つわり乗りきり法

上の子のご飯も作ってあげたい…つわりを軽減させるには?

3人目を妊娠しているプレママからの相談です。つわりで気持ちが悪く、上の子2人のご飯を作ってあげたくても、ままならないこともあるようです。つわりを軽減させる方法について、専門家はなんとアドバイスしているでしょうか。

妊娠5週のプレママからの相談:「つわりについて」

最近毎日気持ち悪さがあり、生理も遅れていたことから妊娠に気がつきました。3人目の妊娠になります。2人目まではつわりが全くなく、比較的元気な妊婦生活を送ってきましたが、今回はつわりがあり、一日中気持ちが悪いです。体調が悪くても寝ているわけにもいかず、上の子2人の世話をしないといけなくて、今はまだ何とか動ける状態ですが、これ以上つわりが酷くなったらどうしよう?と不安に思っています。まだまだ育ち盛りの息子たちなので、ご飯もちゃんと作ってあげたいけど、気持ち悪いときは手抜きもしたい…。そんなときにつわりを軽減させる方法があれば教えていただきたいです。(30代・女性)

どんなつわりか分析しよう

自分のつわりがどんな時に酷くなり、どんな時に軽減するのかを観察・分析することから始めるとよいようです。

つわりの症状は個人差が大きく、症状が酷くなる状況や、症状を軽減させる行動も異なってきます。空腹時に気持ち悪くなる人は、起きてすぐ口にできるものを用意したり、日中もこまめに食べ物を摂取できるようにしたりすることが対策になります。においに反応して気持ち悪くなる場合には、マスクの着用や、好みの香り(柑橘系の香りが効く人が多いようです)を嗅ぐことで症状が軽減する人もいます。自分がどんな時に特に気持ちが悪くて、どんなことをすると症状が軽減するのか試してみましょう。(保育園看護師)
食べた後すぐは症状が強いけれども、1時間ほどすると軽くなるという場合もあります。その時間を子どもたちの食事の準備に使ったり、調子の良いときにまとめて作って冷凍庫に保存しておいたりするのも良いでしょう。(看護師)

つわりがひどいい時は手抜きしよう

つわりには必ず終わりが来るため、母体と赤ちゃんの健康を考え、つわりのひどい時は無理をしないようアドバイスがありました。

つわりがひどい時は手抜きをしましょう。インスタント食品や冷凍食品を活用したり、デリバリーや外食をしたりしながらこの時期を乗り越えましょう。すべてを完璧にしようと頑張ったり、つわりの症状に向き合い過ぎたりすることも症状を強くします。つわりのメカニズムは未だ解明されていませんが、赤ちゃんの形態・機能を形成する妊娠初期に母体を安静にさせるために起こるとも言われています。今は、母体と赤ちゃんの健康を第一に考え、家事は手抜きしても大丈夫ですよ。(看護師)
つわりの多くは、胎盤が出来あがってくる妊娠16週頃には症状が落ち着いてきます。症状がひどい時には、できるだけ無理をしないことが一番です。上のお子さんたちのことを思うと、手を抜けないこともあるかもしれません。しかし、ずっと続くわけではないので、時にはお惣菜や冷凍食品を頼るなど無理をし過ぎないようにしましょう。(保育園看護師)

つわりの症状には個人差があるため、自分のつわりを分析し、どんな時にひどくなりどんな時に軽減するのかを知るとよいようです。つわりはいつまでも続くわけではないため、症状がひどい時には無理をせず、冷凍食品を利用するなどして上手に手を抜きましょう。

監修者:座波 朝香(ざは・あさか)
助産師・保健師・看護師・タッチケアトレーナー。病院産婦人科での勤務を経て、株式会社 とらうべ 社員。妊娠・育児相談、産後ケアや赤ちゃんタッチをはじめ妊娠・育児講座などに定評があり、精力的に活動中。

2019/08/11

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)