赤ちゃんの爪が剥がれてしまった…どう処置すればよい?

ハイハイの際に、赤ちゃんの足の爪が剥がれてしまったという相談が寄せられました。絆創膏は自分で取ってしまい、足の指を舐めるため薬を塗るのもためらっているようです。患部の保護のしかたや、舐めても安全な塗り薬について、専門家はなんとアドバイスしているでしょうか。

11ヶ月の子どものママからの相談:「ハイハイで足の爪が剥がれてしまいました」

足の爪が伸びたままハイハイしていたせいで、爪の上から半分くらい剥がれてしまいました。一度絆創膏を貼ったのですが、手先が器用になっており、すぐに剥がされてしまいました。再度貼ろうかと思ったのですが、また剥がしてもしも誤飲などされたらと思うと心配で、それ以降貼らずにいます。爪が剥がれているのをみると痛々しくてかわいそうです。むき出しのままでよいものでしょうか。子どもはおすわりの態勢で足の指を舐めることもあるため、塗り薬を塗るのもためらっています。良い絆創膏の貼り方や、子どもが舐めても安全な塗り薬があれば教えてもらえませんか。(20代・女性)

ガーゼで保護するのがおすすめ

絆創膏ではなくガーゼで保護し、包帯や処置用テープで保護すると外されにくいようです。靴下を履かせて目につかないようにするという提案もありました。

爪が剥がれると痛みを伴いますし、そのままにしておくとさらに剥がれたり、感染したりする可能性があります。爪が完全に戻るには数週間~1ヶ月以上かかりますから、剥がれた部分はガーゼなどで保護してください。(看護師)
絆創膏は剥がされてしまうようなので、ガーゼで保護し、さらに包帯で固定するとよいと思います。その場合、ガーゼは貼りっぱなしにしないで、少なくとも1日に1回は外して、傷が蒸れないようにしてください。(看護師)
爪の剥がれ具合によって痛みの有無や程度、処置の必要性は変わってくると思いますが、絆創膏よりも、小さく切ったガーゼで覆い、処置用のテープで固定したほうが取れにくいかもしれません。処置用のテープは薬局でも購入できます。また、目に見えることでより気になってしまうと思うので、爪を覆った後、靴下を履くことも効果的な場合があります。(保育園看護師)

白色ワセリンなら舐めても安心

白色ワセリンなら、赤ちゃんが多少口にしても問題ないようです。塗り薬を使用したい場合や、患部に炎症が見られる場合は、受診することが勧められています。

塗り薬は多少舐めても問題ないかと思いますが、皮膚科に相談してください。また、爪が剥がれたときは早めに病院で処置してもらった方がよいでしょう。ハイハイを始めると爪が引っかかることがよくありますから、爪は深爪しないよう、こまめに短く切ってあげてください。(看護師)
何か塗る場合は、白色ワセリンであれば赤ちゃんも安心して使用できるとされており、万が一口にしてしまっても心配ないかと思います。爪が伸びてくれば自然と元通りになる場合が多いですが、もし、爪が剥がれた部分が赤く腫れたり、膿んでしまったり、といった炎症を起こしている症状がある場合は、一度病院を受診するようにしましょう。(保育園看護師)

赤ちゃんが自分で外しにくいよう、絆創膏ではなくガーゼで保護し、包帯や処置用テープで固定するとよいようです。靴下を履かせて目につかないようにすることも提案されています。口に入れてしまっても心配ない塗り薬としては、白色ワセリンが挙げられていました。塗り薬を使用したい場合や、患部に炎症が見られる場合は、病院で診てもらうようアドバイスがありました。


2019/03/08

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

助産師/看護師/保育士河井 恵美