人工授精の基礎

人工授精後に処方された薬で体調不良に…薬の服用やめてもいい?

薬の副作用は気になるものですが、妊活中はどのように対処するのが良いのでしょうか。今回の相談者さんは30代の女性です。人工授精を行った後に処方された薬を服用したところ、気分が不安定になるといった不調を感じたといいます。これは薬の副作用なのでしょうか。薬の処方をやめてほしいと医師に伝えても良いものでしょうか。専門家に聞いてみました。

妊活についての相談:「人工授精後に処方された薬について」

結婚して1年が経っても子どもが出来ず病院で検査したところ、夫が男性不妊と判明しました。その後、男性不妊の治療をしながらタイミング療法をしましたが、それでも授からず、人工授精をすることになりました。人工授精後に10日間分の薬を処方されたのですが、気分の浮き沈みがあったり、少しだるかったりという症状がありました。私が気にし過ぎなのか薬の副作用なのかがわからず、誰にも相談していません。次回また人工授精をする際、同じ薬をいただくと思うのですが、先生に伝えて処方をやめてもらった方が良いのでしょうか。(30代・女性)

ホルモン剤の影響なら妊娠初期に似た症状も

処方された薬にもよりますが、ホルモン剤の場合は気分の浮き沈みや倦怠感といった妊娠初期に似た症状が現れることがあるようです。

薬の名前が分からないのでどんな副作用があるか分かりませんが、妊娠するために女性ホルモンの分泌を促す飲み薬・注射・貼り薬などが処方されることがあると思います。薬の種類によりますが、ホルモン剤であれば、ホルモンバランスの変化で症状が起こったと考えられます。(看護師)
人工授精後に処方された薬は抗生剤やホルモン剤だと思いますが、どのような薬で症状が出たかはお分かりになりますか。どちらかというとホルモン剤のほうが気分の浮き沈みや倦怠感などが出やすいかもしれません。(保健師)
治療に必要な薬でしょうし、服用しなければ妊娠しにくくなると思いますが、服用に抵抗があるようでしたら自分で判断せずに医師に相談しましょう。治療内容や薬の副作用について、医師はちゃんと説明する義務があります。分からないことは何でも相談して下さい。(看護師)

薬を変更出来る可能性あり。主治医に相談を

薬に抵抗があるなら医師に相談するのが良いようです。違う薬に変更出来ることも多いとの声も寄せられました。

処方された薬によって何かしらの症状が出た場合は主治医に相談することが一番です。処方した医師にも患者の状態を把握する必要があるため「何でも相談して下さいね」と言われると思います。(保健師)
処方される薬にはいくつか選択肢があります。一つの薬が使えなくても他の薬に変更出来る場合が多いので安心して下さい。症状の出た日付やどんな症状だったか、日常生活にどのくらい影響したか等、メモにまとめておくと伝えやすいかと思います。(保健師)

治療に必要な薬を自分の判断でやめたりせず、不妊治療中に少しでも不安なことがあれば、気にし過ぎなどと考えずに主治医に何でも聞くのが良いようです。

監修者:座波 朝香(ざは・あさか)
助産師・保健師・看護師・タッチケアトレーナー。病院産婦人科での勤務を経て、株式会社 とらうべ 社員。妊娠・育児相談、産後ケアや赤ちゃんタッチをはじめ妊娠・育児講座などに定評があり、精力的に活動中。

2019/06/19

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)