お祝い・メモリアル

結婚式のリングガール、リングボーイを頼まれた時のマナーと準備

リングボーイ、リングガールの役目とは?

結婚式を華やかに演出するリングボーイ、リングガールとは、バージンロードで結婚指輪を運ぶお子さんのこと。通常、最初に入場する新郎の後ろについて、リングピローにくくりつけられた結婚指輪を持ってバージンロードを歩きます。歩き終えると、新郎に指輪を渡し、ゲスト席へと戻るというのが一般的なリングボーイやリングガールのお仕事。お祝いの席での大切な演出係ですので、もし「お子さんにお願いできないかな」と頼まれたらぜひ引き受けてあげたいですね。会場によっては入場の順序が変わったり、流れが変わったりすることもあるので、頼まれたらまず、ウェディングプランナーや新郎新婦とその日の子どもの動きを確認しましょう。

・子どもの登場で和やかな雰囲気に
結婚式はカップルが一生の誓いをする厳かな場ですが、可愛らしい子どもの登場によって式は和やかになります。おめかしをした子どもがちょっと緊張しながらバージンロードを歩く姿は、招待客をほっこりと幸せな気分にすること間違いなしです。

親戚や友人から役目を頼まれたら?

欧米では親戚の子どもにお願いすることが多いリングボーイやリングガールですが(海外ではその役目をする子どものことを、性別に関係なくリングベアラーと呼ぶそうです)、日本では特にそのような決まりがあるわけではありません。親戚に4歳から10歳くらいの適した年齢の子どもがいなければ、招待した友人の子どもに頼むケースも多くあります。
もしあなたのお子さんにリングボール、リングガールをと頼まれたら、できれば快く引き受けましょう。「引き受けたはいいけれど、一体何を着せたらいいの?特別な準備はなにかあるの?」というご質問もあるかもしれません。ここでは、当日のための準備や服装についてまとめてみます。


・準備は何が必要?
リングを乗せるリングピローは、新郎新婦が用意するので特に準備する必要はありません。もしお子さんが小さい場合でぐずりが心配な場合は、万が一に備えておやつになるお菓子を忍ばせておきましょう。直前で「やりたくない」となったとき、お菓子をあげたりしてなだめるのもママの仕事になってきます。

・リングガールの服装
リングガールの服装は、ワンピースやドレスなどの可愛らしい正装が無難です。クリーム色や薄いピンク、水色など、女の子らしい色のドレスにして、素材もチュールなどにすれば華やかなリングガールになるでしょうし、白と紺色などのきちんとした服装なら、厳かな式にピッタリの品のあるリングガールになるでしょう。注意点としては、リングガールが派手すぎる衣装で登場すると、主役である新婦の邪魔になってしまう可能性もあるので、ヘアスタイルやアクセサリーも含め、やや控えめのコーディネイトにするのがリングガールの親のマナーと言えます。

・リングボーイの服装
リングボーイも正装が求められます。タキシードとネクタイ、ジャケットと半ズボン、スーツなどの格好で参加しましょう。結婚式という場をわきまえ、カジュアルすぎるファッションは避けるようにしましょう。足元も、スニーカーではなく革靴か合皮の靴を用意しましょう。

当日はどんな風にやればいい?

・小さい子はリングピローを持たないのもOK
だいたい4歳から10歳くらいまでの子どもが適任ではありますが、3歳くらいの小さなお子さんが役目を果たすこともあります。その場合、大切な指輪を落としたりしないよう、リングピローは持たずにバージンロードを歩くだけにするとか、数人でフラワーガールになり、花かごを持ってバージンロードに花を撒いたりする役割を担うことも多いです。
また、それよりも小さな1歳半くらいの子にお願いする場合、使い慣れた台車にリングピローを乗せてそれを押して入ってくるという演出もアリですね。工夫次第で素敵な演出はたくさん出来ます。もしプランナーを頼んでいない手作りの結婚式の場合、新郎新婦にはお子様がいないので、「こんな風にしたらいいかも!」とママからアイデアを貰えると嬉しいかもしれません。

・心配な場合は親が付き添っても
子どもがバージンロードでふざけてしまうか心配だったり、上手に歩けるか心配だったりする場合は、保護者に付き添ってもらいながら役割を務めるという方法もあります。ママや新郎新婦にヒヤヒヤされながら見守られるより、子どもも落ち着いて歩くことが出来るでしょう。本番の前にはトイレに行っておくことも忘れずに!

・リハーサルをしよう
本番前に一度リハーサルができるかどうかも、会場や新郎新婦経由でウェディングプランナーに確認しておくことと安心ですね。大勢に見守られながら一人で歩くのは、子どもも緊張する一瞬です。一度練習しておけば、本番では安心して見ていられますよ。本番は、ママが後ろから「はい、さっき練習したみたいに、あそこで待ってるおじちゃんのところまでまっすぐ歩いていってね」と声をかけてあげることで、迷わず歩いていけます。

・ママも一緒に楽しむ気持ちで!
参列するママも、自分の子どもが大切な役目をすることで緊張しますが、リングガール、リングボーイを引き受けて良かったという意見が大多数です。おめでたい一組のカップルの門出に大切な演出が出来ることは、一生のうちに何度もできない貴重な経験。記念に、写真もたくさん撮っておきましょう。親子のきっといい思い出になりますよ。


2019/10/07

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

イクシル編集部