誤飲

目を離したすきに1歳児が生肉を口に…病気が心配です

目を離したわずかな時間に、買い物袋をあさり、生肉を口に入れてしまった1歳児について質問がありました。病気や食中毒になるのではと心配しているようですが、どのように対処すればよいかについて、専門家はなんとアドバイスしているでしょうか。

1歳児のママからの相談:「生肉を食べてしまったとき」

1歳3ヶ月の子どもが買い物袋をあさって、トレイから生肉を取り出して口に入れてしまいました。豚肉をかじっていたり、ひき肉を口に入れていたり…目を離したわずかな時間でも買い物袋をあさってしまいます。すぐに冷蔵庫にしまうのが一番良いのは分かっているのですが、他の子どもの面倒を見たりしていると、優先順位が変わってしまう事もあります。生肉を食べてしまい病気になったり食中毒になったりしてしまうのではないかと心配です。生肉を食べてしまったときになにか対処する方法はありますか。(30代・女性)

食中毒になる危険性が

加熱していない肉にはカンピロバクターなどの食中毒菌が付着していることがあり、子どもの場合は特に食中毒になるリスクが高いようです。

気をつけることが一番ですが、気をつけていても誤嚥などは起こります。子どもは思いがけない行動をすることが多く、手が届かないだろうと思っていても、いつの間にか手が届くようになっていたり、台に上ったりすることもありますね。(助産師・保健師)
豚肉や鶏肉を加熱しないで食べた場合、食中毒になる危険性があります。特に子どもの場合は消化機能が未熟なため、そのリスクが高くなります。牛肉・豚肉・鶏肉にはカンピロバクターやサルモネラ菌が、さらに牛肉には出血性大腸菌O-157が付着している可能性があります。(看護師)

食べてから1週間は観察を

食中毒菌の潜伏期間は長いものでは1週間あり、その間は観察を怠らないようアドバイスがありました。少しでも体調に変化があれば、早めに受診するよう勧められています。

食中毒菌には潜伏期間があり、数時間後から長いと1週間後に症状が現れるため、食べてすぐに症状がないからといって大丈夫とは判断できません。これらの菌は人間の腸内で増殖し悪さをしますので、食べてから1週間は下痢・嘔吐・発熱・機嫌が悪いなどの症状が無いかどうか観察しましょう。食中毒の場合、酷い脱水症状・腎機能障害・意識障害・脳症など重症化する可能性もあります。少しでも気になる症状が現れた場合は速やかに受診しましょう。(看護師)
食べた後、腹痛や下痢、発熱等の症状が出るようでしたら、すぐに受診してください。生肉が原因となる食中毒は、食べてからおおむね7日以内に症状が出ると言われていますので、食後7日後まで体調に変化がないようであれば、あまり心配する必要はありません。(助産師・保健師)
食中毒の中でも牛肉などが原因となる腸管出血性大腸菌の場合は、初期の症状は軽くても急に悪化することがありますので、早めに受診されることをお勧めします。(助産師・保健師)

生肉を食べると食中毒になる可能性があり、子どもの場合は特にリスクが高くなるようです。食べてしまってから1週間は体調に変化がないか観察し、気になる症状があれば速やかに受診するよう勧められています。

監修者:南部 洋子(なんぶ・ようこ)
助産師・看護師・タッチケアトレーナー。株式会社 とらうべ 社長。国立大学病院産婦人科での勤務を経て、とらうべ 社設立。医療職が企業人として女性の一生に寄り添うことを旨とし、30年にわたって各種サービスを展開中。

2019/08/25

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)