子育て

スイミングの習い事。子どもにとってメリット?デメリット?

スイミングの人気の理由は?

ケイコとマナブの子どもの習い事ランキングでも、毎年第1位のスイミング。周りを見ても、スイミングに通う子どもたちは本当に多いですよね。「うちはあまり習い事をさせない主義なの」というママたちでも、なぜか「スイミングだけは例外」というケースも少なくありません。
どうしてスイミングはこんなに人気があるのでしょうか。ここではその理由をまとめてみましょう。心肺機能を鍛えるので喘息にも効果があるというのはよく聞きます。また、幼児期に全身運動であるスイミングを頑張ることで、子どもの基礎体力がつくということもメリットの一つでしょう。情報通のママたちは、東大生の半分以上がなんらかの形での水泳の経験者であるというデータもご存じかもしれませんね。体力がない子は、勉強でもここ一番というときに踏ん張りがきかないというのは、今も昔もよく言われることの一つ。水着に着替えさせてプールの中に入ってしまえば、あとは先生が面倒を見てくれるという手軽さも人気の秘密なのかもしれません。

スイミングのデメリットも知っておこう

ふだんあまり聞く事のないスイミングのデメリットも見てみましょう。スイミングスクールに通う最大のデメリットは、その人気ゆえの通う子どもたちの多さでしょう。「スイミングで水イボもらってきちゃった」「ベビースイミングのあと、子どもが結膜炎になっちゃって」という話はよく聞きます。スイミングに通いはじめる際には、これらの感染症にかかるリスクがある程度あることは知っておく必要があるでしょう。また、消毒のために強い塩素を使っているところは、アトピー肌の子どもたちは痒くなってしまったり肌荒れの原因になることもあります。最近は、オゾン殺菌装置を導入することで塩素の弱い水質を実現しているスクールもありますが、それでも肌への刺激はある程度覚悟する必要があるでしょう。
また、スイミングスクールと一口に言っても、教えるコーチもひとクラスの人数も進級の仕方もさまざまです。進級の際に賞状やメダルのようなご褒美をあげたり、お菓子を配布するところも。スクールに通う子どものモチベーションを持続するしかけには各スクールそれぞれの工夫が見られます。子どもとの相性のいいスクールを選ぶことは、その後そのスクールに長く通うためにも必須でしょう。

スイミングに通う子どもがいるママの悩み

スイミングに通い始めたはいいけれど、途中で子どものやる気がなくなることはよくあります。特に冬など寒い季節は、プールに入ること自体気が進まない子どもは多いですし、ある程度大きくなると、放課後友だちが遊んでいる時間に自分だけ習い事に行くことを拒否することも出てくるでしょう。
先生と相性が合わず、「あの先生に習うならもう行きたくない」と言い出すこともあります。最近は、一度叱られたり注意されたりすると子どものほうが後を引くケースも多く、説得して通わせることに苦労するママたちも。

・通うきっかけは?親の本音を見てみよう
実際スイミングスクールに通わせるきっかけとして、どんなものがあるのでしょうか。意外に多かったのは、費用が比較的安く済み、天候に左右されないという点。確かに運動系の習い事では雨天中止のものも多いですし、週に一度のコースで月謝は6000円~7000円代のところが一般的と月謝もリーズナブル。学校のプールの授業だけではちっとも泳げるようにならないので、スイミングに通わせるしかないというママもいる一方で、お子さんが赤ちゃんの頃から水遊びが好きで、得意なことを伸ばしてあげたいので通わせているという声もあります。子どもの水泳嫌いを克服するために、嫌がる子どもを無理やり通わせているケースでは、クロールや平泳ぎまで進んだらやめようと親子で決めて頑張っている親子もいます。

スイミングを習ってみたくなったら

実際に習おうと思ったら、まずは無料体験に行ってみましょう。更衣室、シャワールームなど、案内してくれるところが多いです。更衣室などではロッカーも覗いて衛生面をよくチェックしましょう。トイレの掃除が行き届いているか、フロントスタッフの雰囲気はいいかなど、意外にチェックポイントは多いです。忘れ物をした際は貸してくれるのか、送迎のバスは出ているのかなども確認してみましょう。寒い季節には風邪をひかせないためにも、施設内に髪の毛を乾かすドライヤーはあるのかなどが気になるママも多いでしょう。

スイミングに限らずすべての習い事に共通して言えることですが、子どもが楽しく習い事に通うことが一番大切。そのためには、親がきちんと我が子の成長を認めて、褒めてあげることも不可欠でしょう。水泳などは目標設定がしやすく、達成度も目に見えやすいので、親御さんにとっては褒めやすい習い事と言えるでしょう。「ずいぶん泳げるようになったね」「次に進級したら、海に行こうね」など、楽しみを提示してあげることで子どもは頑張れたりするものです。見学ルームがあるので目があったら手を降ってあげるなども効果的です。ママ友との楽しいおしゃべりに花が咲く待ち時間ですが、目線はガラス越しの我が子に向けているのが良いでしょう。


2019/07/29

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

イクシル編集部