食べられない

においつわりでご飯が食べられない…赤ちゃんへの影響と対策は?

つわりには吐きつわり、食べつわり、眠りつわりなど様々な種類があります。今回の相談者さんは、においつわりに苦しんでいるようです。電車乗車中に感じるじめじめとした空気や、炊飯器の湯気にもつわりの症状が現れ、ご飯もあまり食べられていないとのこと。赤ちゃんへ栄養を届けられていないのではないかと心配していますが、何か対策はあるのでしょうか。専門家に相談してみました。

30代、女性からの相談:「においつわりでご飯が食べられない…胎児への栄養が心配」

現在妊娠中ですが、とにかくにおいや湿気に気持ち悪くなってしまいます。例えば電車に乗ると、周囲の人のにおいや電車に充満する湿気でとても気持ち悪くなってしまい、移動はタクシーでなければなりません。また、ご飯の支度をするときも、炊飯器から出てくる湯気やご飯のにおいに気持ちが悪くなってしまったり、お味噌汁の湯気の匂いにも気持ち悪くなってしまいます。ご飯の支度の最中に具合が悪くなるので、あまりご飯が食べられず、胎児に栄養がいくのかとても心配しています。においつわりの対策があったら教えていただきたいです。また、においつわりがあっても食べやすくて栄養のある食べ物があったら教えてほしいです。(30代・女性)

つわり中の食事は食べられるものを食べよう

つわりは妊娠16週頃までに落ち着くことが多いようです。つわり中は食べられるものを食べるようにすることが基本です。また、水分補給も忘れずに行いましょう。

つわりの症状や重症度には個人差がありますが、多くは妊娠5~6週に症状が現れ、妊娠16週頃までに落ち着く一過性のものとされています。つわり時の食事は、食べられるものを食べられるときに食べるようにすることが基本です。食べられる食品は人によって違うので、自分が食べられるものを探してみてください。栄養面が気になってしまうかと思いますが、妊娠初期の胎児はまだ小さく、母体に蓄えられている栄養で成長できると言われています。(看護師)
つわりの症状はそれぞれですが、においつわりはホルモンバランスの影響や防衛本能でにおいに敏感になるため起こると言われています。今まで大丈夫だったにおいや好きだった香りにも敏感に反応します。(看護師)

つわり対策はにおいを避けること

つわりの対策は、マスクをしたり、温めなくても食べられる惣菜を利用したり、においを避けると良いそうです。また、空腹時につわりを感じることがあるため、すぐにつまめるものを用意しておくとよいでしょう。

対策としてはやはりなるべくにおいを避けることと思います。家の中でもマスクをしてください。マスクをすると口臭が気になると思うので、歯磨きしたり・ミントや柑橘系(自身が大丈夫なもの)のガムや飴玉を含んでマスクをしたり・大丈夫なにおいを染み込ませるといいでしょう。食事の準備は無理せず、火を通さないもの・温めなくても食べれるお惣菜などを利用してもいいと思います。(看護師)
においつわりの対策としては、マスクの着用や、好みの香り(柑橘系を好む人が多いようです)を嗅ぐことが効果的な場合があります。また、つわりの症状は早朝など空腹時に増強する傾向があるため、起きてすぐにつまめるものを枕元に用意しておいたり、外出中もこまめに糖質補給をすることが症状の軽減につながることもあります。(看護師)

つわりは妊娠中に起こる一過性の症状です。食事が食べられない時は、食べられるものから摂取するように心がけましょう。また、マスクの着用や惣菜の利用などにおい対策でつわりが軽減するかもしれません。その他にもこまめに糖分を補給するなどさまざまな工夫をしてみましょう。

参考文献:
医療情報科学研究所編集「病気がみえるvol.10産科第3版」メディックメディア 2013年9月


2019/09/05

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

助産師/看護師/保育士河井 恵美