調査・アンケート

こんなに違うの!?世界のワーキングママの育児事情調査からわかる事

世界5ヵ国の育児事情が明らかに

熱で暮らしを豊かにするリンナイ株式会社(本社:愛知県名古屋市、社長:内藤弘康)が、世界5ヵ国のワーキングママの育児事情を調べました。対象は日本(東京)をはじめ、ワーキングママが少ない韓国(ソウル)、ナニー文化が浸透しているアメリカ(ニューヨーク)、共働きが主流のドイツ、福祉の充実で有名なスウェーデンで、働きながら育児をする25~39歳の女性計500人を対象に行ないました。

日本は自分(母親)の育児の点数が5カ国中最も低いことが判明

各国のワーキングママに自分(母親)とパートナー(父親)の育児に点数をつけてもらった結果、自分(母親)への平均点が最も高かったのはスウェーデンで79.5点でした。日本は64.2点で5ヶ国中最も低いことがわかりました。パートナーの点数は、最も高いスウェーデンで71.2点、最も低いドイツで41.0点となり、その差は30点以上という結果になりました。日本は56.1点で、最高得点のスウェーデンとの差は約15点でした。

日本でワンオペ育児と感じているワーキングママは6割超!

自分(母親)とパートナー(父親)の育児分担の割合調査では、日本は自分(母親)の割合が平均して約8割、パートナー(父親)は約2割と父親の分担度合いが5カ国中最下位であることが判明しました。また、夫婦のどちらか一方のみが育児を行うことを指す「ワンオペ育児」の状態に自分(母親)がなっているかどうか尋ねたところ、日本は6割超であることがわかりました。

毎日育児に参加している父親、日本ではわずか3割

パートナー(父親)の育児への参加頻度を調査したところ、スウェーデンとアメリカでは「毎日」が7割以上なのに対し、日本は「毎日」との回答がわずか3割であることが判明しました。また、パートナー(父親)が育児において何を担当しているか聞いたところ、日本、韓国、アメリカでは「遊びの相手」が1位となり、ドイツ、スウェーデンでは「食事の用意」「歯磨き」「寝かしつけ」など、より“お世話”に近い項目で半数近く担当していることがわかり、国によって担当している内容が異なることがわかりました。

育児が楽しいと「とても感じる」と答えた割合はスウェーデンが最高

各国のワーキングママに、育児を楽しいと思っているか調査したところ、育児が楽しいと「とても感じる」と答えた人の割合は、最も高いスウェーデンで7割、次いでドイツ、アメリカと続き、日本と韓国は比較的低いことが分かりました。また、働きながら育児をする上でのお悩みを聞いたところ、日本、韓国は「体の疲れが取れない」が1位となり、スウェーデン、ドイツ、アメリカでは「子どもとの時間があまりとれない」が1位でした。

ベビーシッター、保育サービスの利用率、日本は最下位に

育児の補助となるサービス(ベビーシッターや保育サービスなど)の利用状況を調査したところ、ベビーシッターの利用率が最も高いのはアメリカで半数以上が利用していることが分かりました。また、保育サービスの利用率が最も高いのはスウェーデンで、8割近くが利用していることが判明しました。日本では、それぞれの利用率が7.0%と25.0%となり最下位でした。また、時間をつくるための工夫について調査したところ、ドイツでは「時短家電を使う」、アメリカでは「ながら家事を心がける」、日本では「家事の工程を減らす」がそれぞれ1位になりました。
調査により、ワーク・ライフ・バランス先進国のスウェーデンと比べ、女性にとって育児と仕事の両立に伴う日本の課題はまだまだ多いといえる結果となりました。今後、働く女性の増加がますます進む中、制度の充実や男性の意識改革を望みたいです。

<調査概要>
リンナイ調べ
調査時期:2019年1月7日~1月15日
調査エリア:日本(東京)・韓国(ソウル)・アメリカ(ニューヨーク)・ドイツ・スウェーデン
調査対象:25~39歳 女性 有職者 子どもあり 計500名(各国100名)
実施方法:インターネット調査

参考サイト

リンナイ株式会社プレリリース


2019/04/02

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

ニュース編集部