話題・時事ネタ

意外と多い子どもの「隠れ花粉症」 空気清浄機を上手に使って対策を!

意外と多い子どもの「隠れ花粉症」。空気清浄機を上手に使って対策を!

これまで、花粉症は発症まで一定の年月が必要とされるため子どもは花粉症にならないと言われていましたが、近年花粉症患者の若年化が進み、中学生や小学生でも発症することが分かってきました。また、花粉症という認識はなかったが実は花粉症だったという、「隠れ花粉症」と言える子どもが一定数いることが判明しました。

発症時期は中学入学前が全体の95.4%、隠れ花粉症は25.7%

ジェイアイエヌ(JINS)が20~50代の母親500名を対象に実施した「子どものアレルギーと花粉に関する実態調査」(2017年)の結果、花粉症を持つ小中学生の子どもは52.6%と過半数の子どもが花粉症であることが判明しました。
また、発症時期に関しては、小学校入学前が全体の48.2%、中学校入学前ではなんと全体の95.4%と発症時期の若年化が明らかになりました。さらに、「別の症状だと思って病院に行ったら花粉症だった」といういわば「隠れ花粉症」の子どもが全体の25.7%いることが分かりました。

子どもの花粉症、親が注意を払い早期発見で対策を!

子どもは、自分が花粉症であることを認識できないので、親が子どもの異変に早く気付いて対策してあげることが大切です。
子どもの場合、かゆみを我慢できずに目や鼻を掻きすぎて、「結膜炎」「副鼻腔炎」「後鼻漏」「中耳炎」などを引き起こす可能性が高いので、長びく鼻水やくしゃみなど気になる症状があれば花粉症を疑い、早めに対策してあげましょう。

山川卓也先生に聞く子どもの花粉症の注意点

Q1:子どもの花粉症に早めに気付くためには?
山川先生:この季節、雨上がりの風の強い日に、子供たちは外で遊んだり、学校で屋外で学習をしています。帰宅したお子さんの顔をみれば目が腫れていること、鼻を詰まらせていることがよくあります。また睡眠時に鼻つまりでおきてしまったり、いびきが大きいなどでもわかると思います。
Q2:子どもの花粉症と大人の花粉症は違いますか?(症状など)
子供の症状は典型的で鼻炎と目です。花粉症でも何年も繰り返していると症状は全身へ広がり、咳、皮膚、熱などの症状が多くなると言われています。最近増えてきた子供の症状は目なのではないかと思います。
Q3:子どもの花粉症で気をつけることは?
どうしようもないかなと思います。学校で屋外授業があれば浴びてしまいますから。学校によっては屋内での学習にしているところもあります。帰宅したら顔と手を洗うこと、着替えることでしょうね。また嫌がらずに薬を定期的に内服することが対症療法です。

医師が薦める自宅でできる花粉対策とは?

まずは屋内に極力花粉を持ち込まないことが大切です。以下は、山川先生おすすめの対策法です。
①帰宅した際は玄関先で衣類や帽子などの花粉を払い、屋内に極力花粉を持ち込まないように。花粉落としスプレーなどを活用するのもおすすめです
②帰宅後は、洗顔とうがいを行う。目は洗眼薬などを使用するのも。また、子どもは濡れたタオルで髪の毛を拭くと良いとも言われています
③飛散量の多い時期は窓や戸を閉めておき、花粉の侵入を極力防ぐこと
④衣類をこまめに洗濯する
⑤部屋の掃除を励行しましょう
⑥空気清浄機を使用するのもおすすめ。空気清浄機内のへパフィルタが有効だという報告もあります

プラスアルファの機能をもつ空気清浄機がおすすめ!

最近の空気清浄機は、扇風機やエアコンなど、2つ以上の機能を併せ持つものが発売されています。
中でもPM2.5よりも細かいPM0.1の目に見えないゴミやウィルスもキャッチでき、冬はファンヒーター、夏は扇風機として使える「ダイソン ピュア ホット&クール(Dyson)」や、放電でアレル物質や有害化学物質を分解・除去し、除湿・加湿・脱臭・集塵ができる「ダイキン クリアフォースZ(ダイキン社)」、プラズマクラスターイオン濃度を高めることにより空気浄化力の向上に加えて、消臭やカビ増殖抑制効果も期待できるエアコン「SHARP J-Xシリーズ(SHARP社)」など、プラスアルファの機能をもつものがおすすめです。
空気清浄機を上手に使って、花粉の時期を乗り切りましょう。

ssDyson-Pure-HotCool_LL
写真:ダイソン ピュア ホット&クール(Dyson)

参考サイト

ダイソン公式オンラインストア/ ダイキン工業/ シャープ株式会社

監修:医療法人青翔会 山川耳鼻咽喉科医院
順天堂大学耳鼻咽喉科非常勤講師
理事長 医学博士 山川 卓也 先生
日本耳鼻咽喉科学会認定専門医、日本耳鼻咽喉科学会代議員。昭和61年順天堂大学医学部卒業後、順天堂大学医学部耳鼻咽喉科学教室入局。
著書である「知っておきたい花粉症の予防と治療」(ブティック社/2004年)では、花粉症自己診断や対策グッズなど、より身近に行える花粉症対策を紹介。耳鼻科医として、花粉飛散時期には多くの患者様の花粉症治療を手掛けている。

2019/03/16

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

ニュース編集部