学習障害

学習障害の症状や診断方法とは?子どもと接するときの注意点

学習障害(LD)とは?

学習障害は、英語ではLearning Disability(ラーニングディスアビリティ)と呼ばれ、LDと略されることもあります。発達障害の1つですが、知的障害とは違って知能には全く遅れがないので、子どもが学習障害である事実に周囲が気がつかないことがあります。
症状としては「聞く」「話す」「読む」「書く」「計算・推論する」ことのいづれかまたは複数に困難が生じる発達障害で、大きく分けて以下の3つにわけられます。


■読字障害(ディスレクシア)・・・読みの困難
■書字表出障害(ディスグラフィア)・・・書きの困難
■算数障害(ディスカリキュリア)・・・算数、推論の困難

人によってその症状の現れ方が異なるため、正しい診断がとても難しいのも学習障害の特徴です。例えば、計算が困難でも文章を構成するのが得意な人もいれば、読み書きが苦手でも算数が得意な人もいます。

学習障害の主な症状

学習障害は読み書きや計算など、勉強にかかわる障害なので小学校入学前に本格的な判断は難しく、身近な大人でさえ気づかないことも多々あります。症状の偏りがあるので余計正確な診断が難しく、たとえば同じ「読む」ことの障害でも、ひらがなは問題なくても漢字が苦手、読字と書字の障害だが計算はとても速いなどのケースもあるのです。
学習障害を抱える人の中には、障害のせいで出来ないことをただの苦手分野だと周囲に判断され、「なまけているから仕事ができない」とか「勉強の量が足りない」などと言われながら成長していくケースもあります。それは決して個性ではなく、障害なのだと周囲が理解することで対応も変わります。きちんと診断を受けて、適切なサポートが受けられるようにしたいものです。

学習障害の診断方法

学習障害の診断はその医療機関などによっても変わりますが、まずはどんなことで具体的に困っているか、目に見える症状にはどんなことがあるかなどを問診で聞いていきます。生まれてから今までの養育歴や既往症なども調べ、脳に異常はないか、知的な部分に障害はないかなどを知能検査や認知能力検査などで調べます。これらの膨大な情報を元に、専門家が慎重かつ総合的に学習障害であるかを判断します。また。この診断のプロセスの中でADHDや高機能広汎性発達障害などが合併していないかも確認します。
診断を受ける時期としては、子どもの行動や特性が明らかになる小学校入学後が望ましいといえるでしょう。

学習障害の治療方法

学習障害の治療は、薬物や手術などの治療方法がなく、療育や教育・生活環境の整備による支援がメインの治療になります。専門機関などのサポートを受けて、決して焦らず、周囲と同じことが同じように出来なくても決して批判せず、本人のペースに合わせて学習していくことが大切です。

学習障害の子どもと接するときに気を付けたいポイント

支援の段階では、その子どもが自己肯定感や自信を失わないようにするための注意が必要です。学校など集団生活の場では他の子ども達と同じことが出来ないと親も本人も焦ってしまいがちですが、そこを上手に支援してあげることが必須です。学習障害の子どもたちを伸ばすといううたい文句の学習塾もありますし、これだけテクノロジーが発展した昨今では、字が読めなくとも音声ソフトなどを駆使することでそれほどデメリットと感じる必要もなくなってきています。
学習障害がきっかけで、不登校になったり引きこもりになったりしないよう、受け入れをする学校側の準備も含めて、サポート体制を整えましょう。

1人で悩まず専門家や周囲のサポートを

医療機関で学習障害の診断を受けるかどうかを決めるのは親ですが、適切なサポートを受けられないまま学校生活を送る困難さを直接感じるのは子ども本人です。一人で悩まず、困ったことがあったら専門機関に相談すると本人に合った勉強方法や環境の整え方などを具体的に教えてもらえるので積極的に利用しましょう。療育などでは同じような学習障害の子どもの保護者とも知り合えますし、お互い有効な情報交換ができるネットワークもできます。
学習障害に気づいて、それが具体的のどのような障害なのかを周囲の大人たちが知ることは、本人の生活から困難を取り除き、日々の生活をより過ごしやすくするために必須です。
診断を受けると、適切な配慮やサポートを受けることもできますし、診断を受けることで周りの人の理解も得られやすくなります。学校での「加配の先生」の配慮など、各方面で支援がスムーズに受けられる場合もあります。臨床心理士、精神科医、小児神経専門医などの協力と小中学校の先生の協力が必要ですので、まずは、専門医に相談しましょう。


2019/05/02

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

イクシル編集部