子供の年齢別の悩み

小学校の入学準備はいつ始めれば良い?揃えておきたいアイテムまとめ

我が子の小学校への入学は、パパとママにとってもワクワクする新生活の始まりです。でも、楽しみな反面、すべて新しいことばかりで不安になったり戸惑うことも多いでしょう。

ランドセルはいつ買えばいいの?名前はもちもの全てにつけなければならないの?学校に持っていくバッグはみんな手作りするのかな?
いろいろな疑問が押し寄せてきて、「子どもは単純に小学校に行くのを楽しみにしてるけど、本当に準備が大変!」「何か忘れていないか心配で、何度もリストをチェックしちゃう」なんていう声もよく聞きます。
この記事では、入学式の準備はいつから、何をどんな風に始めるのがいいのかまとめてみます。

小学校の入学準備を始めるタイミング

入学準備にあたって、最初にランドセルを購入してもらうお子さんが一番多いのではないでしょうか。準備の早い人は夏前には購入を済ませます。幼稚園や保育園にもたくさんのランドセルメーカーからの広告が配布されたりするので、ママたちも「そろそろランドセル考えなきゃ」という気になるのですが、質も値段もピンキリなのがランドセル。革職人の手縫いのものや、高級レザーを使ったもの、デザイン重視のカラフルなものなどたくさんの種類が発売います。6年間使うものなので、お子さんともじっくり考えて選ぶのが良いでしょう。ランドセルが届くと、自分もいよいよ小学生だという自覚がお子さんの中にも生まれてくるので急にしっかりしてきたりします。

算数セットなどの道具は学校から配布されます。名前の付け方も、説明会できちんと説明があるはずなので、あまり焦らずで大丈夫です。小学校入学に合わせて運動靴を新調したいお子さんも、足のサイズはぎりぎりまで成長するので春休みに購入するくらいでも良いでしょう。

ミシンが得意なママは、子どもが好きな柄の布でレッスンバッグを手作りしたりするのも楽しめるでしょう。型紙も、ネットから気に入ったデザインのものがダウンロードできます。
お裁縫が苦手な場合でも、ネットで好きな布を選び、サイズ指定してオーダーすることも出来ます。この場合、入学寸前の春休みになると売り切れとなってしまうこともあるので、早めに注文するのが吉です。

小学校の入学前に揃えておきたいアイテム

次に、揃える道具についてまとめてみましょう。まず、全国どこの小学校でも、必ず必要な外せないものがいくつかありますので最初にまとめておきます。


・筆記用具
筆箱、鉛筆、消しゴムなどの筆記用具はマストアイテムです。デパートや文房具店に行けばたくさんの種類が売っていますが、小学校によっては、キャラクター禁止の学校や、落とした時に音がするプラスチック製の筆箱はやめてほしいという学校があったりします。

・学校指定のものは説明会のあとで
また、絵の具セットや防災頭巾など、学校指定のものを購入する必要があるものもあります。 焦って購入せず、入学する前の保護者向け説明会にまずは参加して情報収集をしましょう。必要なものの一覧を確認してから買ったほうが間違いがありません。

・その他の文房具
のりや定規、名前ペンや赤色鉛筆なども必要になってきますが、これらは必要なものリストに入っていないのであれば急いで持たせる必要はありません。一年生のうちはとくに、必要になったら、担任の先生が丁寧に連絡帳に書かせるなりお便りに書くなりして知らせてくれます。

・名づけの用意
小学校の持ち物の準備で、ママたちの頭を悩ませるものに名付けがあります。おはじきや鉛筆、クーピーから体育帽やハンカチまで、とにかく学校に持っていくもの、着ていくもの全てにひらがなの記名が必要です。いちいち名前を書くのはとても手間がかかるので、最近では名前シールを使うママたちが増えています。通学用バッグや上履き入れなどの布製のものには、アイロンでつくタイプの名前シールが購入できます。ただ、この場合使っているうちに剥がれてきてしまうことがあるので、簡単に縫い付けておくと頑丈につけることが出来ます。

用意し忘れを防ぐために

準備するもののリストは、ノートやハンカチ、ティッシュなど細かいものまで入れると膨大な数になります。買い忘れや用意し忘れがないように、チェックリストを作ると買い忘れを防ぐことが出来て良いでしょう。
学校から配布される持ち物リストはあくまでも学校で使用するものなので、それ以外のもの、たとえば水筒やポケットティッシュ、ぞうきんなどは自前のリストが必要です。

子どもと一緒に準備しながら、入学の心がまえも

また、最近の住宅事情では洋式トイレが一般的ですが、和式トイレの学校も少なくありません。学校でトイレが使えないのは困るので、もしお子さんが和式トイレに馴染みがない場合、あらかじめ和式トイレの使い方を教えておく必要があるでしょう。

小学校入学の準備はぜひ、お子さんと一緒に行いましょう。たくさんの新しい文房具や算数セット、体操着などの準備をママと一緒にすることで、お子さんもピカピカの一年生になる心構えが出来てオススメです。


2019/03/02

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

イクシル編集部