調査・アンケート

“塗っても焼ける”日焼け止めの「スキマリスク」とは?

日焼け止めを使用している女性の8割超が塗っても焼けるを経験

春先から気になり始めるのが、紫外線による肌へのダメージだと思います。今回、花王のトータルスキンケアブランド「ビオレ」が立ち上げた「アウタースキン研究所」は、日常的に日焼け止めを使用している20~40代の女性1545人を対象にした日焼け止めに関するインターネット調査を2019年2月に実施しました。その結果、8割以上の女性が、“しっかり日焼け止めを塗ったはずなのに、いつのまにか日焼けしてしまった”経験があることが分かりました。

5人に1人が、「その原因が分からない」という実態

日焼け止めを塗ったのに日焼けしてまった原因については、5人に1人が「分からない」と答えました。一方で、日焼け止め剤を選ぶ際には、「SPF値やPA値が高いこと」「日焼け止め効果が長続きしそう」といったUV機能よりも、「使用感や肌への負担の少なさ」を重視する傾向があることが分かりました。

日焼け止めの「使い方」が招く“スキマリスク”

塗っても焼ける原因は、“スキマリスク”が考えられます。日焼け止めの「使い方」次第では、効果が十分に発揮されません。具体的には、「量が不十分」「まんべんなく塗れていない」「塗り直しの頻度が低い」ことで、塗りムラができているケースが多いということ。また、「汗・水やこすれなどによって日焼け止めが落ちてしまっている」ことも多いようです。
こうしてできた塗りムラによって生じる“スキマ”から、気づかぬうちに紫外線の侵入を許してしまっている可能性があります。

“スキマリスク”を防ぐ為の効果的な日焼け止めの塗り方とは?

日焼け止めが均一に塗れている場合とそうでない場合、十分な量を塗っている場合とそうでない場合では、塗った日焼け止めの“スキマ”の大きさに圧倒的な差が出ます。「十分な量をまんべんなく塗る」ことが大切です。また、塗り残しが多い箇所としては、「額や鼻」「耳など凹凸のある部分」「うなじや袖まわり」「腕の後ろ」など手の届きにくい箇所があげられますので、特に念入りに塗ることが大切です。
また、薄着になる季節には、衣服の胸元や繊維の“スキマ”からも紫外線が侵入しやすくなるので、服を着る前に日焼け止めを塗るなど、より入念な対策が必要です。

高温多湿化が日焼けリスクに拍車、日本の紫外線量は増加傾向

日本の夏は、世界で最も蒸し暑い国というデータにもあるように、近年の気候変動による高温・多湿な環境は、発汗による日焼け止めの“スキマリスク”をいっそう増幅させているといえます。さらに、日本国内での紫外線量は長期的に増加しており、確かな日焼け対策が必要な状況です。紫外線は晴れの日だけではなく、曇りの日でも降り注ぎます。
気象庁が発表した最新の長期予報によると、気温は、春は平年よりも高く、夏は平年並みの見込みで、汗をかくことが多くなりそうなので、注意が必要です。

ウォーターベース日焼け止めの“ミクロレベルのスキマ”に注意!

ウォーターベース(ジェル)タイプは、使用感の良さや付け心地の軽さ、洗い流しやすさなどから、年齢を問わず最も使用率が高くなっています。しかし、花王では新知見として、ウォーターベースの日焼け止めを肌に塗り、その表面の状態を観察したところミクロレベルで日焼け止め剤が肌に不均一に分布しているため、“ミクロレベルでのスキマ”が生じてることがわかりました。
「アウタースキン研究所」と「一般財団法人 日本気象協会」では、これらの“塗っても焼ける”原因を『スキマリスク』として、日焼け止めの正しい使い方などを啓発していきます

調査概要
調査名:日焼け止めに関するアンケート調査
調査方法:インターネット調査
実施期間:2019年2月15日~2月17日
調査対象:日常的に日焼け止めを使用している全国の20~40代の女性1545人

参考サイト

花王株式会社プレリリース


2019/04/13

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

ニュース編集部