子育て

幼稚園の願書を書こう!願書のもらい方、書き方、提出まで

希望の幼稚園に入園するには、願書の書き方はとても大切です。
願書を書くには普段から子供と接し、家庭での教育方針をしっかり決めておく必要があります。
幼稚園の願書のもらい方から書き方や、幼稚園側が見ていること・願書の提出までのポイントや注意点について解説します。

幼稚園の入園の準備はいつから?どうすればいい?

幼稚園の願書提出は、幼稚園から入園願書を受け取ることから始まります。
まずは、幼稚園の入園までの準備や進め方を把握しておきましょう。

・幼稚園のスケジュールを把握
願書配布日は、幼稚園によって違ってきます。
幼稚園を受験する場合は、早朝から並ぶことになっても配布日初日にもらいに行くのがベストです。
公立幼稚園の場合は配布部数に制限はないのですが、稀に願書が不足して当日受け取れないことがあります。
一方、私立幼稚園で入園選考を兼ねている場合は、定員制限から先着順で限られた部数しか配布されないことがあります。
必ず幼稚園のホームページや電話で問い合わせて、配布期間を確認しておきましょう。

・見学会や説明会で確認するポイント
幼稚園の説明会は、9月~10月頃に開催されることが多いようです。
一般的な地域の幼稚園の説明会は、説明会当日に直接園に行って受付をします。
幼稚園によっては、園児に交じっての「一日体験入園」などが実施されることもあります。
入園説明会は、園の教育・子どもたちに対する考え方や雰囲気を一番効率よくチェックできるので、できるだけ参加することをオススメします。
説明会では質問や不安・疑問が生じたら、その場で聞いて解決することができます。
説明会の前準備としては、パンフレットを入手したりネット検索する方法があります。

・幼稚園の願書配布の時期に注意
願書配布については、多くの幼稚園が実施する「見学会」や「保護者説明会」の場で説明があります。
そのほかの確認方法としては、直接問い合わせるか希望する幼稚園のホームページの募集要項などでも確認できます。
人気のある幼稚園は徹夜して並んだり、定員人数分しか願書を配布しない場合もあるので注意が必要です。
受付日は地域や幼稚園によって違いますが、日時が決まっている場合と定員になり次第終了する所などがあるため、事前に確認をしておきましょう。

では、ここからは願書の書き方や注意点を解説していきます。

幼稚園の願書の書き方の注意点

ほとんどの幼稚園で願書は、園の教育方針が家庭の教育方針と合っているかを確認する書類選考として使われています。
入園を左右する書類だけに、願書は慎重に書く必要があります。
幼稚園側に良くない印象を持たれる願書を書かないために、注意することや書き方のポイントを押さえておきましょう。

・必ず下書きを
願書というのは何枚ももらえるものではありません。
願書は正式な文章ですので、誤字脱字があると大変です。
何枚ももらえるものではないからといって、修正液や修正テープの使用はNGです。
失敗した場合のためにも何部かコピーを取り、下書きを何度かすることをオススメします。
下書きの時点でしっかりと内容を充実させてから、清書は「楷書」で丁寧に記入し、筆記用具は黒の万年筆かボールペンで、読みやすいことを心がけて慎重に書きましょう。
清書後は、捺印のチェックを忘れないように注意を!

・家族全員の情報の用意も必要
現在の家庭の状況を、偽りなく記入するのが鉄則です。
両親の職業やパート、最終学歴欄の記入まで記入します。
保護者との関係(続柄)や同居者は、戸籍と同じ書き方にします。
保育園の通園経験や習い事があれば、施設名や教室・団体名や期間を記載するとよいでしょう。

・願書の書き方で大切なこと
願書の中でも多くの人が書くのに悩んでしまう項目が、入園理由と子どもの長所と短所です。
入園理由や子どもの性格は、具体的なエピソードや体験談を交えて記入すれば伝えやすくなります。


■入園理由
多くの人が悩むのは「志望動機」です。
志望動機は、幼稚園願書の中でも注目される項目です。
幼稚園側は、教育方針が家庭の教育方針と合っているのかを判断しています。
好感をもってもらうには、希望する幼稚園の特色や教育方針をよく理解していて、子どもと幼稚園の特性が合っていることなどをアピールすることがポイントです。
また、入園を希望しているのはパパやママだけでなく、子供にも意欲があることも忘れずに記入することをオススメします。

■子供の長所・短所
子供の長所と短所の記入も気を遣う項目です。
まず、性格や長所・短所に関しては、ウソを書くのはNGです。
子どもは演技ができないので、どこかで見えてしまうものです。
特に短所に関しては、育児でうまくいかなかったところが出ているともいえるので、使う言葉やネガティブすぎる表現はしないように注意が必要です。
間違っても、子供の悪い癖などを書くことはしないようにしましょう。
短所を盛り込むときは、長所と短所は裏返しであることが多いので、見方によっては長所ともとれるくらいの短所を書くようにするのがポイントです。

・先生に事前に知ってほしいことなども
幼稚園や先生への一方的なお願いや要望ではなく、子どもの健康状態や家庭での事情など知っておいてもらいたいことは、備考欄や配慮してほしいことの欄に記載します。
特に健康状態は大切な項目ですので、現在治療中の病気・経過観察中の病気や、アトピー・喘息・アレルギーなど、体質に関して気になることは書いておくことをオススメします。
また、両親が共働きで仕事が遅くなることが多い家庭は、祖父母のサポートがあることなども記入しておくと幼稚園側は安心します。

・教育方針の欄の書き方は
幼稚園の願書の中でも教育方針は、とても重要な項目です。
なぜなら家庭の教育方針は、入園可否を判断するうえで最も重視されているポイントだからです。
家庭でいう教育方針とは、「どんな風に育って欲しいのか」「そのために何をしていくか」という子供のしつけの方針のことであり親の願いそのものです。
園側の教育方針に賛同しているからこそ願書を書いているのですから、謙虚な姿勢で幼稚園と協力しながら、子どもを育てていく親の意思や姿勢を伝えることがポイントです。

ここまでは願書の書き方のポイントをお伝えしてきましたが、幼稚園側は願書から何を知ろうとしているのでしょうか?
それを知っているだけで、願書の書き方や面接のコツが自然と理解できるはずです。

幼稚園が願書で知りたいことは?

入園願書は、ほとんどの幼稚園で書類選考として使われています。
実は入園願書から、園の教育方針と家庭の教育方針が合っているのかはもちろん、両親の考え方や家庭環境まで知ることができるのです。

■子どもの性格
普段の家庭内の様子は、子供の性格や態度に表れます。
子供の性格は、遺伝によるものだけでなく、親のしつけ方や親の影響・家庭環境から形成されます。
親がいくら体面を取り繕っても子供は演技ができないので、どういう家庭で育っているのかが見えてきます。
3歳前後の子どもは、成長に格差があるのは分かっています。
幼稚園側が知りたいのは、子どもが素直で自分からさまざまなことを吸収しようと思う心を持っているのか・・・・ということです。

■保護者の考え
日頃からの教育やしつけに関する夫婦間の話し合いや、日常生活への教育方針の取り入れ方で、子どもとの関わり方や親としての自覚が見えてきます。
幼稚園側が知りたいのは、親が子どもの人格を認め少しでも良い方向に導こうとする姿勢であるのか、子どもと真剣に向き合っているのか・・・・ということです。

■家庭環境
たとえ共働きの家庭であっても、教育やしつけに関する夫婦間の協力や家族の協力などから、子どもと向き合う姿勢や家族に対する思いやりが見えてきます。
幼稚園側が知りたいのは、毎日の送迎や緊急時の対応がスムーズにできるのか、参観日などにきちんと出席できるかなど、幼稚園への協力の範囲がどれくらいあるのか・・・・ということです。

■園の方針から逸脱した教育方針ではないか?
幼稚園が特に知りたいことは、園の教育方針と家庭の教育方針と合っているかということです。
それを幼稚園側は願書の、子供の性格・保護者の考え方・家庭環境やしつけといった部分から読み取っています。
願書が「家庭の顔」といわれる理由は、ここにあるのです。
何よりも、心からその幼稚園への入園を希望しているならば、自然に両親の心意気が表れているものです。

幼稚園の選考方法は?

選考方法は、幼稚園によって異なります。
願書の提出のみで入園できる幼稚園もありますが、最近では入園前に面接をしているところが増えてきているようです。
そのほかに、面接や試験がある・先着順・抽選をする幼稚園があります。


・面接&試験
幼稚園での面接では、子どもだけではなく保護者も対象となります。
一般的な幼稚園の場合は、面接自体は合否を左右するものではなく、願書を提出した時点で入園が決まることがほとんどです。
私立幼稚園であれば、プレ幼稚園に入っていた子は優先されるシステムなどもあります。
お受験といわれる幼稚園の場合は、面接の内容と子どものテスト結果で合否が決まります。

・抽選方式
抽選なら倍率にもよりますが運任せになるので、不合格の場合のことを事前に計画しておく必要があります。

・先着順
先着順で幼稚園入園が決まる場合、「きょうだい枠」を設けている園があります。
「きょうだい枠」どは、在園児のきょうだいは優先して入園できる枠のことをいいます。
定員数がすでに「きょうだい枠」で数名埋まっている場合は、当日に願書を受け取ることすらできない人が出てくることがあります。
第一希望の幼稚園が先着順で決まる場合は、余裕を持って早めに出かけるには、早朝から並ばなければならないことも視野に入れて用意しておきましょう。

幼稚園の合否は、願書をもとに選考が始まります。
願書には家庭の情報が映し出されるため、親としての責任は重大です。
この機会に夫婦で子どもの教育方針について十分話し合い、安心して子供を預けられる幼稚園を選んだら、願書の作成には全力を尽くしましょう。


2019/09/08

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

イクシル編集部