おもちゃ・遊具

はじめてのストライダー!ヘルメット選びの前に知っておくべきこと

ストライダーとは

子どもの体は歩き始めるようになる1歳半くらいから大きく成長します。活発に動きたくなるそんな時期に合わせて開発されたのが、足で地面を蹴って前進するタイプのペダルなしの乗り物、ストライダーです。バランスを取りながらスピードに乗ることが出来るので、ストライダーに乗り慣れていると自転車への移行もとても楽です。

ストライダーではヘルメットを着用しよう

・ヘルメットの重要性
ストライダーの練習を始めると、子どもたちは比較的すぐに上手に乗れるようになります。同時にスピードも出せるようになるので、自然と転倒も増えます。大切なお子さんのケガを防ぐためにもヘルメットは必ずかぶりましょう。

・ヘルメットのタイプ
ストライダーのヘルメットには、大きく分けて2種類あります。転倒したときに顎を守るチンガード付きのフルフェイスタイプと、デザイン重視のおしゃれでかわいいハーフキャップタイプがあります。それぞれのメリットとデメリットがあるのでまとめてみます。

・ハープキャップタイプ
軽くて通気性に優れています。お値段も手頃なものが多いので、気軽に入手しやすいのがメリットです。デザインはオシャレなものが豊富で、子どもに人気のあるキャラクターものも販売されています。お持ちのストライダーのカラーに合わせてコーディネートもできます。

・チンガード付きフルフェイス型ヘルメット
安全性抜群のヘルメットをご希望なら、チンガード付きのものがおすすめです。体重が増えてスピードが出やすくなってくるとやはり転倒が心配。ストライダーのレース会場でも、このタイプのヘルメットの着用率は高くその安全性はお墨付きです。ハーフキャップタイプに比べると高価で取扱のあるショップが少ないのがデメリットですが、ヘルメットは長く使用するものなので、こだわって選びましょう。

・安全規格の確認も忘れずに
ヘルメットにはSG規格・PSCマーク、CPSC規格、JIS規格、CE規格などがあります。ケガをしやすい乗り物であることは確かなので、購入時にはこれらの安全規格をきちんと確認しましょう。

ストライダーのヘルメットの選び方

・値段の違いについて
ヘルメットは、重いより軽いもののほうが高価なものが多いです。また、デザイン的にはキャラクター使用の有無、機能的にはサイズ調節機能の有無によっても価格は変わってきます。購入時の比較材料にしてみてください。

・頭に適したサイズを選ぼう
子どもの頭のサイズを正しく把握しているママやパパは意外に少ないようですが、ヘルメット購入時にはサイズをきちんと把握しておきましょう。頭の大きさはかなり個人差がありますので注意が必要です。
頭の測り方は、額と後頭部の一番出っ張っている部分を通って、周囲を計測していきます。
一般的な頭のサイズをまとめます。(個人差がありますので、ご参考程度に)


6ヶ月~1歳半 46~48cm
1歳半~2歳 48~50cm
2歳~4歳 50~52cm
4~5歳 52~55cm
となります。

・はじめてのヘルメット選びのポイント
子どもの首の筋力はまだ発達の途中ですので、あまり重いヘルメットはそれ自体が結構な負担になります。購入時には、できる限り軽いものを選ぶようにしましょう。目安としては、600g以下くらいのものがおすすめです。また、選ぶ際に試着できるといいですね。

ストライダーのヘルメットのかぶり方

・安全のために正しくかぶろう
ストライダーは上手になればなるほどスピードが出るので、ケガをするリスクも高くなります。ヘルメットは、かぶり方をきちんと最初にマスターすることが大切。間違ったかぶり方が原因で思わぬ事故につながることもあるので、最初は大人がきちんと一緒に手順を踏んでかぶり方を教えましょう。

はじめてのヘルメットのおすすめモデル

nicco
niccoはファッションブランド「ビームス」ともコラボするメーカーで、シンプルでかわいいデザインが特徴です。自分でステッカーを貼ったりストライダーと合わせた色のものでコーディネートしたり出来ます。重さも軽量でオススメです。

サギサカ
安心の国内ブランドで、SG規格を取得しています。とても軽いので、2歳くらいの小さな子どもでも首に負担なくかぶることが出来ます。サイズはSサイズとMサイズの展開があり、値段も比較的安価。初めてヘルメットを購入する方にはおすすめです。

エム・アンド・エム
子どもに大人気のキャラクターを使ったブランドです。アンパンマンをはじめキティちゃんやトーマスモデルもあり、自分の大好きなキャラクターのヘルメットなら子どもたちは喜んでかぶってくれるでしょう。

ストライダーを安全に乗るためにも必須のヘルメット。万が一のときのためにも、普段から必ずかぶって遊ぶようにしましょう。


2019/05/21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

イクシル編集部