外出

外出すると頻尿になってしまう5歳児…何が原因?どう対処すべき?

お出かけする時に限ってトイレが近くなるのは何が原因なのでしょうか。今回は5歳児についての相談です。外出先ではトイレに行った直後でもすぐにまた尿意を訴えるといいます。家では我慢できるのに何故外出時だけ頻尿になってしまうのでしょうか。専門家に聞いてみました。

5歳児のママからの相談:「外出時の頻尿について」

5歳の子どもは家にいる時は排尿が1~2時間間隔なのに、外出先では30分間隔になってしまいます。また、トイレに連れて行くと本当に排尿します。特に車に乗っている時が酷く、トイレに行ってから5~10分経つとまたすぐに行きたがるので大変困っています。排尿の間隔が短いのはまだ身体が幼いからでしょうか。成長すれば自然に解決することなのでしょうか。それとも何か病気などの原因があるのでしょうか。排尿間隔を伸ばすことが出来る方法があれば教えて下さい。(30代・女性)

頻尿には身体から来るものと心から来るものがある

頻尿には泌尿器系の病気が原因となることもありますが、心因性で起こることもあるようです。

4~5歳頃には排尿の機能が成熟してくるといわれています。また、排尿回数には個人差がありますが、多くても1日あたり10回前後とされています。排尿間隔が30分と短かったり、トイレに行ってもすぐにまた行きたくなったりしてしまうのは頻尿症状といえます。(看護師)
頻尿には、膀胱や尿道など泌尿器系の病気によるものと、心因性のものがあります。子どもの頻尿には心因性頻尿が多く見られます。心因性頻尿は、病気や身体の異常は認められず、精神的な要因やストレス、恐怖心が原因となって起こります。心配なようでしたら、泌尿器科で相談しましょう。尿検査があると思いますので、問題なければ心因性の頻尿かもしれません。(看護師)
家にいる時に1~2時間程度、排尿の間隔が空くのであれば身体的な問題はないと思います。子どもは膀胱も小さく、尿を溜められる量も少ないのですが、5~10分程度でトイレに行きたがるというのは心理的な要因でしょう。外出先や車に乗っている時など、すぐにトイレに行けない状況に対して緊張してしまっているのだと思います。(保健師)

失敗体験が原因になることも。大丈夫と安心させて

トイレを失敗してしまうことで頻尿になることがあるようです。失敗しても大丈夫と安心させてあげることが大切とのアドバイスが寄せられました。

最近トイレを失敗してしまった経験はありませんか。心配してトイレのことを考えると「何となくトイレに行きたくなってくる」ということだと思います。心と身体が大人よりもより密接に関係し合っている子どもならではの現象だといえます。(保健師)
そう長くは続かないと思いますが、付き合うのはなかなか大変ですよね。排尿してからすぐにトイレに行きたがっても、すぐには行かせてあげられない時は「少し待ってね」と言って、他に気を紛らわせるような話をする等、気を逸らしてあげて下さい。(保健師)
もしおもらしてしまっても「大丈夫だよ」と声を掛けてあげて下さいね。「失敗しても大丈夫」という安心感や、「少しは我慢出来る」ということが分かれば、自然と間隔も空いてくると思います。(保健師)
一過性で自然に治ることもあれば、症状が長く続くこともあります。頻尿は社会生活を送る上で不自由を感じることが多い症状の一つです。一度専門の医師の診察を受けることをお勧めします。(看護師)

我慢出来ることがわかれば排尿の間隔が空いてくることもあるようです。トイレに行きたがってもすぐ近くにない場合は気を逸らしてあげるのが良いとの声もありました。


2019/08/03

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

助産師/看護師/保育士河井 恵美