皮膚トラブル

離乳食始まってから口の周りに細かい傷が…何が原因?対処法は?

初めての離乳食は戸惑うことも少なくありません。今回の相談者さんは6カ月の赤ちゃんについての相談です。離乳食を始めて1カ月経つ頃に口元に小さな傷が出て赤くなってきたといいます。アレルギーなのか、それともかぶれなのかと悩むママですが、専門家からはどのような回答が寄せられたでしょうか。

生後6カ月の子どものママからの相談:「離乳食開始後の口周りの傷について」

生後5カ月から離乳食を始めました。始めた頃は問題なさそうだったのですが、1カ月過ぎた頃から口元に細かい傷のようなものが出て赤くなってきました。保湿不足かと思い、クリームをこまめに塗っていますが治りません。アレルギー反応にしては、肌全体には反応がないため問題ないように感じます。よだれかぶれなのでしょうか。その場合どのような薬を塗れば良いのでしょうか。また離乳食を食べさせる時に気をつけたら良いことはありますか。治るまでにどのくらいの期間を要するかも教えて下さい。(20代・女性)

アレルギーは症状が部分的に出ることも

アレルギー症状は全身に現れるとは限らないようです。口元などの部分だけに出ることもあるとの声がありました。

毎回同じ食品を摂取した後に、症状が出ている場合はアレルギーの可能性もあります。アレルギー反応は、全身の皮膚症状の他にも、口周りだけといった部分的な皮膚症状や、嘔吐や下痢などの消化器症状、咳やゼーゼーした呼吸などの呼吸器症状など様々です。食べたものと口の周りの様子も合わせて書いてみると、何か共通点が見つかるかもしれません。(保育園看護師)
乾燥によるものでしたら、赤ちゃん用の保湿クリームで良いですが、首などに少量塗ってテストしてから使用して下さい。個人差がありますし、状態が分からないため、どれくらいで治癒するかは分かりません。(看護師)
アレルギーでないようでしたら、よだれや食べ物でかぶれているのかもしれません。はっきり診断が出来ないので、どの薬が良いとは言えませんが、皮膚科に行って軟膏を処方してもらうのが良いと思います。軟膏を塗る前は、口周りを濡れたガーゼ等で綺麗に拭き取ってから塗るようにして下さい。(看護師)

初めての食材は少量で。口元は清潔にして

離乳食の際の注意点として初めての食材は単品で少量食べさせて様子を見るのが良いようです。

離乳食が始まる5~6カ月頃になると、よだれの量が増加するため、よだれかぶれになってしまうことも多くなります。対処方法はこまめによだれを優しく綺麗に拭き取ってあげること、赤ちゃんも使える白色ワセリン等の保湿剤でこまめに保湿してあげること等です。(保育園看護師)
こぼさないように食べるのは難しいと思いますから、食事の後は丁寧に拭き取るようにして下さい。ゴシゴシ擦ると皮膚が傷つきますので、押さえるように優しく拭き取りましょう。また、市販の拭き取りシートが合わないこともありますので、水で濡らしたガーゼなどで拭くのも良いでしょう。(看護師)
離乳食で初めての食材を食べる時は、調子の良い時に単品で少量与えて様子を見るようにしましょう。アレルギーがないと分かっている食品とであれば一緒に食べても良いでしょう。ホームケアを行っても症状が改善しない場合や悪化してしまった場合は病院を受診しましょう。(保育園看護師)

口元の荒れは乾燥から起こることもあるようです。皮膚科で軟膏を処方してもらうのが良いとのアドバイスが寄せられました。


2019/03/30

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

助産師/看護師/保育士河井 恵美