話題・時事ネタ

令和初の父の日ギフトに!「自宅で出来る人間ドック」とは?

「おうちでドック」に父の日専用サイトオープン

ヘルスケアベンチャーのハルメク・ベンチャーズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松尾尚英)は、自宅で数滴の血液と尿を採取し、郵送することでがんと生活習慣病のリスクチェックを行ない、医師が無料電話で個別相談に乗ってくれる在宅型検診サービス「おうちでドック」を販売していますが、2019年6月16日の父の日に向けて、おうちでドックの父の日用専用サイトで受付を開始しました。

「おうちでドック」の特徴は?

「おうちでドック」とは、自宅で数滴の血液と尿を採取して郵送することで、「がん」「糖尿病などの生活習慣病」のリスクがチェックできる郵送型検査サービスです。病院と同じ腫瘍マーカー検査、生化学検査(共に血液検査)、尿検査(※1)を実施しており、検査精度は病院と同等です。検査結果は、希望者全員に対して無料で医師が個別で電話解説をしてくれます。また、万が一がんのリスクが発生した場合、がんの専門医によるセカンドオピニオンが無料で受けられます(※2)。

※1おうちでドックがん(男女)、おうちでドック胃がんリスクチェック、おうちでドック生活習慣病(血液検査のみ)には尿検査は含まれていません。
※2がんのセカンドオピニオンサービスは、おうちでドック生活習慣病(血液検査+尿検査/血液検査のみいずれも)には含まれていません。

60歳を過ぎると、男性のがん死亡率は急増!

人口動態統計(2017年度)によると、60歳を過ぎた男性のがん死亡者数は急増し、女性を上回っています。また、国立がん研究センターが公表した「全がん協加盟がん専門診療施設の診断治療症例について5年生存率、10年生存率データ更新」によると、ステージⅠの5年生存率は大腸がんでは98.5%、前立腺がんでは100%と、早期発見、早期対策が重要であることは明らかです。
一方で、男性の多くはがん検診に行っておらず、検査によっては50%を切る受診率です。

検診に足が遠のいているお父さんに、健康チェックの贈り物

“定年を迎えてお父さんが健康診断に行かなくなった”“遠くに住んでいるお父さんの健康が心配”“自営業のお父さんは病院に行く時間が取れない”そんなお父さんに、「短時間で」「どこでも」「比較的安価」に人間ドックが受けられる「おうちでドック」はぴったりです。
今回販売されている商品は、がんと生活習慣病のチェックができる「おうちでドック(男性用)」と、がんのチェックができる「おうちでドックがん(男性用)」です。6月13日12時までの注文で16日(日)の父の日にお届けが可能。令和最初の父の日は、お父さんの健康を願って「おうちでドック」を贈ってみるのはいかがでしょうか。

商品概要

商品名:「おうちでドック」
性別:男性用
検査内容:血液検査2種、尿検査1種
チェックする疾病:がん(大腸がん、食道がん、前立腺がん)、生活習慣病(糖尿病、動脈硬化、脂質代謝異常、栄養障害、腎疾患、肝臓疾患、痛風・尿路結石、肥満度(自己申告ベース)、高血圧(自己申告ベース))
定価:19800円(税別)

商品名;「おうちでドックがん」
性別:男性用
検査内容:血液検査1種
チェックする疾病:がん(大腸がん、食道がん、前立腺がん)
定価:15000円(税別)

参考サイト
ハルメク・ベンチャーズ株式会社プレリリース


2019/06/05

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

ニュース編集部