おもちゃ・遊具

三輪車デビューはいつから?かしこいタイミングと選びかた

1歳の誕生日にプレゼントする人が多い三輪車。子どもに大きな成長を促してくれる三輪車は、教育の現場でも子どもの発育の目安として使われています。昔と違って今の三輪車は種類も豊富で驚くほど進化していますが、購入するタイミングはいつがいいのでしょうか?ここでは三輪車を購入するベストなタイミングや選ぶポイント・注意点などを、三輪車の種類別と年齢別に分けて紹介していきます。

三輪車を買うのは何歳がベスト?

三輪車を買うタイミングは、1歳半~2歳頃がベストタイミングです。
三輪車をこぐには少し早い時期ですが、最初からこげる子はほとんどいないので心配しなくても大丈夫です。
まずは、歩けるようになる1歳半頃から三輪車に慣れて、ペダルに足をかけるようになれば自然とこぎ方を教えていきます。

・三輪車に乗るメリット
実は「三輪車」は、子どもの脳と体の発育にとてもよいものです。
三輪車を「こぐ」という行為は、子どもにとって高度な技術が必要なので、保育園や幼稚園などの教育の現場でも、子どもの発育の目安として使われているほどです。
そんな三輪車には、どんなメリットがあるのでしょうか?


【バランス】・・・三輪車で身につけたバランス感覚が自転車の練習に役に立つ!
見た目では安定感のある三輪車ですが、子どもが乗るにはそれなりのバランスが必要です。
三輪車は乗って遊んでいるだけで、自然とバランス感覚を養うことができます。
バランス感覚やハンドル操作を養っておくと、次のステップの自転車へと比較的簡単に移行することができます。

【足の筋力】・・・三輪車は子どもの足と体全体の筋力の発達に良い効果がある!
三輪車はこげなくても、両足で地面を蹴って前に進むだけでも全身運動になります。
足に力がついてくると、ペダルをこぐことができるようになり、足の筋力がよりアップするだけでなく体幹までも鍛えることができます。
この筋力やペダルをこぐ動作は、自転車に乗るときに役立ちます。

【判断能力】・・・三輪車は子どもの脳に新しい刺激を与える!
三輪車は自分自身の力でこげる練習をして、初めて乗れるようになる“自分だけの乗り物”です。
自分の力を与えることで、行きたい方向に進めることが子どもの脳に新しい刺激を与えます。
いろいろな失敗を経験しながら学習することで、安全に乗るためのとっさの判断と反射神経が育っていきます。

【外遊びが好きに】・・・三輪車がきっかけになって外で活発に遊び始める!
三輪車に乗れる頃の子どもは、最も成長の著しい時期です。
遊び方も家の中から外へと活発になり、行動範囲も広がっていきます。
この時期に三輪車が上手に乗れるようになることで、外遊びや体を動かすことが“大好き”という感情が芽生えてきます。

・三輪車で遊ぶのはいつからいつまで?
親が操作できる手押し棒が付いたベビーカー兼用のものであれば、0歳の赤ちゃんからでも三輪車には乗れます。
三輪車を「こぐ」ことができるようになるのは、2歳半~3歳くらいです。
一般的に三輪車で遊べる対象年齢は、1歳半~4歳頃までですが、成長の状態では5歳頃まで遊べるケースもあります。
三輪車はサドルの調節ができないので、体格が大きくなったら三輪車を卒業して、次のステップの自転車へとレベルUPしていくのがベストです。

三輪車を選ぶポイントは?

最近の三輪車は、おしゃれなデザインのものが多く、シンプルなものからママやパパが操作できる手押し棒が付いたものなど実にさまざまなタイプの種類があります。
子どもに合った三輪車を選ぶためには、どんなことにポイントを置いて選べばいいのでしょうか?

まずは、三輪車にはどんな種類があるのかを知っておきましょう。

・三輪車の種類
三輪車はいつからこげるようになるのかは個人差がありますが、三輪車のタイプによってもこげる時期が違ってきます。
代表的な4つのタイプの三輪車を紹介します。


①スタンダードタイプ・・・シンプルで飽きがこない人気不動の三輪車
手押し棒はなく、自力でペダルをこぐことに特化したタイプの三輪車です。
保育園や幼稚園で、よく使用されていて、ペダルや地面に足が届いて脚力もでき、安定して乗れることが必要になってきます。

②手押し棒付きタイプ・・・ペダルをこげない子どもでもママが操作できる三輪車
後ろからママが手押し棒でコントロールできるので、安全に乗せられるタイプの三輪車です。
まだペダルをこげない子でも、手押し棒付きなら三輪車に乗ってお出かけもできます。
1人で乗れるようになったときに邪魔にならないよう、手押し棒が取り外せると長く使うことができます。

③ベビーカー兼用タイプ・・・ベビーカーとしてのパーツを外していける三輪車
始めはベビーカー代わりに使用できて、子どもの成長によってパーツを取りはずしていくタイプの三輪車です。
付属品のパーツには、日差しよけのサンシェードや安全を確保するシートベルト・足置き・かご・手押し俸などがあります。
子どもが好きなキャラクターものなど種類も豊富で、長く使えるため1歳の誕生日プレゼントとしても人気の商品です。

④折りたたみタイプ・・・コンパクトに収納できて持ち運びしやすい三輪車
ロックを外すと、簡単に折りたためるタイプの三輪車です。
三輪車の収納に困っている家庭や、車に乗せて離れた公園で散歩したり遊ばせるときにも便利です。
折りたたみの三輪車にも豊富な種類がありますが、機能面だけではなく強度の確認をすることも忘れないようにしましょう。

三輪車は年齢別で選ぶのがおすすめ

三輪車は、子どもの成長や目的によって選び方が変わってきます。
年齢から見た子供の成長と、その年齢に合ったタイプの三輪車を紹介します。


・1歳半ぐらいからの三輪車
1歳半になると、ほとんどの子どもが歩き始めるのですが、実は歩くにもバランス感覚と筋力が必要です。
三輪車は子どもの成長に沿って、子どもが歩けるようになった頃から乗れるようになります。
1歳前後から三輪車を使い始めるなら、ベビーカー代わりに使える三輪車がおすすめです。
何にでも興味を示し好奇心も旺盛になってくるので、安全に考慮した三輪車を選びましょう。

・2歳ぐらいからの三輪車
2歳頃は、「地面を蹴る」ことはできても、まだ「こぐ」ことはできない年齢です。
三輪車をこげるようになるコツを掴むまで、ママがかじ取りできる手押し俸付の三輪車がおすすめです。

・2歳半ぐらいからの三輪車
2歳半になると、やっとペダルに足が届きこぐ力がついてくる年齢です。
一人でこいで乗れるようになると、子どもでも扱いやすい軽量でスタンダードタイプの三輪車がおすすめです。
手押し俸が付いている三輪車であれば、取り外しができるものを選びましょう。

三輪車を選ぶためのアドバイス

三輪車の選び方は子どもの成長に合わせて、目的や機能性をよく確認してから、何が子どもに必要なのか考えて選ぶことが重要です。

特に、付属品の中でも注意が必要なのが手押し俸です。
手押し棒は三輪車の前輪と連動しているので、ママが動きたい方向に三輪車の進路をコントロールできるものです。
手押し棒には舵を取ることができるものと、できないものがあるので必ずチェックしておきましょう。
また、三輪車の安定性に関しては、後輪のタイヤ間の幅が広いものを選びましょう。
小さな子どもを乗せる場合には、安全ガードなどの安全装置が必要です。
安全装置にもいろいろなタイプがあるので、子どもに合ったものを選んであげましょう。

何といっても三輪車は、初めて持つ自分専用の乗り物ですので、機能面だけでなく子どもの好みに合わせて選んであげることが大切です。

・女の子に人気のタイプ
女の子が好きなカラーは、ピンクやキラキラしたものに興味があります。
人気のあるキャラクターは、ミニーちゃんやアナ雪などのプリンセスものや、キティちゃん・ディズニーのキャラクターが人気のようです。

・男の子に人気のタイプ
男の子が好きなカラーは、青や赤を好む傾向があるようです。
人気のあるキャラクターは、ミニオンズやカーズが人気のようです。
アンパンマンは、男女問わず不動の人気キャラクターです。

・どんな店で買うか
三輪車が買える場所には、赤ちゃん用品店・ホームセンター・大型販店などがあります。
また、通販で三輪車を探すのもおすすめです。
通販だと種類も豊富で、ママたちの口コミもチェックできるので選ぶうえでの参考にできます。

・早めの購入かどうかで選ぶタイプも変わる
三輪車は購入する時期によって選ぶ三輪車が異なるのですが、逆にどの三輪車を選ぶかによってデビューの時期が変わってきます。
三輪車は乗る期間が短いですが、心身共に大きな成長を促してくれるものです。
たとえ三輪車がこげなくても、転倒しながら子供は体で覚えて成長していきます。
今の三輪車は、早い時期から乗れるように工夫された三輪車もあるので、1歳前後を目安に子どもの成長を見ながら、早めに購入時期を検討していきましょう。

三輪車を買うときはこんなことも注意を

忘れてはならないのが、子どもを取り巻く生活環境です。
各家庭の住宅事情や遊ぶ場所の環境なども考慮して、子どもが楽しんで乗れるものを選んであげましょう。

・収納場所も考えて
折りたたみ式の三輪車なら、住宅事情で収納スペースが取れない場合や、近所に広い場所が少ない環境でも移動できるので便利です。

・車や通行人に注意を
三輪車にはブレーキがないので、下り坂道を乗って降りるとスピードが落とせず大変危険です。
子どもを守るためにも、周りの環境や道路事情等を考慮して、車や通行人に対しての注意や危険な場所に勝手に行かないように大人がシッカリ教えてあげましょう。

三輪車が安全に乗れるようになるのは、子どもの成長の証の一つです。
ベストな三輪車デビューで、子供が楽しみながら成長できる三輪車を選んであげましょう。


2019/10/20

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

イクシル編集部