初節句

知っておきたい初節句の迎え方。お祝いの意味からマナーまで

赤ちゃんの成長を祝う行事のひとつに、初節句があります。
初節句は、女の子と男の子で日程や迎え方も異なります。
地域によっての違いがあるため、男女別に一般的な初節句の迎え方をご紹介します。
初めて初節句を迎える人は、初節句の意味から飾るものや準備する食べ物・お祝いのお返し・注意点までの一通りの知識を持っておくことも大切なことです。

初節句は子どもが初めて迎える節句

初節句は、赤ちゃんが生まれて初めて迎える節句をいいます。
子どもの健やかな成長を願い、無病息災や良縁に恵まれることを祈ります。
地域によっては初節句に家族で神社へお参りに行き、祝詞をあげてもらうところもあります。

女の子は桃の節句、男の子は端午の節句

初節句は、赤ちゃんの厄除けと、健やかな成長を祈る行事です。
女の子は、3月3日の「桃の節句」。女の子の桃の節句は雛人形を飾り、女の子の健やかで美しい成長を祈る行事です。
男の子は、5月5日の「端午の節句」。鎧兜や武者人形(五月人形)を飾り、家の外に鯉のぼりを掲げて男の子のたくましい成長を祈る行事です。

初節句が大切なのはなぜ?

「節句」とは、中国から伝わって日本に定着した伝統的な年中行事を行う季節の節目となる日です。その中でも以下の5つは「五節句」として、江戸時代に季節の節目を祝う公的な祝日として幕府によって定められたものです。

・1月7日「人日の節句」【七草の節句】・・・無病息災を願って七草粥を食べる
・3月3日「上巳の節句」【桃の節句】⇒ひな祭り・・・ひな人形で女子の誕生を祝う
・5月5日「端午の節句」【菖蒲(しょうぶ)の節句】⇒子どもの日・・・兜と鯉のぼりで男子の誕生を祝う
・7月7日「七夕の節句」【笹の節句】・・・笹竹に願いを書いた短冊を結ぶ
・9月9日「重陽の節句」【菊の節句】・・・長寿を願い菊酒を飲む

季節の変わり目には邪気が入りやすいと考えられていたため、お供えものをして邪気を払う行事が行われていたのです。
制度は明治時代に廃止されましたが、今では日本の風習となっているため、毎年決まった時期にお祝いする年中行事として定着しています。初節句は、五節句の内の「桃の節句」と「端午の節句」をいいます。

桃の節句は女の子の厄除け

三月に咲く「桃」は、邪気を払う力がある魔よけの木とされていたため、現在の「桃の節句」といわれるようになりました。桃の節句は、もとは「上巳(じょうみ)の節句」といわれ、人間の厄を代わりに引き受けてくれるといわれる人形を川に流して厄払いをしていたものです。それが現代では、「桃の節句」といわれるようになりました。
桃の節句では、雛人形を飾って不幸を娘の代わりに受けてもらい、健やかな成長と幸せな一生を願う行事として親しまれるようになっています。

端午の節句は男の子の厄除け

五月に咲く「菖蒲(しょうぶ)」は、邪気をはらい厄除けになる薬草とされてきました。 古代中国では、この時期には雨季を迎え病気が流行することもあり「悪月」ともいわれていたようです。
端午の節句は邪気をはらい、厄除けになる薬草の菖蒲(しょうぶ)が使われていたことから「菖蒲の節句」ともいわれます。
現代では「こどもの日」といわれている端午の節句は、鎧兜や武者人形(五月人形)を飾り、男の子のたくましい成長と立身出世を願う行事として親しまれるようになっています。
また家の外には、鯉のどんな困難でも乗り越える生命力の強さにあやかり、鯉のぼりをあげます。

初節句のお祝いはいつがいい?

初節句は誕生して初めて迎える節句なので、当日に生まれたとしてもお祝いをすることが原則です。
それでも、昔は赤ちゃんが生まれても無事に育たないことが多かったため、産まれて間もない時に初節句を迎えた場合には、先延ばしにすることが一般的でした。
現代でも、生まれたばかりであわただしい時期に準備をするのは大変だとして、初節句を1年先延ばしするようです。

生まれてすぐに初節句を迎える場合

赤ちゃんが誕生すると、節目の日ごとに様々な行事があります。
「お宮参り」・・・生後約1か月前後
「お食い初め」・・・生後100日目
「初正月」・・・生後初めて正月(「正月」も節句の一つ)

これらの行事がある生後2~3か月の間に初節句が来てしまう場合には、翌年に繰り越す場合が多いようです。
もちろん、これらの行事の前後や当日に初節句祝いをしても構いません。
本来、五節句は旧暦に祝うものでしたので、初節句を旧暦の節句に延ばすという考え方もあります。
いくら赤ちゃんの死亡率が低くなった現代でも、すぐに初節句が来てしまう場合には、母子の健康を第一に考えて翌年に先延ばしをすることが一般的のようです。
これらは、あくまでも考え方のひとつですので、祝う日がいつであれ子を思う気持ちが一番大切です。
特に初節句は、両家の祖父母も楽しみにしている祝い事なので、時期をずらす場合には必ず家族で話し合うことをオススメします。

初節句の祝い方

初節句では女の子と男の子によって、それぞれの祝いの飾りつけや祝いのお酒や御膳を囲みます。
地域によってしきたりや習わしが異なる場合もありますが、ここからは一般的なお祝いの仕方やマナー・注意点を紹介します。

縁起物と祝い膳を用意

食事は、縁起物を取り入れた祝いの御膳を囲みます。

【女の子の場合】
桃の節句には、ちらし寿司・はまぐりのお吸い物・ひし餅・ひなあられをお供えします。
使用する具材には、それぞれに意味があります。

■ちらし寿司・・・れんこん・エビ・豆で飾る
れんこん・・・見通しの良い人生
エビ・・・長寿
豆・・・健康でマメに働ける

■はまぐりのお吸い物
はまぐりは、対になっている貝がら以外はぴったり合わないことから、一生添い遂げられる人との出会いを願う意味があります。

■ひし餅・・・上段からピンク・白・緑の3段になったひし形のお餅を飾る
ひし形は家紋や心臓の形を表し、魔よけや厄払いの意味が込められています。
・ピンク(桃の花)・・・魔除け
・白(雪)・・・長寿・子孫繁栄
・緑(新緑)・・・健康、長寿

■ひなあられ・・・四季を意味する4色のあられ
1年を通して、健康に過ごせるようにという願いが込められています。あられの4色は、ピンク(春)・緑(夏)・黄(秋)・白(冬)の四季を表しています。
3色の場合と4色の場合があります。

【男の子の場合】
端午の節句には「ちまき」と「柏餅」をふるまいます。

■ちまき・・・もち米やお餅を三角形にして笹の葉で包み蒸したもので邪気払いの意味があり、古くから端午の節句に食べられていたものです。

■柏餅・・・あんが入ったお餅を柏の葉で包んだもの
柏の木は、新しい芽が出るまで古い葉を落とさないことから、家系がとだえない子孫繁栄の意味が込められています。

節句のお飾りは、母方が用意するのが一般的

昔から初節句の飾りは、母方の実家から贈るという習慣があります。
最近は母方だけでは費用の負担が大きいため、両家が話し合って分担するケースが多くなっています。
経済状態や住宅事情など考えて購入しても、飾る場所がないこともあるので、購入前には相談することをオススメします。

住宅事情を考えて贈り物を

人によって、住む環境は様々です。
節句の飾り物は、部屋の間取りや庭の有無も関係してくるので、贈り先の家族の希望などを基に種類を決めましょう。
特に最近の飾りは住宅事情を考えたものが多く、省スペースで飾れるものが多くなっています。
近年は、住宅事情などから飾りを希望しない家庭も増えていますので、場合によっては品物より現金や商品券を贈るほうが良いこともあります。

同性の兄弟がいる場合は?

次男・三男、次女・三女の初節句も、お祝いをします。
雛人形や武者人形の飾り物は、一人一飾りといわれていますが、子供それぞれに用意をするのは大変です。
女の子の場合は、雛人形を増やしていくと良いという説もあるので、人形や飾りを増やしていくように贈ることがあります。
また、つるし飾りや市松人形などを贈ることもあります。
男の子の場合は、雛人形のように増やさないのが普通なので、まだ揃っていないものを贈ることがあります。
お祝いの仕方は地方によって習慣も様々ですので、年配の方や近くの人形店などで相談されるのがいいでしょう。

初節句の飾りを飾る日は?

雛人形は、立春過ぎから節句の1週間前くらいには飾っておきましょう。
五月人形は、春のお彼岸があけた頃から飾り始めます。
節句の飾りつけは、前日や当日に飾り始めるのは「一夜飾り」といって、あまり縁起が良くないとされています。
片付けは節句が過ぎたら乾燥している日を選んで、あまり遅くならないうちにしまいます。

食事会やお返しについて

本来、初節句のお返しは不要ですが、御祝いをもらったら内祝いとして感謝の気持ちをお返しするのがマナーです。
お祝いを頂いた方へのお礼として、食事会やおもてなしをする場合もあります。
相手が祖父母や親族の場合は、節句のお祝いの食事会に招待するケースが多いでしょう。招待できない場合は、お祝いのお返しとして「内祝い」を贈ります。
金額の目安は、頂いた御祝いの半返しくらいです。
内祝いの贈り物は、紅白のお砂糖やお菓子などが定番です。
のし紙は紅白の蝶結びで、表書きには「内祝」か「初節句内祝」と記し、名字は記載せずに子どもの名前のみを入れます。
初節句の報告を兼ねたお礼状と一緒に、子どものかわいい写真を添えてもいいですね。
可愛い孫の成長が楽しみな、お爺ちゃん・お婆ちゃんと一緒に、ぜひ皆で初節句をお祝いしてあげてください。


2019/04/26

  • このエントリーをはてなブックマークに追加