お祝い・メモリアル

結婚式に子連れで参列。新郎新婦に失礼にならないとはマナーとは?

結婚式に子連れで出席しても大丈夫?

一生に一度のおめでたいお祝いの席、結婚式。そんな大切な場へのご招待なら、ぜひ参列してあげたいものですね。でも、赤ちゃんも一緒に同席したい場合は少しハードルが上がってしまうことも。この記事では、子連れで結婚式に出席する場合のマナーや用意しておくと便利なものなどをまとめてみます。

・友人の場合、新郎新婦に必ず確認を
通常、結婚式ではゲストを招待する側もあらかじめ予定人数を確認してから招待状を作るものです。ですから、子連れで参加することを予想してのご招待ではありますが、結婚するカップルが友人の場合は、前もって「子連れで参加したいんだけど、大丈夫?」とひとこと断っておくと良いでしょう。式場によっては離乳食や幼児用メニューを出してくれるところもありますので、「月齢◯ヶ月の子どもも一緒です」とお伝えしておきましょう。

・親族でも確認するのがマナー
もちろん親族の場合も同様です。子連れで参列することは想定内であっても、ひとこと「お祝いの席に家族全員で出席させて頂くのをとても楽しみにしています」というような文章でお伝えすることで、子連れで参加することを前もって相互に確認することができます。

・招待されていない場合は基本連れていかないのがマナー
ただし、上記どちらのケースにせよ、招待状の宛名に子どもの名前がない場合やはり控えたほうがいい式もあります。大人だけで厳粛に結婚式を執り行いたいという希望があるカップルももちろんいますので、そこは察するのが招待客のマナーです。

子連れで出席する場合に気をつけたいこと

・授乳中の場合
結婚式に子連れで参加する場合に気をつけるべきこととして、事前に会場に確認しておけることもあります。授乳中の場合は、会場に授乳できる場所があるかどうかも確認しておくべきことのひとつです。授乳室も授乳スペースもなくて、結局トイレで授乳したなどというエピソードはときおり聞きますが、狭いし赤ちゃんもママも落ち着きませんね。会場側が用意してくれることもあるので、是非確認してみましょう。

・ぐずったり泣き出したら
式の最中に赤ちゃんがぐずり出したり泣き出したりした場合は、そっと会場を退出するのがベストです。そのためにも、結婚式の参列場所はなるべく出口に近い後ろの方の、通路側に座るのがベストです。座る際に、会場にスタッフに「子どもが泣き出したらすぐに退出しますので」と伝えておくと、退出もスムーズに行って良いでしょう。

・音が出るおもちゃはNG
結婚式に持っていくおもちゃは、音の出るものは絶対NGです。音が出ない、できれば床に落としても音がしない柔らかいものが良いでしょう。気に入っているぬいぐるみや布製の絵本などなら安心ですね。

結婚式場に持っていくと便利なもの

・赤ちゃん連れの場合
赤ちゃんと一緒の外出にいつも持っていく、ちょっとしたおやつや使い慣れているボトルに入ったお茶などの飲み物の他に、食べ慣れている離乳食も持っていけると安心です。長時間に渡る披露宴は赤ちゃんにとっても負担になるので、いつもは少しと決めているお菓子も、グズり防止に少し多めに持っていくといいかもしれません。
おむつ関連はかさばりますが、やはり多めに持っていきましょう。紙おむつは、意外と売っている店が多くありません。せっかく楽しいお祝いの席の結婚式で、おむつがなくなったと焦るのは嫌ですね。荷物は少しかさばりますが、安心のために多めに持参しましょう。
会場でミルクを吐いてしまったり、食べこぼしの際にすぐ着替えさせられるよう、着替えの準備も必須です。どのタイミングで着替えが必要になるかわからないのが赤ちゃん連れのお出かけというものなので、式の開始早々着替える必要が出てくる場合も考えて、できればよそ行きの着替えが一揃えあると安心ですね。また、結婚式の会場はエアコンが効いていて赤ちゃんには少し寒いことも。お昼寝をすることも想定し、ブランケットは一枚持参しましょう。

・幼児連れの場合
一緒に行く子どもが幼児の場合も、飲みなれたストローつきマグがあると安心です。会場のコップやグラスは繊細で割れやすいことも多く、変に気を使いながら飲ませるよりいつも使っているものがあるとママも安心ですね。あらかじめ幼児が出席すると伝えてある場合、子ども用カトラリーや食器が用意してあることが通常ですが、場所見知りしてしまう子や緊張しがちな子の場合、使い慣れたものがあると安心できます。その場合は、いつも使っている子ども用のフォーク、スプーンを自宅から持参しましょう。大人にとっては感動の結婚式も、子どもにとっては時に退屈に感じてしまうことも。お気に入りのおもちゃを持っていくと場が持ちます。幼児なら、繰り返し遊べるお絵かきボードや塗り絵、折り紙などもオススメです。前述したとおり、音の出るものは避けましょう。

子どもが参加する時のご祝儀の相場は?

・幼児メニューか大人メニューかを確認して
子どもが一緒に参列する場合、基本的には食事の金額は必ずカバーするようにしましょう。結婚式のご祝儀は、相場で大人が一人3万円、夫婦で参列する場合は5万円と言われます。そこに子どもが加わる場合、お子様メニューを頂くなら5,000円増し、大人と同じメニューを頂くなら1万円増しというような計算で良いでしょう。子ども用のメニューになるかどうか、あらかじめ確認しておくことをおすすめします。当人たちに聞きづらい場合は会場に確認するのも手です。また、食事は一切いらない赤ちゃんの場合でも、ご祝儀に気持ち上乗せするのがマナーです。相場に悩む場合、現金で渡すのではなくて結婚のお祝いのプレゼントを用意するという方法もあります。

赤ちゃんや子どもが一緒に参列してくれることで、明るい式になるからと歓迎される場合も多いものです。あまり過剰に心配せず、楽しい思い出となる結婚式になるといいですね。


2019/10/12

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

イクシル編集部