新商品

植物が最も香る瞬間を再現した新リセッシュでお部屋をもっと快適に

消臭、除菌のリセッシュの新コンセプトは「香りでお部屋メイク」!

SS_kao05_LL

2月20日、花王株式会社が衣類・布・空間用消臭スプレー「リセッシュ シリーズ」の新商品発表会を開催しました。
新商品の「リセッシュ除菌EX フレグランス」(3月9日発売)は、部屋で過ごす自分の時間を香りで演出する「フレグランス」シリーズ。1番の特徴は、花王が独自に開発した「エアロセント技術」により、植物が最も心地よく香る“瞬間”を再現したこと。“早朝の高原の爽やかな香り”、“満開直前のバラの華やぐ香り”、“夜に咲く月下美人の優雅な香り”など、植物が放つ一瞬の香りをぎゅっと閉じ込めたこだわりのルームスプレーです。お部屋のソファーやカーテンにシュっとスプレーするだけで、いつもの部屋がさらに心地よい香り空間に!コンセプトは「香りでお部屋メイク」です。

植物が最も心地よく香る瞬間を閉じ込めたルームスプレー

今回の新商品「リセッシュ フレグランス」で花王がこだわったのは、植物の香りは時間で移ろうということ。たとえば一口にローズの香りといっても、朝から開花に向かい、夜に閉じると、時間帯で香りに違いがあるということです。「エアロセント技術」により、バラが最も華やいだ香りを放つ瞬間を分析し、その一瞬の香りを再現することに成功。そのこだわりは「フォレストシャワーの香り」「ピュアローズシャワーの香り」「オリエンタルシャワーの香り」というネーミングに込められています。もちろん、これまでのリセッシュシリーズ同様、消臭、99%除菌、(※1)布製品の防カビ、(※2)汗臭予防効果もあります。
※1すべての菌を除菌するわけではありません。布上での効果。
※2すべてのカビを防ぐわけではありません。

SS_kao04_LL

脳科学者・中野信子氏が、香りが人にもたらす影響をレクチャー

発表会では、コンセプトに合わせて脳科学者の中野信子氏が登壇し、香りが人の脳や心にもたらす影響について脳科学と心理学の観点からレクチャーしました。
中野氏は「五感の中でも嗅覚は特別。記憶の領域近くまで情報を運んでくれる、非常にプリミティブ(原始的)な感覚のため、脳にダイレクトに作用すると言われています。」と解説。
さらに「人が心地良いと感じるのは、セロトニンという物質が脳から分泌されるからです。セロトニンは、安心感ややる気を生じさせると同時にイライラを抑えてくれる作用があります。好きな香りをかぐことで、このセロトニンが発生することが分かっています」と述べました。
そして「セロトニン誘発に大切なのは自分の好きな香りだということ。好きだなと思う香りがあったら、周囲に迷惑をかけない程度に、たとえばプライベートな空間を好きな香りで満たすなど、香りを上手に活用することを学習してほしいなと思います」と話しました。 ちなみに、ご自身の好きな香りを訊かれると「月並みですが、バラの香り」だそうです。

SS_kao06_LL

新しいルームスプレーの使い方を提案!自分好みの香りを“メイク”

さらに今回の発表では、香りの異なるスプレーを組み合わせることにより、香りをカスタマイズする提案が紹介されました。気分に合わせて、自分好みに香りを“メイク”できる、今までにないルームスプレーの使い方です。
たとえば、フォレストシャワーの香りをカーテンに、オリエンタルシャワーの香りを空間に、ピュアローズシャワーの香りをソファにそれぞれスプレーすると、新しい香りが生まれ、気分はまるで“自然浴”。
発表会では、3種類の香りのイメージに合わせて人気アートディレクター三原亮介氏がアレンジした部屋が用意され、来場者は一足早く「お部屋メイク」を体験しました。
素敵な部屋で心地よい香りに包まれていると、心もカラダもリフレッシュ! “香りで自分の部屋を快適空間にカスタマイズする”という新しい楽しみを示唆してくれた新製品発表会でした。

SS_kao01_LL

<リセッシュ除菌EX フレグランス>
●フォレストシャワーの香り
●ピュアローズシャワーの香り
●オリエンタルシャワーの香り
本体 各370ml/つめかえ用 各320ml
オープン価格

<ゲスト 中野信子氏プロフィール>
脳科学者/医学博士/認知科学者
現在、脳や心理学をテーマに研究や執筆の活動を精力的に行っている。科学の視点から人間社会で起こりうる現象及び人物を読み解く語り口に定評がある。

参考サイト

花王株式会社

2019/04/08

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

ニュース編集部