下痢

繰り返す便秘や下痢…子どもの健康な排便を促す対処法とは?

お子さんの便秘や下痢で悩む方も多いのではないでしょうか。相談者さんのお子さんは、食事に気をつけているものの、便秘や下痢を繰り返してしまうようです。一体なにが原因なのでしょうか。また、何か対処法はあるのでしょうか。専門家に相談してみました。

30代女性からの相談:「便秘や下痢を繰り返す我が子が心配」

もうすぐ2歳になる息子ですが、3日ほど便が出ず、硬い便が出たらその日は柔らかい便が下痢のように出るということを繰り返しています。下痢の時にお腹が痛くて泣いたりはしないのですが、便が出ていない数日はお腹が張っているようでなかなかご飯を食べてくれません。元々よく食べる方なので、便が出た日はきちんと食べてくれます。毎日健康な便が出るようにバナナや牛乳、フルーツは食べさせています。水分も補給しています。他に何をしてあげれば便秘と下痢を繰り返すことなく、毎日健康な便が出るようになるのか教えて欲しいです。(30代・女性)

便の状態や便秘のサインを確認しよう

子どもによっては、トイレトレーニングがきっかけで便秘になることがあるようです。精神的な原因も含めて便秘のサインを見逃さないようにしましょう。

便は腸に留まる時間が長くなるほど硬くなります。硬い便は3日溜まったもので、その後に出てくる柔らかい便は比較的新しい便だと考えられます。(看護師)
便秘のサインは強くいきんでいたり、お腹が張る、おならが多い、食欲がないなどです。2~3日なら様子を見ても大丈夫でしょう。4日目以降も便が出なかったり、食事に影響する場合は小児科に相談に行くことをおすすめします。(看護師)
1から2歳にかけての便秘はトイレトレーニングがきっかけで便秘になる子どもは少なくないそうです。親の声かけでのプレッシャーやトイレの環境が変わるなど精神的な原因もあるかもしれません。(看護師)

対処法は運動やマッサージ

健康な排便を促すためには、規則正しい生活や食習慣が大切です。その他にも運動や「の」の字マッサージで、腸の動きを活性化しましょう。

排便のためには腸が動くことが必要です。適度に運動をし、身体を動かすことを心掛けてみてください。また、食べることにより腸が反応して運動をしますので、規則正しい生活をすることや3食をしっかり食べることも大切です。お腹が張っている時は、お子さまに向かって時計回りになるようにおへその周りをゆっくりマッサージしてあげてください。お腹に耳を当ててコロコロという音が聞こえていれば腸が運動している証拠ですので、目安になりますよ。(看護師)
食事や水分補給など普段から気をつけておられますが、その他に出来ることといえば、お腹の「の」の字のマッサージや、味付けを砂糖の変わりに麦芽糖やオリゴ糖を使用したり、2歳の子どもでも食べられそうなおからクッキーやおからハンバーグなどを取り入れたりしてみましょう。それらは整腸作用があり、便秘の予防や改善が期待出来ます。いつもの食事に取り入れてみてはいかがでしょうか。(看護師)

子どもは、トイレトレーニングなどがきっかけで便秘が起こるようです。便秘のサインを確認し、食事以外にも運動やのの字マッサージで便秘を改善しましょう。

参考:
KIDSNA「【小児科医監修】子どもの便秘の正しい解消法とすぐにできる便秘予防


2019/06/05

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

助産師/看護師/保育士河井 恵美