えて常に清潔に保っておくのが良いようです。

参考資料:
All about「正常なおりもの・異常なおりもの【婦人科医が解説】

監修者:南部 洋子(なんぶ・ようこ)
助産師・看護師・タッチケアトレーナー。株式会社 とらうべ 社長。国立大学病院産婦人科での勤務を経て、とらうべ 社設立。医療職が企業人として女性の一生に寄り添うことを旨とし、30年にわたって各種サービスを展開中。

2019/03/15

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)