便秘

市販薬はOK?妊娠中のおならや便秘対策どうしたらよい?

妊娠中は便秘になりやすいと言われています。ただえさえ女性は便秘が多いので、なんとか解消したいですよね。今回は、お腹の張りと便秘のことで相談がありました。看護師さんにアドバイスをもらいましたので参考にしましょう。

妊婦さんからの質問:「便秘によるお腹の張りの解消法を教えて!」

私はもともとガスが溜まりやすいのか、よくおならが出ます。よく便秘をするので、便通はあまり良くない方です。最近になってからお腹にガスが溜まっているのか、お腹が膨らんだり痛くなったりすることがあります。また、おならや便を出す際に肛門付近が痛くなることが多くなってきました。そこで、ドラッグストアなどに売っているガスピタンが気になっています。しかし、妊娠中ということもあり安易に手が出せません。ガスピタンは使用してもいいのでしょうか。また、代わりになるようなものがあれば教えて頂きたいです。(29歳・女性)

妊娠中は圧迫などにより便秘がひどくなりやすいです。

妊娠している時は便が硬くなったり、便秘になりやすいので注意が必要です。無理に力を入れることで痔などの原因にもなります。

妊娠中では、女性ホルモンの変化や赤ちゃんによる圧迫で、便秘になりやすく、ガスも溜まりやすくなります。また、痔にもなりやすくなるため、肛門付近が痛む症状があるのかもしれません。(看護師)
妊娠中は特に便が硬くなりやすく、便秘になりやすい人が多いです。そのため、ガスによるお腹の張りや便が硬いことで痔になることもあります。(看護師)

市販の薬を使う時は念のため医師に相談しよう!

市販の薬が気になるときは医師にOKをもらってから使い始めれば安心です。医師に症状を相談したら合う薬を処方してくれることも多いですよ!

妊娠中の薬の使用については、必ずかかりつけの産科医に相談するようにしてください。安全と言われている薬でも、妊娠中は控えた方が良い場合もあります。(看護師)
産科医であれば妊娠中でも内服して良い薬を処方してくれます。(看護師)
妊娠中、排便時にお腹に力を入れすぎるとあまりよくないので、緩下役を処方することが多いです。便秘であることを医師に相談して、そういった排便をコントロールする薬を出してもらった方がいいと思います。(看護師)

便秘対策は生活習慣の見直しを!

妊娠中の便秘改善には、食物繊維などの便秘に良い栄養素を多めに取り、バランスを少し意識して食事をしましょう。また、身体を冷やすことも良くないそうです。

身体を冷やさないように腹帯や靴下などで保温するのも血行が良くなり、腸の動きが活発になります。一度試してみてください。(看護師)
便秘改善のために繊維質を多く含むものや乳製品を摂るようにしたり、バランスの取れた食事をしたりするなど生活習慣の中での便秘対策もしっかり行ってください。適度な運動も便秘にはいいですよ。(看護師)

このように妊娠中の便秘はひどくなりやすいので、その前に対策をしたいですね。市販薬がダメというわけではありませんが、医師に許可をもらってから使うことをお勧めします。また、便秘は生活習慣が関係しているので、更に食事などで気を付けることができれば良いですね。


2019/09/10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

助産師/看護師/保育士河井 恵美