髪のトラブル

妊娠中に白髪染めをしても大丈夫?胎児や母体への影響は?

妊娠中に白髪が生えてきた!という経験をお持ちの方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。生えてきた白髪は、できればカラーリングをして目立たないようにしたいですよね。しかし、妊娠中にカラーリングをしてもよいのでしょうか。白髪染めは赤ちゃんに悪い影響を与えないでしょうか。専門家に聞いてみました。

妊娠中の白髪染めについて

妊娠中白髪染めをするうえで、気がかりなのは胎児や母体への影響だと思います。胎児への影響は、白髪染めをしたことと直接関連づけられたデータはなく、一般的には問題ないとされています。(保育園看護師)
赤ちゃんへの影響はなく特に問題ないと思いますが、このようなケースは人体実験ができないので、明確なデータがなく安全の保障ができません。問題ないという意見もあれば、やめた方がいいという意見と賛否両論です。(看護師)
母体への影響については、妊娠中は皮膚が敏感になることによる皮膚トラブルや、特に妊娠初期には、染髪料の匂いがきつく感じてストレスになること、お腹が大きくなってくると、髪を染める際の姿勢の保持が辛くなることなどが考えられます。白髪染めを行う時期としては、妊娠初期はつわり症状など、体調が安定しないことも多いため、できれば時期をずらしたほうが安心かと思います。(保育園看護師)

もし白髪染めをするなら…市販のものでもいい?それとも美容院で染めた方がいい?

市販の白髪染めは、刺激が強いものが多く、妊娠中の使用はおススメできません。妊娠前は問題なく使用できていたものでも、妊娠により皮膚が敏感になっていることで、トラブルを起こす場合もあります。(保育園看護師)
白髪染めや染色剤には独特の臭いがして気分が悪くなる場合もあります。また、妊娠中は肌が敏感になっていますから、刺激を与えること(特に初めて使う化粧品など)は極力控えた方がいいでしょう。妊婦さんの白髪染めではありませんが、美容室でのカラーでアレルギーを起こし、顔面まで腫れてしまったケースもあります。白髪染めをしたい場合は、自己判断ではなく、美容師や医師に相談するようにしましょう。事前に成分を確認し、パッチテストを行うといいかと思います。(看護師)
妊娠により一時的に増えた白髪への対策として、ヘアファンデーションやヘアマスカラなど、染める以外の対策を取り入れている方もいます。必要な部分にさっと使うことが出来る、美容院に行く手間や費用をカットできるといったメリットがあります。(保育園看護師)

妊娠中の白髪染めは、胎児への影響はないと考えられるものの、カラー剤のにおいで気分を悪くしたり、肌トラブルを起こすなど、母体への影響は少なからずあるようです。もし白髪染めをするのであれば、刺激の強い市販のカラー剤を避け、美容院でパッチテストをおこなってから染髪することがすすめられています。また、必要な部分のみに使用する、ヘアファンデーションやヘアマスカラを使用するといいとのアドバイスもありました。


2019/04/30

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

助産師/看護師/保育士河井 恵美