トイレトレーニング

排泄を我慢してしまう4歳の娘、自然に排泄を促すには?

トイレに行きたがらない4歳児についての相談です。胃のところまで便がたまるという深刻な状況のようですが、自然な排泄を促す声掛けや生活習慣について、専門家のアドバイスを見てみましょう。

4歳児のママからの相談:「4歳娘が排泄を我慢してしまう」

4歳になる娘が尿や便を我慢してしまいます。定期的に一緒にトイレに行こうと声をかけるのですが「まだ出ない」と言って拒否します。よほど行きたくなれば自分から「トイレ」と言うのですが、間に合わずお漏らししてしまうこともよくあります。先日、発熱が続いたため大学病院を受診し、レントゲンをとってもらったところ、胃のところまで便が溜まってしまっていると言われてしまいました。浣腸は嫌がりますし、できるだけ自然な排泄ができるようになってもらいたいです。どのような声かけや生活習慣を心がけたら良いのでしょうか。(30代・女性)

苦手意識をなくす工夫と声掛けを

キャラクターを使うなどして、子どものトイレに対する苦手意識をなくす工夫と声掛けのしかたについて教えていただきました。

お子さんがトイレを嫌がる理由に心当たりはありますか?一人で行くのが嫌、狭いところが苦手、トイレに苦手な物が置いてあるなど、大人にとっては些細なことでも、子どもにとっては「行きたくない」理由になります。(助産師・保健師)
トイレにお子さんの好きなキャラクターを飾ったり、可愛い壁紙にしたりして「○○の部屋に行こう」とお子さんがトイレに行きやすい環境を作ってください。まだ出ないと言ったら「ママが先に行っちゃうよ~!しばらくトイレ行けなくなるよ~!」と声掛けしてみてください。(看護師)
「おしっこやウンチの中には、バイキンマンがたくさんいるから、外に出さないと病気になっちゃうよ~!」と、排泄の大切さも教えてください。トイレやうんちの絵本を活用してもいいですね。また、お子さんのパンツを好きなキャラクターにして「汚すと○○が悲しむよ~!」と言ってみてください。トイレまでの廊下に足跡のシールを貼ると、それを辿ってトイレに行くかもしれません。(看護師)

食習慣と生活リズムを整えよう

便が硬くならないような食生活や、トイレに行く時間を決めてしまう生活習慣の整え方についてもアドバイスがありました。

排便は我慢すればするほど便が硬くなり、次に排便する時により強いいきみが必要だったり、痛みが伴ったりします。硬い便を出すのが嫌で排便が先延ばしになっているかもしれませんね。食物繊維を多く含むものやヨーグルトなど発酵食品を摂ることで、腸内環境を整えることができ、便を柔らかくして出しやすくすることもできますよ。(助産師・保健師)
まずは、どうして我慢してしまうのかをよく聞いてみてください。そして、1日の中でトイレに行く時間をだいたい決めてしまうと身体のリズムが整いやすいですよ。「朝起きてすぐ」や「出掛ける前」、「寝る前」などトイレに行きたいと思わなくても行く習慣をつけると、遊びの途中や外出先でトイレに行く機会が減ります。(助産師・保健師)
まだまだ4歳なので、間に合わず失敗してしまうこともあるかと思いますが、叱らずに「次は頑張ろう」と思えるようにサポートしてあげてくださいね。(助産師・保健師)

トイレが苦手、便が硬いなどの要因が、子どもがトイレを我慢してしまう理由として考えられるようです。好きなキャラクターでトイレを飾る、トイレまで足跡のシールを貼るなどの工夫と、苦手意識をなくす声掛けのしかたについてアドバイスがありました。また、便を柔らかくする食事や、トイレに行く身体のリズムの整え方についても教えていただきました。


2019/06/02

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

助産師/看護師/保育士河井 恵美