胎児への影響

つわりも落ち着き安定期に…ネイルをしても大丈夫?

妊娠中もおしゃれを楽しみたいと思う方も多くいますよね。相談者さんは、安定期に入ったのでネイルをしておしゃれを楽しみたい思っているようです。安価な100円ショップでマニキュアや除光液の購入を検討しているようですが、安価なものは成分などが心配だといいます。安価なものとそうでないもの、成分は違うのでしょうか。また、ネイルを楽しむにあたり気を付けることなどはあるのでしょうか。専門家に相談してみました。

20代、女性からの相談:「妊娠中も安くおしゃれを楽しみたい…除光液などの成分は気をつけた方が良い?」

つわりも落ち着き安定期に入ったので、正期産に入る前までは、少しはおしゃれもしたいと思っているのですが、マニキュアを使用してもいいのかという相談です。出産の時にマニキュアをしない方がいいと聞きますが、安定期頃はマニキュアは使用できますか?また、100円ショップでも今は可愛いものが多くなり、なるべく安くおしゃれを楽しみたいのですが、そういった場所に置いてあるマニキュアも使っても大丈夫でしょうか?除光液なども成分等気をつけないといけないとかあるのでしょうか?教えてください。(20代・女性)

安価なものだから危険、ということはない

100円ショップで購入したマニキュアだから危険ということは特になさそうです。除去剤も胎児へ直接影響を与えることは報告されていないですが、においが体調に影響を与える場合があります。また、長時間同じ姿勢を保つことで体調面での心配もあります。そのため、妊娠中はなるべくネイルを控えた方が良いかもしれません。

つわりが落ち着いているのなら、多少は使用しても問題ないと思います。100円ショップのマニキュアでも除光液でも、マニキュアとして使用する分にはそこまで成分に気をつける必要はないと思います。しかし、妊娠中はにおいに敏感になっているため、マニキュアや除光液の独特のにおいによって気分が悪くなる場合もあり、またネイルサロンなどを利用する場合は長時間同じ姿勢を保つ必要がありますので、体調面で心配なこともありますね。(保育園看護師)
除去剤自体が胎児へ直接影響を与えることは報告されていませんが、除去剤のにおいが体調に影響を与えることがあります。 (看護師)

そもそも妊娠中はネイルを控えた方が良い

妊娠中、万が一緊急の状態になったときに、ネイルをしていると酸素飽和度の数値が正確に測定できない場合があります。また、ジェルネイルは感電の恐れもあります。

万が一緊急の状態になったときに、爪にネイルをしていると呼吸状態を把握するための酸素飽和度の数値が正確に計測できない可能性があったり、爪の色や形などから身体の状態を把握することができなくなるなどの弊害が起こります。それにより対応や処置が遅れてしまう可能性があります。また、緊急手術やMRI撮影の際、ジェルネイルは感電の危険性があるとされています。そのため、ネイルを必ず落とさなければなりません。(看護師)
出産の時はマニキュアを取るようにと言われる医療機関がほとんどだと思います。出産時は陣痛などで呼吸が苦しくなる場合があり、血液中に酸素がどのくらいあるか(酸素飽和度)を調べることがあるのですが、この時足や手の爪にセンサーをつけて酸素飽和度を測ります。マニキュアをしていると測定できないため、妊婦さんにはマニキュアを取るようにお願いしています。万が一、出産よりも前に緊急で病院に運ばれた場合でも、医療スタッフによってマニキュアが落とされることがあります。そういうことも承知の上で、無理のないように楽しんでくださいね。(保育園看護師)

安価なマニキュアや除去剤だからといって、胎児へ悪影響を与えることは報告されていません。しかし、万が一の事態に備え、妊娠中はなるべくネイルは控えた方が良さそうです。


2019/04/23

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

助産師/看護師/保育士河井 恵美