痙攣(けいれん)

熱性けいれんは何歳ごろまで続く?違う病気に発展する可能性は?

再発する場合があるといわれる熱性けいれんですが、いつ頃まで続くものなのでしょうか。今回は5歳の女の子についての相談です。これまで2年に1回の頻度で熱性けいれんを発症してきましたが、成長しても続くものなのか、また、違う病気に発展することはないのかとママは心配しています。専門家からはどのような回答が寄せられたでしょうか。

5歳児のママからの相談:「熱性けいれんの再発時期について」

5歳の娘は1歳頃に初めて熱性けいれんを起こしました。発症した3割の子どもが再発すると聞いたことがありますが、娘も2年に1回の頻度で発症しています。かかりつけ医に座薬のダイアップを処方していただき、保育園でも座薬を預かっていただいていますが、熱性けいれんは年齢があがっても続くものなのでしょうか。もともと風邪を引きやすいなど身体が弱いこともあり、熱性けいれんから何か別な病気に発展してしまうのではないかと不安です。(30代・女性)

成長とともに落ち着く再発。合併症に要注意

再発率は低くはないものの、発作自体は命に関わるものではなく、通常成長とともに落ち着いてくるようです。

「熱性けいれん診療ガイドライン2015」によると、熱性けいれんは一度発症した場合、再発の確率は30%程度とされています。遺伝素因や1歳未満の発症、発熱と発作の間隔が短時間(概ね1時間以内)、発作時の体温が39℃以下などの再発予測因子がある場合、繰り返す児もいます。(看護師)
熱性けいれんは、生後6ヶ月から5歳までの子どもに発症し、38℃以上の高熱に伴う発作性の疾患です。けいれんを起こすほか、意識を失う、一時的に脱力し一点をぼーっとみつめる、白目をむくなど、非けいれん性のものも一部にみられます。また、けいれん発作で熱に気づく場合もあります。熱性けいれんを起こした子の30%程度が何度か繰り返します。けいれん発作自体が命に関わることはなく、通常は年齢が上がるにつれ、発作を起こさなくなります。(看護師)
発作を起こしたら慌てず、時間を見ながら全身をよく観察して下さい。5分以上続くようでしたら救急車を呼んで下さい。舌を噛まないようにと口に何かを入れることはしないようにしてください。また、発熱が数日継続している状態で突然けいれんを起こした場合は、脳炎や髄膜炎などの合併症も疑われます。(看護師)

てんかんの可能性も。場合によっては受診を

5歳以上で発作を繰り返す場合、てんかんの可能性もあるようです。異常を感じたら早めの受診が必要との声が寄せられました。

万が一、けいれん発作が5分以上続く、けいれんの強さに左右差がある、身体の一部だけにけいれんが起こる、1日に何度もけいれんを起こす、熱はないのにけいれんを起こす等の症状がある場合はてんかんの可能性もあるため、早急に病院を受診して下さい。(看護師)
発症は1~2歳に多く、もし5歳以上で発作を繰り返したり、発熱のない時に発作を起こしたりする場合はてんかんの可能性も考えられます。発熱がないのにけいれんを起こす場合、てんかん以外にも脱水や低血糖、以前に頭を打った、ケガしたことが脳に影響していることなどの可能性があります。(看護師)
現在5歳とのことですので、今後もけいれんが頻発する場合は専門病院で精密検査を受けることをお勧めします。けいれんが身体の一部分にのみ起こる、15分以上継続する、24時間以内に複数回繰り返す等の場合は、単純な熱性けいれんではない可能性があります。救急外来を受診するようにしましょう。(看護師)

熱性けいれんが起きたら落ち着いて対処するのが良いようです。けいれんが5分以上続くなら救急車を呼ぶ必要があるとのアドバイスもありました。

参考:
日本小児神経学会監修「熱性けいれん診療ガイドライン2015」診療と治療社 2015年3月

監修者:青井 梨花(あおい・りか)
助産師・看護師・タッチケアトレーナー。病院や地域の保健センターでの勤務を経て、株式会社 とらうべ 社員。妊娠・出産・育児相談や女性の身体の悩みに関する相談に親身に応じ、赤ちゃんタッチ講師も務める。一児の母。

2019/05/09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)