胎児への影響

妊娠中にネイルをしたい…フットネイルならOK?

妊娠中は体型が変わるため、できるおしゃれも限られますよね。相談者さんは、手にジェルネイルをしていますが、妊娠後期には外し、代わりにフットネイルをしたいと考えているようです。妊娠中にネイルは控えた方が良いのでしょうか。専門家に相談してみました。

20代、女性からの相談:「妊娠中のネイルはしても良い?」

現在妊娠中で、手にジェルネイルをしています。妊娠中でも中期くらいまでなら問題ないと聞きました。後期はちょうど夏になるので手を外すかわりに、フットネイルをやりたいなと思っていますが、フットネイルもやめた方がよいのでしょうか。手はマニキュアすらダメと聞いたので理解はしていますが、フットは聞いたことがないので教えていただきたいです。そして、ジェルネイルもダメならマニキュアもダメなのかも知りたいです。(20代・女性)

妊娠中はネイルを控えよう

妊娠中のネイルは控えた方が良いようです。除去に使うアセトンには身体に有害な物質が含まれていたり、ネイルをしていると緊急手術の際に必要な機械の装着が出来なかったり、とさまざまな影響があるためです。

妊娠中にネイルをしてはいけない理由は、除去につかうアセトンが身体に有害であることや、アセトンの臭い自体がめまいや頭痛・吐き気などを誘発する可能性があるためです。妊娠中は貧血やホルモンバランスの乱れにより普段からめまいや頭痛などが起きやすい状態にあります。アセトンを吸入することで症状が強くでて転倒する危険性もあります。(看護師)
万が一救急搬送された場合や応急処置が必要となった場合には、呼吸状態を把握するために酸素飽和度測定器を指の先に装着します。ネイルをしていると数値が正確に出ない可能性があります。医療者は身体の状態や呼吸状態などを爪の色や形などからも把握します。たとえ足のネイルでも、爪から得られる情報が正確に把握できなくなりますので、妊娠中のネイルは控えるようにしましょう。(看護師)
ネイルをしていると爪の状態が確認できないため、健診で爪を見る場合は邪魔になることや、緊急手術の際にすぐに必要な機械の装着が出来ないことなどから、特に妊娠後期からはネイルを禁止する病院が多いでしょう。特にジェルネイルは緊急時にすぐ落とすことが出来ないため、禁止されることが多くなります。 (助産師・保健師)

フットネイルもなるべく控えて、受診している病院に確認しよう

フットネイルも同じく控えた方が良いそうです。妊娠後期にはお腹も大きくなってくるので、ネイルをケアしづらくなります。念のため受診している病院に確認をして、指示に従いましょう。

フットネイルも同じく控えた方が良いでしょう。緊急手術などで電気メスを使用する際、ジェルネイルは感電の危険性があります。特に妊娠後期からはフットネイルも控えるようにしましょう。(看護師)
足のネイルまで禁止しているかは、受診している病院に確認をし、指示に従いましょう。ただ、禁止でなかった場合も、今後お腹が大きくなってくると足のネイルはケアが難しくなります。そのことを考慮したうえで、いつまでネイルを楽しむのか考えるとよいでしょう。(助産師・保健師)

妊娠中のネイルは、身体への影響を考えて控えた方が良いそうです。フットネイルも合わせて、受診している病院に確認してからネイルを楽しむようにしましょう。

監修者:座波 朝香(ざは・あさか)
助産師・保健師・看護師・タッチケアトレーナー。病院産婦人科での勤務を経て、株式会社 とらうべ 社員。妊娠・育児相談、産後ケアや赤ちゃんタッチをはじめ妊娠・育児講座などに定評があり、精力的に活動中。

2019/04/26

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)