子供の年齢別の悩み

社会性や知能が発達する3歳児!好奇心を満たすおすすめの遊びとは?

3歳児の身体、知能、精神面の特徴を知ろう

赤ちゃんと呼ぶにはもう大きいし、でもまだこちらの言っていることがわかっているんだかいないんだか・・・という微妙な3歳児。2歳からのイヤイヤ期や第一次反抗期がまだ続いている子も多いでしょう。ママやパパにとっても、幼稚園や保育園で周りの子どもたちと我が子を比較したり、他の子より遅れているのでは?とちょっとしたことでも焦ってしまったり不安に思ってしまったりする時期でもあります。ここでは、3歳という年齢と成長について、わかりやすくまとめてみたいと思います。

まず3歳児の身体的な特徴として、体つきがしっかりし、思うように体が動かせるようになるので遊びの幅が広がるという点が挙げられます。届かなかった自転車のペダルに足が届くようになったり、シャボン玉がこぼさずに吹けるようになったり、この時期は昨日できなかったことが今日できるようになる、成長の黄金期です。
身体的な成長だけではなく、幼稚園や児童館で社会生活の第一歩を踏み出す時期でもあるので、家の外で一定のルールに触れることで社会性が磨かれて精神面でも成長する時期でもあります。特定のぬいぐるみを遊び相手にしたり、兄弟姉妹がいる場合は上の子とも遊べるようになってきたりとの変化が見られることもあるでしょう。知能の発達とともに言葉もどんどん出るようになり、この頃からお勉強系の習い事を始める熱心なママたちも多いのではないでしょうか。

3歳児の成長を助ける遊びとは?

その年齢には、その年齢の成長を助ける遊びや運動をさせましょう。たとえば、あまり小さい頃からテニスなどの体の片側のみを駆使するスポーツをしすぎると、筋肉が体に均等につかなくなってしまうということもあります。運動能力の基礎が出来る時期でもあるので、なるべく体全体を使った、左右差のない遊びをさせましょう。たとえばトランポリンなどはバランス感覚も身につき、集中力も高めると言われます。三輪車や自転車は全身のバランスや足の筋肉を鍛えるのでおススメです。他の子どもたちとたくさん触れ合える公園での滑り台やブランコやボール遊びも、ただ遊んでいるように見えて、体と心の基礎を作ることに大きく貢献します。
また、この時期には知能の成長を助ける遊びもどんどん取り入れましょう。たとえばごっこ遊びひとつとっても、2歳まではできなかったストーリーを考え出す力が3歳ころには身についてきます。想像力をふんだんに発揮したごっこ遊びで見られる子どもたちの鋭い観察力には、見ている大人が驚かされるほどです。公園などで、探検遊びや宝探しなどを複数の子どもたちでやっている姿も見受けられますが、子ども本来の自由な好奇心で自分たちだけの遊びを作り出せることは、子ども達の創造力が優れている証拠です。決まったルールに従って遊べることも大切ですが、自分で楽しみや価値を作り出せるクリエイティビティが必要だと言われるこれからの社会では、こういった型にはまらない遊びをどれだけ子どもの頃にしてきたかが成功の鍵となるのではないでしょうか。

道具を使った遊び

雨の日や、子どもがちょっと風邪気味で外遊びは控えたいとき、子どもが好きな室内遊びのレパートリーをいくつか持っておくと便利です。楽だからとついついテレビを見せたりゲームをさせてしまいがちですが、子どもが情緒豊かに成長していくためにはスクリーンタイムはなるべく少ない方がベターです。ここでは、どのお宅にもある道具を使った家遊びをいくつかご紹介します。


・お絵描き
画用紙とクレヨンやクーピーがあればいつでも出来るお絵かき。簡単に用意が出来るので旅行先に携帯するママも多いのではないでしょうか。絵を描くのが上手なママなら、キャラクターや動物の絵を書いてあげて即席の塗り絵も作ってあげることが出来ます。

・ハサミを使った遊び
3歳くらいになると器用に紙が切れるようになってきます。子ども用の安全な設計のハサミを一つ用意すると良いでしょう。散らかるとお掃除は大変ですが、紙を小さく切り刻んだり、細長く切ってヘビを作ったり、丸く切って数字を書くとお買い物ごっこ用のお金になったり。ハサミひとつで十分楽しめます。

・ねんど遊び
子どもが大好きな室内遊びのテッパンのねんど遊び。今は、100円ショップなどでも豊富な種類のねんどが手に入ります。また、ねんど用のハサミや型なども売っているので、工作が苦手なパパやママでも一緒に楽しむことが出来ます。

・のりを使った遊び
のりを使うと、遊びに一気に広がりが出ます。ハサミで切った折り紙を白い画用紙に貼ったり、折り紙同士を貼り付けて大きくしたり。最初のうちは、大人がのり担当になってつけてあげるといいでしょう。子どもが自分でやりたがったら手伝ってあげて。手にもベタベタつくので、お手拭きの準備は必須です。葉っぱや木の実など、お散歩で拾ってきた自然の材料を一緒に貼り付けたりすると、家の中に飾れる素敵なインテリアになります。

・風船遊び
風船は、室内で出来る最もアクティブな遊びのひとつです。スペースの確保は必要になりますが、ふくらませた風船が落ちてくるのをジャンプして叩くという遊びが子どもたちは大好き。時間を忘れ、夢中で遊んでくれます。新聞紙を丸めてバットを作って風船をボールに見立てて打ったりする遊びは特に男の子に大人気です。

この他にも、プラレールやパズル、おままごとや絵本の読み聞かせなどが室内で出来る代表的な遊びでしょう。お子さんの性別や好みでも違いますが、上にあげたいくつかは性別に関係なく楽しめる遊びと言えます。

親子で一緒に遊びを楽しむのは子育ての醍醐味

工作なんてやったことない、というママは意外と多いものです。運動は苦手でやるのも見るのも楽しめない、というママも多いでしょう。ですが、自分も子どもと一緒に楽しむ気持ちで童心に返って色々なことにチャレンジしてみると、案外楽しめている自分に気が付くことも。週末の公園の砂場では、シャベル片手に子どもよりトンネル堀りに一生懸命になっているパパの姿も珍しくありません。

・お手伝いも立派な遊び
家事の中には、ご飯のときに箸を揃えてもらう、コップを運んでもらうなど、子どもでも出来ることがたくさんあります。料理の際に、子ども用の包丁で豆腐やきゅうりを切ってもらうのも良いでしょう。
何かやってもらったら、その上手下手に関わらず、「ありがとう!助かったよ」と感謝の気持ちを伝えることが大切です。それが将来、子どもたちが人の役に立つ喜びを知ることにもつながります。
家事は、ママにとっては単なる日常の雑務でも、子どもにとっては楽しい発見の連続。ぜひお手伝いを積極的にしてもらいましょう。

・遊ぶときに注意すること
どんなに子育て上手なママでも、時にどうしても口から出てしまう「ダメでしょ!」という言葉。なるべく言いたくないですよね。そのためには、「ダメ」と言わなくても済む環境で遊ばせることが一番です。危険のない場所、少しくらいヤンチャをしても他人に迷惑をかけない場所や、お家でも「今日は散らかってもいいや」という日を設定するなどし、子どもがのびのび遊べる環境づくりが大切です。

また、3歳頃の子どもたちは体が少しづつ大きくなり、運動能力も著しく成長する時期なので、親が思っているよりも遠くへ手が伸びたり、高いところに登れたりすることができるようになっています。椅子から落ちたり階段から落ちたりする転落事故が増える年頃なので、家の中で遊ぶときは目を離さず、大人のいる部屋から死角になる部屋で子どもだけを遊ばせないようにしましょう。道具を使うときも同様、ハサミなどは管理をきちんとしないと思わぬ事故やケガに繋がるので要注意です。


2019/09/22

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

イクシル編集部