調査・アンケート

家庭内“麦茶事情”大調査!「麦茶づくり」の時間は?

家庭に潜む麦茶事情とは!?夏本番前に調査を実施

もうすぐ暑い夏がやってきますが、麦茶の本格シーズンである夏を迎えるにあたり、サントリー食品インターナショナル株式会社は、家庭での「麦茶づくり」に関するインターネット調査を実施しました。
事前調査では、小学生以下の子どもがいるパパママ5,552名に対して「夏にご家庭で飲む量が増える飲料」について質問。結果は「麦茶」が最多の88%、続いて「スポーツ飲料」44%、「ジュース」35%となり麦茶が大きく差をつけて1位となりました。 この結果から、やはり麦茶が夏の定番飲料と言えそうです。
そこで、家庭で作られる「麦茶事情」を調べるため、家庭で煮出し・水出しの麦茶を飲用していると回答したパパママ500名を対象にしぼって調査を進めました。

麦茶づくり担当は多数がママ、かかる時間は1ヶ月36~57時間

まず、夏場に家庭で飲む1日あたりの麦茶の量は、1位が「1~1.5L未満」36%、2位が「2~2.5L未満」35%という結果になりました。
また、「麦茶づくり」を担当しているのは?という質問には、約6割が「ママ」と回答しました。
さらに、1日当たりの麦茶づくりにかかる平均の時間(作り始めてから飲めるようになるまでの時間)について聞いてみると、煮出しの場合約1.2時間、水出しの場合約1.9時間ということが分かり、1ヶ月単位で計算してみると、煮出しは36時間、水出しは57時間もの時間が「麦茶づくり」にかかっていることが判明しました。

「麦茶づくり」の1番のストレスは、“ちょい残し”

続いて、「麦茶づくり」を担当している方に、「麦茶を作るのが間に合わなかった、または作り忘れて切れてしまった経験はありますか」と聞いたところ、85%が「ある」と回答しました。
「麦茶切れ」原因としては、「家族みんながいつの間にか飲んでいた」「家に帰って来て飲みたい時に、少ししか残っていなかった」など、“気づいたら無かった”という声が多く聞かれました。
また、麦茶に関して最もストレスに感じていることについて聞いてみると、67%が「冷蔵庫に麦茶が残り1㎝ほど(あと少しで飲み切る量)の状態で残されていること」と答え、その時の気持ちは、「飲むなら少しだけ残すな!」「次の人のことを考えんかい!」「思いやりが足りない」など、イライラする声が多く聞かれました。

麦茶以外にも家庭に潜む“ちょい残し”、第1位は?

最後に、麦茶以外に家庭内の“ちょい残し”を目撃したものを質問したところ、「トイレットペーパー」が第1位で68%、次いで、47%の「シャンプー・トリートメント」、39%の「ボディソープ・石鹸」と続きました。
「トイレットペーパーが切れそうな状態で残されるのと、麦茶を少し残されるのは同じレベルでイライラします」「シャンプーは薄めたり、試供品を持ち込めば何とかなるので、夫が自主的にシャンプーを詰め替えるまで意地でも私は入れ替えなかった」などの意見が寄せられました。何気ない日用品や飲料の“ちょい残し”が、家族をイライラさせているようですね。

“ちょい残し”が起きてもすぐに麦茶を作れる、救世主!

そんなご家庭での「麦茶づくり」の救世主ともいえるのが、「GREEN・DA・KA・RAやさしい麦茶 濃縮タイプ」180g缶です。水と混ぜるだけでたった10秒で2Lの麦茶ができるので、忙しい家族の“お助け麦茶”です。「麦茶がすぐになくなってしまう」「麦茶を作るのに時間がかかる」といった、煮出しや水出しの「麦茶づくり」の悩みを解決してくれます。また、水の量を調整するだけでお好みの濃さに仕上がるので、ティーバッグを放っておいて濃くなり過ぎたり、使用済みティーバッグを途中で捨てる手間も省けます。
  最大のストレスでもある“ちょい残し”が起きても、すぐに麦茶を作ることができるので、「家庭内の麦茶ストレス解消」に役立つ商品です。

商品概要
商品名:「GREEN・DA・KA・RAやさしい麦茶 濃縮タイプ」
容量:180g缶
希望小売価格:115円(税別)
梱包:30本
発売地域:全国

<調査概要>
・調査内容:「麦茶づくり」に関する調査割付
・調査期間:2019年6月12日~13日
・調査対象:(事前調査)小学生以下のお子様・配偶者と同居しているパパママ5,552名 (本調査)小学生以下のお子様・配偶者と同居、 夏場に煮出しまたは水出しの麦茶を飲用している20~40代パパママ500名(性年代別均等割付)

参考サイト
サントリー食品インターナショナル株式会社プレリリース


2019/07/22

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

ニュース編集部